読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

これはすごい!自律運転車がアメリカ横断

乗り物 ロボット 自動運転

This Is Big: A Robo-Car Just Drove Across the Country

http://www.wired.com/wp-content/uploads/2015/04/42-69976091_V1_hpa1-932x621.jpg

AN AUTONOMOUS CAR just drove across the country.

Nine days after leaving San Francisco, a blue car packed with tech from a company you’ve probably never heard of rolled into New York City after crossing 15 states and 3,400 miles to make history. The car did 99 percent of the driving on its own, yielding to the carbon-based life form behind the wheel only when it was time to leave the highway and hit city streets.

自律運転車が国を越えて走りました。

サンフランシスコを出て9日後、おそらくあなたが知らない会社のテクノロジーを搭載した、青い車がニューヨークへ転がり込んだ。 15の州をまたいで、3,400マイル(約 5,500 km)を走行するという歴史を作るために。

その車は運転の99パーセントを自身で行った。 ホイールの背後にいる炭素系生命体に従ったのは、高速道路を離れて一般道へ入る時だけだった。

  • drove - driveの過去形。すっかり忘れていました。
  • yielding - 降伏する。
  • the carbon-based life form - 炭素系生命体。ここでは人のことですね。

This amazing feat, by the automotive supplier Delphi, underscores the great leaps this technology has taken in recent years, and just how close it is to becoming a part of our lives. Yes, many regulatory and legislative questions must be answered, and it remains to be seen whether consumers are ready to cede control of their cars, but the hardware is, without doubt, up to the task.

この驚くべき業績は、自動車部品メーカーの デルファイによるもので、近年得られた技術の偉大な飛躍を強調する。そして、自律運転が私たちの生活の一部に、どれほど近づいてきているかということだ。確かに、多くの規制と法律的な問題に答えが出なくてはならないし、消費者が自動車の制御を譲る準備が出来ているかどうかは未知数だ。しかし、ハードウェアとしては、間違いなく、仕事の準備が出来ている。

  • feat - 業績
  • underscore - 強調する
  • regulatory - 規制
  • legislative - 立法
  • remains to be seen - 未知数である。
  • cede - 譲る

What’s remarkable isn’t the fact Delphi completed this trip, but the fact several companies could have done it. Google, Audi, or Mercedes would have had little trouble handling this level of autonomous highway driving. The news here isn’t that this was possible, but that it was so easy.

注目に値するのは、「デルファイがこの旅を完遂した」という事実ではなく、「他のいくつかの会社ならば、これを行えていたはず」という事実だ。グーグル、アウディメルセデスは、高速道路の自律運転でのハンドリングに、少々問題があったのだろう。このニュースは「その可能性があった」ということではなく、「それはとても簡単だった」ということだ。




続きは以下の元記事からどうぞ。

www.wired.com

広告を非表示にする