読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ビルゲイツがマイクロソフト設立40周年記念に贈ったメール

ソフトウェア マイクロソフト CASIO

40年か。当時、自分は6歳ですわ(笑)

Here’s the Email Bill Gates Sent Commemorating Microsoft’s Fortieth Birthday

https://recodetech.files.wordpress.com/2015/01/bill-gates-ask-me-anything.gif?w=640

Before their was an Office, or Windows, Bill Gates had a vision for how software might someday change the world.

It’s hard to believe, but it has been 40 years since Bill Gates and Paul Allen established that little software company called Microsoft.

Allen is long gone and Gates has given up his full-time role at Microsoft, but he remains on its board and works with the company on special projects.

ビルゲイツマイクロソフトの40回目の誕生日を記念して贈ったメールがあります

Office、Windows以前から、ビルゲイツには、ソフトウェアがいつの日か世界を変えるであろうというビジョンがあった。

信じがたいが、ビルゲイツとポールアレンがMicrosoftという小さなソフトウェアの会社を設立してから40年になる。

アレンは、いなくなってしまい(2000年に2回目の退社)、ゲイツマイクロソフトでのフルタイムの役割を放棄している。しかし、ゲイツは名簿に残っていて、特別なプロジェクトで会社と連携して仕事している。

  • Commemorating - 記念

Gates sent an email Friday to all Microsoft employees marking the occasion:

Tomorrow is Microsoft’s 40th Anniversary. Today Bill Gates sent out the following mail to all employees in honor of that event:


Friday 4/3/2015 10:33AM
From: Bill Gates
To: Microsoft — All Employees
Subject: Microsoft’s 40th Anniversary


Tomorrow is a special day: Microsoft’s 40th anniversary.

Early on, Paul Allen and I set the goal of a computer on every desk and in every home. It was a bold idea and a lot of people thought we were out of our minds to imagine it was possible. It is amazing to think about how far computing has come since then, and we can all be proud of the role Microsoft played in that revolution.

Today though, I am thinking much more about Microsoft’s future than its past. I believe computing will evolve faster in the next 10 years than it ever has before. We already live in a multi-platform world, and computing will become even more pervasive. We are nearing the point where computers and robots will be able to see, move and interact naturally, unlocking many new applications and empowering people even more.

Under Satya’s leadership, Microsoft is better positions than ever to lead these advances. We have the resources and drive to solve tough problems. We are engaged in every facet of modern computing and have the deepest commitment to research in the industry. In my role as technical advisor to Satya, I get to join product reviews and am impressed by the vision and talent I see. The result is evident in products like Cortana, Skype Translator, and HoloLens-and those are just a few of the many innovations that are on the way.

In the coming years, Microsoft has the opportunity to react even more people and organizations around the world. Technology is still out of reach for many people, because it is complex or expensive, of they simply do not have access. So I hope you will think about what you can do to make the power of technology accessible to everyone, to connect people to each other, and make personal computing available everywhere even as the very notion of what a PC delivers makes its way into all devices.

We have accomplished a lot together during our first 40 years and empowered countless businesses and people to realize their full potential. But what matters most now is what we do next. Thank you for helping make Microsoft a fantastic company now and for decades to come.

ゲイツは金曜日、この機会について、マイクロソフトの全従業員へメールを送った:

明日はマイクロソフトの40周年記念。本日ビルゲイツは、そのイベントに敬意を表し、以下のメールを全従業員へ送った:


Friday 4/3/2015 10:33AM
From: Bill Gates
To: Microsoft — All Employees
Subject: Microsoft’s 40th Anniversary


明日は特別な日です。マイクロソフトの40周年記念。

早い段階でポールアレンと私は全ての机の上と家庭の中でのコンピューターのゴールを定めた。それは大胆なアイデアだったので、多くの人が、私たちがおかしくなってしまったと考えたのも無理はない。コンピューティングがどのようにやってきて、どれほど遠くまで行ってしまうのかということについて考えることは、とても素晴らしい。私たちは、マイクロソフトがその革命において果たしている役割を誇りに思ってよい。

本日、私はマイクロソフトの過ぎ去った過去よりも、その未来についてたくさん考えている。私は、次の10年で、コンピューティングは、これまでよりもさらに速く進化すると信じている。既にマルチプラットフォームの世界だから、コンピューティングはさらに普及するだろう。コンピューターとロボットが、見て、動いて、自然に会話できるようなところへ近づいている。多くの新しいアプリケーションが世に出され、さらに人々を力強くしています。

サトヤ(現マイクロソフトCEOサトヤ・ナデラ)のリーダーシップの元、マイクロソフトは、これらの進歩をリードする、これまでよりも良い位置にいる。我々はリソースを持っており、難しい問題を解決し続けている。そして、モダンなコンピューティングの全ての面に向き合い、ソフトウェア産業においての研究に深い言質を得ている。サトヤへのテクニカルアドバイザーとしての私の役割において、製品のレビューに参加し、そこで見たビジョンと能力に感動させられている。結果は、CortanaやSkype翻訳、HoloLensといった製品において明らかだ。これらは、これまでの道のりの中で、行われた多くのイノベーションのうちのひとつでしかない(もっとたくさんすごいものがあるという意味)。

今後、マイクロソフトは、さらに多くの世界中の人々と組織に反応するチャンスがある。技術は未だ多くの人にとって手の届かないところにある。それは複雑であったり、高価だったり、彼らが単にアクセスできないことによる。だから、私はあなた方に考えて欲しい。全ての人がテクノロジーにアクセス可能な力を生み出すために何が出来るか?。お互いにつながりあうためには?。どこでもパーソナルコンピューティングを可能にするには?。まさにその概念としては、PCが全ての機器に、その方法を与えたのだ。

私たちは最初の40年で多くのことをともに成し遂げた。数え切れないビジネスや人々を力付けた。彼らの潜在能力を具現化することでだ。しかし、今、何が一番問題だろう。それは、我々が次に何をするかだ。マイクロソフトをファンタスティックな企業に育てるための協力に感謝します。現在とこれからの数十年にも。


こんなん、エライ人から送られてきたら感動ですなー。この日は仕事にならんかも。

  • pervasive - 広がる、普及する、蔓延する
  • facet - 面、切子
  • countless - 数え切れない


recode.net