読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Jack Dorsey Celebrates Twitter’s Ninth Birthday With Ode to Media

インターネット Twitter

ジャック・ドーシーがTwitterの9回目の誕生日を、メディアへの頌歌(しょうか)で祝った

https://recodetech.files.wordpress.com/2015/03/shutterstock_168380339.jpg?quality=80&strip=info&w=640

  • ode ― 「頌歌(しょうか)」。で、頌歌ってナニよって感じですが、いまいちわかりません。Wikipediaでよろしく。

Twitter co-founder Jack Dorsey celebrated the social media site’s ninth birthday today with a tweet storm about how much the media has meant to the site.

Not the most obvious way to celebrate Twitter’s birthday, right?


Twitterの共同創立者のジャックドーシーが、本日、そのソーシャルメディアサイトの9回目の誕生日を、そのメディアがサイトに対してどれほど意味があったかという、つぶやきの嵐で祝いました。

それって、Twitterの誕生日を祝うのに、わかりやすい方法ではないですよね。

  • co-founder ― 「共同創立者」。「共同設立者」でもいいのかな。そのほうがよく使う気はする。
  • obvious ― 「明白な」

It does make sense in a way. A tweet storm is a nice (if cheap) way to thank the thousands of reporters, editors, anchors and other media people who’ve spent years providing free content, videos and promotion to Twitter. (To be fair, Twitter has provided a new distribution platform that’s also helped plenty of media, including Re/code.)


その方法には意味があります。つぶやきの嵐は、たくさんの記者や編集者、編集長、その他Twitterに長年、自由な内容やビデオ、広告を提供しながら何年も過ごしてきたメディアの人たちに対して、感謝の意を示すには良い(簡単な)方法です。 (公平になるならば、Twitterは Re/codeを含む多くのメディアを助けるような新しいプラットフォームの配布を提供したのだ。)― Re/codeは元記事のサイトです

  • anchor ― 「編集長」
  • plenty ― 「たくさん」「充分」「多めに」

元記事は以下。ジャックドーシーのつぶやきの嵐が載っています。頌歌がどういうものかわかるかも。

recode.net


Twitterをつくった3人の男 (時代をきりひらくIT企業と創設者たち)
メアリ・レーン・カンバーグ
岩崎書店
売り上げランキング: 731,651

広告を非表示にする