読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ウェブの大きな転換点

アルゴリズム

The Big Reverse Of The Web

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/05/uturn-e1430431626124.jpg?w=738

Here is one idea that arrived before its time: the push-based web, where information comes to us, versus the search-dominant web we’re most familiar with. Those who are looking at the push web in the context of a new mobile and connected device-centric world might be having a real 90s flashback (remember PointCast?), except this time the push web could take off and transform the economy as we know it.

それ自身の時よりも前に到着したひとつのアイディアがあります: 情報がわれわれに向けてやってくる「プッシュ型のウェブ」です。。対する「検索が支配的なウェブ」は、我々が最も慣れ親しんでいるものです。 新しいモバイルと接続されたデバイス中心の世界の文脈で見ているプッシュ型のウェブを見ている人は、現実の90年代のフラッシュバックを持っている可能性があります(PointCastを覚えていますか?)。今回は、プッシュ型のウェブは離陸し、経済を我々が知るように変化させたということを除いて。



With devices like Apple Watch shipping without a Safari browser, we’ll have to rely on highly personal bits of incoming relevant information. And now that companies can collect enough data from our ever-present devices, they have the opportunity to master one-to-one communications.

ブラウザーSafari無しで出荷されるアップルウォッチのようなデバイスで、我々は着信するとても個人的なビットに関連した情報に頼るべきだろう。 そして、今、企業はずっと提供されているデバイスから十分なデータを集められるので、彼らは1対1のコミュニケーションをマスターするチャンスを持っています。

  • rely - 頼る
  • opportunity - チャンス

This Time, It’s Personal

今回、それは個人的だ

We’re witnessing the slow decline of industries that fail to cater to the individual. The first real disruptors in this vein were aggregators: sites like Facebook that created a single destination and curated content that mattered to an individual. Publishers like The New York Times clearly felt the pain of Facebook’s disintermediation of their news, even recently giving Facebook first-mover rights on articles before publishing on The New York Times website.

我々は、個人に応じることに失敗した産業のゆっくりとした衰退に立ち会っている。 この傾向においての、最初の現実の撹乱は、アグリゲーター達だった。Facebookのようなサイトで、単方向の個人が大事にしているコンテンツを集めたサイトだ。ニューヨークタイムズのような発行者は、Facebookの彼らのニュースからの中抜きの痛みを明確に感じていた。最近でこそ、Facebookニューヨークタイムズのウェブサイトで発行される前の記事の先発権利を与えているが。

  • witnessing - 立ち会い
  • decline - 下落
  • cater - 応じる
  • individual - 個別に個人の。
  • disruptors - 撹乱
  • vein - 静脈、独特の傾向
  • disintermediation - 中抜き

The real reason Facebook may be winning over traditional publishers is this one-to-one understanding of the consumer, or the ability to tailor what people see in their newsfeeds to their personal interests. Few, if any, traditional publishers have mastered this dynamic. Beyond publishing, other mainstays ranging from malls to record stores have experienced similar fallout from aggregators and personal algorithms (think about the customization achieved through the Spotify or Pandora effect).

Facebookが伝統的な出版社に勝っているかもしれないという本当の理由は、消費者による1対1の理解や、彼らのニュースフィードを彼らの個人的な興味に合わせて仕立て上げる能力だ。 もし有るとして多くないが、伝統的な出版社は、これをダイナミックにマスターした。 出版以外の分野では、モールからレコード店までを担当範囲とする他の主力は、アグリゲーターと個人のアルゴリズムによる、似たような落下を経験した。

  • mainstays - 主力、柱、頼みの綱
  • fallout - 落ちてくるもの、副産物

In order for companies to survive in this new custom-everything world, they need to both co-exist with current aggregators and harness the data they collect within their own user platform to get direct, one-to-one connections to their customers. Rather than rely solely on the few successful, third-party power aggregators like Facebook, for the sake of fair competition, companies should invest in retaining control over their own data and customer experiences. From there, any connected device can serve as a conduit for one-to-one communications. The smaller the screen and more personal the customer experience, the more opportunity there is for the push web to thrive.

