ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

スーパーマリオランがAndroidにやって来た

Super Mario Run is now available on Android

f:id:takamints:20170323111317p:plain

Super Mario Run — Nintendo’s first Mario game for smartphones — is now available on Android, following its launch on iOS last year, in a surprise launch ahead of the originally announced March 23rd release date.

スーパーマリオラン任天堂が初めてスマートフォン向けに出すマリオのゲーム ― が、昨年のiOS版に続いて、当初発表されていた3月23日よりも前にAndroidで利用可能になりました

(訳注:日本時間で23日の午前中は米国では22日の夕方~夜)

Like the iOS version, Super Mario Run on Android is a free download that comes with a trial of the World Tour, Toad Rally, and Kingdom Builder modes, with courses courses 1-1 to 1-4 included for free. The full game is available through a single in-app purchase of $9.99, and unlike Fire Emblem: Heroes, there are no micro-transactions.

iOS版と同じく、Androidスーパーマリオランのダウンロードは無料です。 無料版には、ワールドツアーのトライアルとToad Rally、そしてキングダム・ビルダーモードがあり、1-1から1-4のコースが含まれています。 アプリ内で9.99ドルを支払えば完全版のゲームが遊べます。 そしてファイアーエムブレム ヒーローズみたいに、細かな課金はありません。



元記事はこちら。

www.theverge.com

トヨタの新たな自動運転車はこんな感じ ― 10億ドルの人工知能研究センターで開発

Toyota’s billion-dollar AI research center has a new self-driving car

And it looks like this

f:id:takamints:20170304141613p:plain

The Toyota Research Institute (TRI) showed its first self-driving car this week, a Lexus LS 600hL test vehicle equipped with LIDAR, radar, and camera arrays to enable self-driving without relying too heavily on high-definition maps.

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)が今週、同社の最初のセルフ・ドライビング・カーを披露しました。 あまり高精度な地図に頼らなくても良いように、LIDAR、レーダー、そしてカメラアレイを装備した、レクサスLS 600hLです。



The vehicle is the base for two of TRI’s self-driving research paths: Chauffeur and Guardian. Chauffeur is research into Level 4 self-driving, where the car is restricted to certain geographical areas like a city or interstates, as well as Level 5 autonomy, which would work anywhere. Guardian is a driver-assist system that monitors the environment around the vehicle, alerting the driver to potential hazards and stepping in to assist with crash avoidance when necessary.

この車は、TRIの自動運転に関する2つの研究「ショーファー(運転手)」と「ガーディアン(保護者)」に根ざしています。 ショーファーは、自動車が都市や州間高速道路のような、ある地理的な領域内に制限されるレベル4の自動運転へ向けた研究です。レベル5では、どこでも機能する自立性を持ちます。 ガーディアンは、車の周囲の環境をモニターして、危険の可能性を警告し、必要に応じて衝突の回避を行うために運転に割り込んでくる、ドライバー・アシストシステムです。

Toyota thinks Guardian’s research will be deployed more quickly than Chauffeur. Similar tech is available in many cars today in safety features like Automatic Emergency Braking.

トヨタはガーディアンの研究は、ショーファーよりも急速に展開されると考えています。 似たような技術は自動緊急ブレーキのような安全機能として現在の車の多くで利用可能です。

The car is part of a billion-dollar investment Toyota announced in late 2015 into the TRI, which has a mandate to develop AI technologies for autonomous cars and robot helpers for the home. The Institute has its headquarters near Stanford in California and satellite facilities near MIT in Massachusetts and the University of Michigan campus in Ann Arbor.

この車は2015年の終わりにトヨタが発表した、TRIへの10億ドルの投資の一部です。 TRIは、自律運転車と家庭でのロボットヘルパーのための人工知能技術の開発を受け持っています。 この研究所の本社は、カリフォルニアのスタンフォード大とマサチューセッツのMIT、そしてアナーバーのミシガン大学のキャンパスの近くにあります。


自律ロボット概論 プレミアムブックス版
George A. Bekey
マイナビ出版 (2016-06-30)
売り上げランキング: 299,696

元記事は以下。

www.theverge.com

スペースXは2018年、民間人を月周回旅行へ送ります

SPACEX TO SEND PRIVATELY CREWED DRAGON SPACECRAFT BEYOND THE MOON NEXT YEAR

f:id:takamints:20170228083407p:plain
photo credit: NASAKennedy Unveiling ceremony of SpaceX Dragon V2 via photopin (license)


月 (SKYSCAPE PHOTOBOOK)
月 (SKYSCAPE PHOTOBOOK)
posted with amazlet at 17.02.28
榎本 司
誠文堂新光社
売り上げランキング: 151,238

We are excited to announce that SpaceX has been approached to fly two private citizens on a trip around the moon late next year. They have already paid a significant deposit to do a moon mission. Like the Apollo astronauts before them, these individuals will travel into space carrying the hopes and dreams of all humankind, driven by the universal human spirit of exploration. We expect to conduct health and fitness tests, as well as begin initial training later this year. Other flight teams have also expressed strong interest and we expect more to follow. Additional information will be released about the flight teams, contingent upon their approval and confirmation of the health and fitness test results.

