ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

GoogleはQUICでWebを高速化したい

Google Wants To Speed Up The Web With Its QUIC Protocol

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/04/2795841993_231f831381_o.jpg?w=738

You may have never heard of it, but if you are a Chrome users, chances are you’ve used Google’s QUIC protocol already. As Google disclosed this week, about half of all requests from Chrome to Google’s servers are now served over QUIC.

それについて、聞いたことがなかったかもしれないが、Chromeのユーザーならば、既に、GoogleのQUICプロトコルを使う機会だ。Googleが、今週、ChromeからGoogleのサーバーへの全てのリクエストの半分をQUICを通して扱うことを表明した。

So what’s the big deal here? QUIC is Google’s experimental, low-latency Internet transportation protocol over UDP, a protocol that is often used by gaming, streaming media and VoIP services. The name ‘QUIC’ stands for Quick UDP Internet Connection.

なにがそんなに大きな前進なのか。QUICはGoogleの実験的な、遅延の少ない、インターネット転送プロトコルで、UDPの上に構築されている。UDPはゲームやストリーミングメディアやVoIP(音声通話)サービスによく使われるプロトコルだ。「QUIC」という名前は、Quick UDP Internet Connection (すばやいUDPインターネット接続)をあらわしている。

UDP’s (and QUIC’s) counterpart in the protocol world is basically TCP (which in combination with the Internet Protocol (IP) makes up the core communication language of the Internet). UDP is significantly more lightweight than TCP, but in return, it features far fewer error correction services than TCP. This means that the sending server isn’t constantly talking to the receiving server to check if packages arrived and if they arrived in the right order, for example. That’s why UDP is great for gaming services.

For these services, you want low overhead to reduce latency and if the server didn’t receive your latest mouse movement, there’s no need to spend a second or two to fix that because the action has already moved on. You wouldn’t want to use it to request a website, though, because you couldn’t guarantee that all the data would make it.

通信プロトコルの世界では、UDP(と、QUIC)の対向は基本的なTCP(これはインターネットプロトコル(IP)と組み合わせてインターネットの中心的な通信言語だ)。 UDPTCPに比べてかなり軽い。しかしその反面、エラー訂正サービスはTCPに比べて貧弱だ。これは送信側のサーバーが、常に受信側のサーバーに対して通信データが正しく秩序を保って到着したかどうかチェックするために語りかけてはいないということだ。例えば、これはUDPがゲームサービスに置いて偉大である理由だ。 これらのサービスのためには、あなたは遅延を少なくするために、少ないオーバーヘッドを求める。そして、もしサーバーがサーバーが最新のマウスの動きを受け取っていないのであれば、それを正しくするために1、2秒を費やす必要はない。なぜなら、その動きは、動き続けているのだから。 あなたは、それをウェブサイトのリクエストには使いたくないだろう。なぜなら、全てのデータが正しく届いたかどうか保証できないからだ。

With QUIC, Google aims to combine some of the best features of UPD and TCP with modern security tools.

QUICの、Googleの狙いは、近代的なセキュリティツールとともに、UDPTCPの良いところを組み合わせることだ。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/04/0rtt-graphic.png?w=997&h=536



マスタリングTCP/IP 入門編 第5版
竹下 隆史 村山 公保 荒井 透 苅田 幸雄
オーム社
売り上げランキング: 2,225

絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用
株式会社NTTデータ 河村 雅人 大塚 紘史 小林 佑輔 小山 武士 宮崎 智也 石黒 佑樹 小島 康平
翔泳社
売り上げランキング: 4,125


記事の続きは以下からどうぞ。QUICについての細かい説明が続いています。

techcrunch.com

広告を非表示にする