全てをカスタマイズできる、この新しい世界で生き残る企業の為、 彼らは、現在のアグリゲーター共存し、彼ら自身が直接得るためユーザープラットフォームの中で、彼らが集めたデータにハーネスをかけることが求められる。もっぱら少ない成功に頼るよりも、Facebookのようなサードパーティのパワーアグリゲーター、公正な競争の為に、企業は彼ら自身のデータと顧客の経験のコントロールを保持するために投資しなければならない。 そこからは、どのような接続されたデバイスも、1対1のコミュニケーションのためのパイプとして提供される。 画面は小さく、さらなる個人的な顧客経験を、プッシュ型のウェブが反映するためのより多くのチャンスがあります。

  • custom - 風習、習慣、仕来たり
  • co-exist - 共存
  • solely - もっぱら
  • thrive - 繁栄する

Data-Driven: Well…Almost

データ駆動型: ええ、だいたいね。

While the idea of data-driven decisions has been talked about a lot, very few companies are doing it well. As a frequent flyer, I’m regularly frustrated by how little the airline and hotel industry knows about me. In a perfect world, if my flight from Boston to San Francisco is canceled because of weather, the airline’s partner hotel chain should know and push a room recommendation as a notification to my iPhone.

データ駆動型のアイディアの決定が、多く語られているなかで、数少ない企業がそれをうまくやっています。 頻繁に飛行機に乗る人のように、私は、如何に航空会社とホテル産業が、私に着いて知るところが少ないことによって、普段から不満を募らせています。 完全な世界では、もし、私のボストンからサンフランシスコへのフライトが天候によってキャンセルされたなら、航空会社のパートナーであるホテルチェーンは、私のiPhoneへお勧めの部屋を通知するべきでしょう。

Google Now has taken the idea of live information pushed through cards and delivered it directly to the consumer. I envision a near future where this concept will be applied across many different industries, eliminating the friction from basic tasks like shopping for a birthday gift. Right now, if I see that my friend has a birthday on Facebook, I might spend hours searching for the perfect gift for her.

Google Now は、カードによってプッシュして、消費者に直接届ける、生きた情報のアイディアを採用しています。この考え方は、近い将来、多くの別の産業にわたって適用され、誕生日のギフトのショッピングのような基本的なタスクから、摩擦が排除されるだろうと見越している。今すぐ、Facebookで私の友人が誕生日だと知ったなら、私は、彼女のためにカンペキな贈り物を探すことで数時間を過ごすかもしれない。

  • envision - 見越す
  • eliminating - 排除
  • friction - 摩擦

In the future, my phone might know what types of gift this particular friend prefers and proactively push a card of recommendations to my phone’s home screen 10 days before her birthday. With just a few clicks, I can get that gift delivered, gift-wrapped, to her doorstep. The implications of this idea are much larger than just convenient shopping; it could mean gaining hours of personal productivity per day that were once spent searching the web with browsers.

将来、私のスマホは、この特定の友人が好むギフトの種類を知ることになる可能性がある。そして、積極的に推薦のカードを私のスマホのホーム画面に誕生日の10日前からプッシュするだろう。少しのクリックで、私は贈り物がキレイにラッピングされて、彼女の玄関に届けられたことを知ることが可能だ。 このアイディアが含む意味は、ショッピングの利便性より格段に大きい。それは一日の個人の生産性の時間を獲得することを意味するはずだ。かつてはブラウザでウェブを検索して過ごしていた時間を獲得するのだ。

  • particular - 特定の
  • prefers - 好む
  • implications - 含意。
  • gaining - 獲得する
  • productivity - 生産性

A Smarter Economy

These one-to-one interactions and deep understanding of individuals won’t be limited to the consumer experience — it could also disrupt production of goods. Today, we try to anticipate consumer demand and create mass amounts of products that are pushed to the market via global distribution channels and marketing. A push economy could mean an end to standardized products and the introduction of highly customized goods and services, produced on-demand and delivered to consumers.

Take shoes for example. A customer could buy a pair of running shoes equipped with sensors to gather data about the condition of the shoes and the habits of the runner. That connected shoe will communicate with the apparel manufacturer to notify the brand when the sneakers are worn out and the owner is in need of a new pair. From there, the company could reach out to the customer reminding them to buy new shoes and directing them to a relevant sale. Or, to take it a step further, the company could analyze the consumer’s stride, cross reference it with the time it took for the shoe to wear out, and create a custom shoe specific to that person’s running style and habits.

It’s a huge opportunity to customize goods and minimize waste. Furthermore, traditional online and offline retailers could face a real threat, as the one-to-one relationship between brands and consumers jumps over middlemen. This level of personalization may even signal a return to our pre-Industrial Revolution roots, where goods were always tailor-made for individuals based on personal preferences, sizes and more.

We’re creeping closer and closer to a fully realized Internet where we don’t need to search for information; it will come to us. (One sign of the “pull-web-pocalypse”: formerly popular browsers are shuttering.) To adapt, companies need to recognize that the opportunity is far more vast than it was in the 90s. A combination of new user platforms, the ability to act on data, and new devices are the perfect storm it will take to make the push web work in 2015 and beyond.


元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com

広告を非表示にする