ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ドローンは起業家にとって次なる大きなフロンティアになりうる

Drones could be the next big frontier for entrepreneurs

http://i2.wp.com/venturebeat.com/wp-content/uploads/2015/05/drone.jpg?fit=780%2C9999

Drones are everywhere — in the news and soon to be (legally) in the skies. They are quickly moving beyond their controversial military use and taking on the role of force multiplier in a myriad of industries including agriculture, inspection services, humanitarian, conservation, and emergency services. For companies, organizations, cities, and even average people, drones are fast becoming an efficient and cost effective way to get places and capture images and video that we couldn’t otherwise see.

ドローンはどこにでもある。ニュースの中に、そして、すぐに(合法的に)空にも。 それらは、物議をかもす軍事向けの用途を超えて、すばやく動いていて、農業、検査サービス、人道的サービス、保全、救急活動を含む、数々の産業において、戦力多重化増強要員としての役割を得ようとしている。 企業や組織、都市、そして平均的な人々にとってドローンは急速に、いろんな場所で写真や動画を撮るための、他に類を見ない、効率的で費用対効果の高い方法になっている。

  • frontier - 「開拓者」的に思いこんでいましたが、グーグル先生によると「国境地方。辺境。特に、アメリカの開拓史で、開拓された地域の最前線」とのことです。
  • controversial - 物議をかもす
  • force multiplier - 戦力多重増強要員。機械翻訳がそういった。直訳すれば「力の乗算器」ですので、あながち違わなくもない。
  • myriad - 無数の、数々の
  • humanitarian - 人道的な
  • conservation - 保全、保護


Drones may be today’s novelty, but they could be tomorrow’s game changer, with significant and life-changing uses. Imagine: A drone patrols a large national forest during a forest fire in the middle of the night (without endangering human pilots), hunting for the flames’ boundaries. In another remote area, a drone pinpoints the location of injured climbers stuck on a snowy ledge to direct rescue efforts. A citizen floats a drone over a protest to view and share with the rest of the world what’s happening — the future of citizen journalism. Drones could change how we get information, how quickly we get it, and ultimately what we can do with that information.

ドローンは、今日「変り種」かもしれないが、大きく生活を変化させる使い方で、明日のゲームチェンジャーになるでしょう。 想像してください。ドローンが真夜中に巨大な国有林の火災を、炎の境界を探すためにパトロールをする(人間のパイロットを危険にさらすことがない) 他の辺鄙な地域では、ドローンは、雪に覆われた棚で立ち往生している負傷した登山家の救助活動を指揮するためにその位置を特定します。 市民は、ドローンを飛ばす。世界の他の地域で何が起こっているのかを眺め、共有することに対する抗議を知った上で。 これは、未来の市民のジャーナリズム。 ドローンは、私たちがどうやって情報を得るか、どれほど速く情報を得るかを変えられる。そして究極的には、その情報で何が出来るかをも変えうるのです。

novelty - 斬新、新案、変種、異色。 remote area - 辺鄙な地域 stuck - 立ち往生 ledge - 棚


Human-rights organizations and private satellite firms have been teaming up since the early 2000s to get better visual intelligence on human rights violations. Recently, a terrorist attack in Nigeria garnered press, but no one could confirm the circumstances or even pinpoint exactly where it occurred. It wasn’t until a week after the news was reported that Amnesty International and Human Rights Watch received images from satellites showing striking before-and-after images that confirmed a major, violent action had occurred. The power of the images documented the scale of the devastation and evoked a strong response from other countries and the public.

人権団体と民間衛星会社が、人権侵害のより良い視覚的な情報を得るために、2000年代の早期に団結した。 最近では、ナイジェリアのテロリストの攻撃が報道されましたが、だれもその状況を確認できないばかりか、正確な発生場所を特定することすら出来ませんでした。 暴力行為が発生し、ニュースが報道されてから1週間たつまで、アムネスティ・インターナショナルヒューマン・ライツ・ウォッチは、多くの人を確認できる攻撃の前後の映像が映った衛星写真を受け取れませんでした。 映像の力は、荒廃の規模を記録し、他の国々や社会からの強い反応を誘発します。

  • circumstances - 状況 devastation - 荒廃 evoked - 誘発

In the near future, drones will be able to help make this sort of confirmation in a matter of minutes or hours instead of weeks. In a world where drones can collect information, constant images and video footage can provide immediate verification of terrorist acts and natural disasters and provide after-the-fact information that can help tell a broader story so action can be taken. Faster.