スペースXは来年の後半、2名の民間人を月周回旅行へ飛ばすところまで来ているということを、興奮とともに発表いたします。 彼らは既にこの、月へのミッションを行うために相当額の保証金を支払いました。 彼ら以前のアポロの宇宙飛行士のように、これらの個人は、人間に備わった普遍的な探検精神に突き動かされた、我々人類の夢と希望を乗せて、宇宙旅行をすることになります。 我々は、今年の終わりから始まる訓練と同様に健康とフィットネスの試験を行うつもりです。 このフライトチームや、彼らの健康の承認と確認における条件、また、フィットネステストの結果などに関する追加情報がリリースされるでしょう。

Most importantly, we would like to thank NASA, without whom this would not be possible. NASA’s Commercial Crew Program, which provided most of the funding for Dragon 2 development, is a key enabler for this mission. In addition, this will make use of the Falcon Heavy rocket, which was developed with internal SpaceX funding. Falcon Heavy is due to launch its first test flight this summer and, once successful, will be the most powerful vehicle to reach orbit after the Saturn V moon rocket. At 5 million pounds of liftoff thrust, Falcon Heavy is two-thirds the thrust of Saturn V and more than double the thrust of the next largest launch vehicle currently flying.

もっとも重要なこと、それは、このミッションを可能にしたキーは、ドラゴン2の開発のための資金の多くを提供してくれた、NASAの商業的乗組員プログラムです。それ無しでは不可能だったでしょう。NASAに感謝致します。 加えて、このミッションには、スペースXの内部資金によって開発されたファルコン・ヘビー・ロケットの使用することになります。 このロケットは今年の夏に最初の飛行試験を行う予定であり、その試験に成功すれば、かのサターン5型月ロケット以来で、軌道へ到達する最もパワフルなロケットとなるのです。 ファルコン・ヘビー・ロケットの500万ポンド(2268トン)の浮上推進力は、 サターン5型ロケットの2/3の推進力であり、現在飛行している最大推進力のロケットの倍以上です。

Later this year, as part of NASA’s Commercial Crew Program, we will launch our Crew Dragon (Dragon Version 2) spacecraft to the International Space Station. This first demonstration mission will be in automatic mode, without people on board. A subsequent mission with crew is expected to fly in the second quarter of 2018. SpaceX is currently contracted to perform an average of four Dragon 2 missions to the ISS per year, three carrying cargo and one carrying crew. By also flying privately crewed missions, which NASA has encouraged, long-term costs to the government decline and more flight reliability history is gained, benefiting both government and private missions.

今年の終わりに私たちは、NASAの商業的乗組員プログラムの一環として、我々のクルー・ドラゴン(ドラゴン・バージョン2)宇宙船を、国際宇宙ステーションへ打ち上げます。この最初のデモンストレーションミッションは人の乗らない自動モードとなるでしょう。 続いての乗組員の乗るミッションは2018年の第二四半期(4月~7月)に実施するつもりです。 スペースXは現在、1年に平均4つのドラゴン2を国際宇宙ステーションに送るミッションを請け負っています。内訳は3回の貨物と1度乗組員の搬送です。 NASAが薦めている民間人が飛ぶミッションによって、さらに政府にとっての長期コストは減少し、フライトの信頼性の歴史は進められ、政府と民間のミッション両方へ利益をもたらします。

Once operational Crew Dragon missions are underway for NASA, SpaceX will launch the private mission on a journey to circumnavigate the moon and return to Earth. Lift-off will be from Kennedy Space Center’s historic Pad 39A near Cape Canaveral – the same launch pad used by the Apollo program for its lunar missions. This presents an opportunity for humans to return to deep space for the first time in 45 years and they will travel faster and further into the Solar System than any before them.

クルー・ドラゴンのミッションが、NASAによって運用されるようになれば、スペースXは月を周回し地球へ帰還する民間ミッションを打ち上げます。 打ち上げは、ケネディ宇宙センターの歴史的打ち上げ場であるケープ・カナベラルの近くの 39A から行われます - アポロの月ミッションで使用された打ち上げ状と同じものです。 これは人類に45年間で初めて深宇宙へ戻る機会を与えてくれるのです。 そして、彼らは、それ以前の何よりも高速で、さらなる太陽系への旅行を行うことになります。

Designed from the beginning to carry humans, the Dragon spacecraft already has a long flight heritage. These missions will build upon that heritage, extending it to deep space mission operations, an important milestone as we work towards our ultimate goal of transporting humans to Mars.

当初より、人を運ぶために設計された、このドラゴン宇宙船は、既に長いフライトの歴史を持っています。 これらのミッションは、その歴史の上に作り上げられ、深宇宙ミッションの運用を拡張し、 人類を火星へ送るという私たちの最終目標へ向けた取り組みにおいて、重要なマイルストーンとなるでしょう。


元記事は以下。

www.spacex.com