近い将来、ドローンは、1週間ではなく、ほんの数分間、数時間で、このような確認ができることの助けになれることだろう。 ドローンが情報を集める世界の中では、一定の画像やビデオ映像がテロリストの活動や自然の荒廃の確認を、即時に提供できます。 そして、とりうる行動の広範なストーリーを語ることの助けとなる、事後の情報を提供します。 す速く。

  • in a matter of minutes - ほんの数分間で
  • after-the-fact - 事後

Drones offer disruptive capabilities that have, up until now, not been available to industry. Soon, they will become a commodity, and as production ramps up, we will see them in all shapes and sizes, to suit any application. Why? Because drones make so much sense. Drones are far less expensive to operate than helicopters and airplanes. They can get closer to their subjects, and they can get there faster. A drone doesn’t have to wait until daylight to search for lost hikers or monitor hotspots from a forest fire. They can be positioned quickly and vary their camera’s angle, rotation, and zoom accurately and consistently, which is critical to measuring change over time. This disruptive technology will soon change how we gather information and make decisions based on the data.

ドローンは今まで、それが持っている破壊的な機能を提供します。それは産業に対しては利用可能ではなかった。 すぐに、それらは、コモディティ化するでしょう。そして、製品として、作られて提供される。私たちはそれらを全ての形状とサイズで見ることになる。 どのような応用にでもあわせて。 ナゼ?なぜなら、ドローンはとても意味を成しているから。ドローンは、ヘリコプターや飛行機に比べてはるかに安価で操縦できる。 それらは、対象物に近づくことができ、素早くそこへ行ける。 ドローンは、行方不明者の捜索や、森林火災の危険箇所監視のために、日が昇るまで待つ必要がない。 それらは、時間をかけて変化を測ることがクリティカルであることを、素早く捉えて、様々なカメラのアングル、回転、ズームを正確に一貫して行う。 この破壊的テクノロジーは、もうすぐ私たちの情報の集め方を変えて、データに基づいた決定を下せるようにするだろう。

  • ramps - ランプですが、動詞としては、作る、提供するなどの意味。

Entrepreneurs can advance the commercial use of drones. Overnight.

起業家はドローンの商業利用を勧められる。一晩で。


以下、あとで。

Here’s some advice to young entrepreneurs looking to dive into the drone market: Think about applications first, before you build anything. Think about why your customer needs a drone in the first place. What questions do they want to answer? What kind of information do they need to gather in order to answer that question? From there, you can customize a drone that can fulfill the mission, capture the correct data, in the right format, and make sure the solution is reliable, accurate, and robust.

Drones will soon be blended into our everyday lives. They will be easier to fly — even autonomous. They will fly themselves on preset courses safely without a pilot. Then innovative computer vision and image processing algorithms will help analyze the drone imagery and convert the data into useful information in real time. Flying cameras plus high performance computing plus fast data processing technology equals more accurate answers than we have ever had at our fingertips.

Every sector in our economy stands to benefit from the new type and speed of information that drones can gather. Journalism will be broadened with multiple cases of coverage about a significant news event, instead of every news outlet showing the same blurry video 24/7. The oil and gas industry will monitor its difficult-to-manage infrastructure to prevent critical issues. Insurance companies will assess home damage after a natural disaster more quickly and get claims processed faster. And local governments will tackle logistical and organizational issues by literally “seeing” what needs to be repaired or completely replaced in real time. Police forces will have a new tool to investigate abuses and expose facts. The list goes on, and many of these industries are already seeing how drones can help them find the truth, and find it faster.

The technology is here. Now we need an army of intelligent entrepreneurs to take the tools to the next level to create solutions and find answers to critical questions. Petabytes of drone imagery and video, plus software that can process and automate each second, plus human oversight equals a better future for everyone.

Sean Varah is founder and chief executive of MotionDSP, a maker of advanced image processing and video analytics software.


元記事は以下からどうぞ。

venturebeat.com