読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ラインのスタンプ市場は最初の1年で7500万ドル(90億円)を創出

英語圏では「スタンプ」ではなく「ステッカー」なんですね。

Line’s User-Generated Sticker Market Made $75M During Its First Year

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/05/img_keyvisual.png?w=738



Last May, messaging app Line launched its Creators Market, a platform that lets all users make and sell stickers. Now Line has disclosed how the platform performed during its freshman year (a followup to its six-month report released in November).

昨年5月、メッセージングアプリのラインはクリエーターマーケットを開始した。全てのユーザーが自作スタンプを売れるプラットフォームだ。 今回ラインは、そのプラットフォームが最初の年に、どれほどのパフォーマンスを示したかを発表した。

Between May 8, 2014, when stickers first became available for purchase, and May 7, 2015, over 390,000 creators from 156 countries registered stickers for sale on the platform. Combined, they made a total of JPY 8.946 billion (about $75 million).

スタンプを注文できるようになった2014年5月8日から2015年5月7日までの間で、156ヶ国39万人以上のクリエーターが、スタンプを売るためにプラットフォームに登録した。それによって、合計89億4600万円(約7500万ドル)を創出しました。

Line did not disclose who the market’s best performers are, but it did say that the makers of the top ten selling individual sticker sets earned an average of JPY 50.5 million (about $421,000). Many creators have multiple sticker sets for sale and, from that group, the top ten sellers earned an average of JPY 109 million (or $909,000).

ラインは、誰が市場で一番の働きをしたかを公開しませんでしたが、個別のステッカーセットを売るトップ10メーカーは、平均5000万円(42万1000ドル)を獲得したと明かしました。 多くのクリエーターは複数のステッカーセットを売り、そのグループから、トップ10の販売者は平均、1億900万円(90万9000ドル)の獲得しました。

The company did not say how much all sellers made on average. Like most other open marketplaces, there will be a handful of breakout stars while most sellers remain relatively obscure and make much smaller sums.

同社は全ての販売者の平均売上額を明かしていません。 他の多くのオープンな市場のように、 多くの販売者は、比較的に無名なままで、合計よりも少ない額しか獲得できず、 そのかわり、一握りの成功したスターがいるのでしょう。

  • handful - 一握りの
  • obscure - あいまいな、名もない、無名な

For its top performers, however, Line Creators Market is a valuable platform that exposes their art to 181 million monthly active users.

そのトップパフォーマーにとっては、ラインのクリエーターマーケットは価値のあるプラットフォームです。 毎月1億8100万人のアクティブユーザーが作品を出してくるのですから。

In its release, Line said that “many characters originally designed as creators’ stickers have received merchandising and publishing deals, and more still have gone on to collaborate with other corporations, proving that the sticker-based platform has become an incubator for creativity and nurturing new ideas.”

このリリースの中で、ラインは以下のように行っています。 「クリエータースタンプとしてオリジナルのデザインされた多くのキャラクターは、商業的な出版に関する取引の話を受けます。 そして、他の企業とのコラボレーションが行われ、このスタンプに基づくプラットフォームが、想像力と新しい発想を育てるためのインキュベーターになったと判明しています。 」

  • proving - 判明
  • nurturing - 育成

ビバリー スタンプ ムーン GOOD! TSP-042
ショウワノート (2014-05-02)
売り上げランキング: 20,439

Squeezing More Money Out Of Stickers

スタンプ以外でもっとお金を絞りだす

This “incubator” is also another way for Line to hatch more revenue. The company, which delayed an initial public offering last year to focus on increasing its revenue and profit, announced that it will launch a service called Line Creators Management, which is meant to help sticker creators apply for trademarks and sign merchandising deals with other companies. Line said the service has already struck partnerships with Tokyo toy maker T-ARTS Company.

このインキュベーターは、ラインにとって更に多くの収入を「孵化」させるのは、また別の方法です。 同社は昨年、収益増に的を絞ってIPOを遅らせ、ラインクリエーターマネージメントと呼ばれるサービスの開始を発表しました。 これはスタンプクリエーターに商標を適用し、他の企業との商業的取引にサインすることを支援するためのものです。 ラインによれば、このサービスはすでに東京の玩具メーカーである T-ARTSとのパートナーシップを結んでいるとのことです。

  • hatch - 孵化する

Line didn’t reveal what kind of revenue-sharing plan will be put in place for Creators Management (TechCrunch has contacted the company for more information). The Creators Market originally gave sticker makers a 50 percent share of revenue, but lowered that to 30 percent for stickers registered after Feb. 1.

ラインは、収入共有計画のようなものが、クリエーターマネージメントのための場所に出されるだろうとは、披露していない(TechCrunchは更に多くの情報のため同社にコンタクトを取った)。 このクリエーターズマーケットのオリジナルのスタンプメーカーに収入の50%を与える。 しかし、2月1日以降に登録されたスタンプに対しては30%に引き下げられる。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/05/line_creatorsmarket.png?w=680&h=376

Line said it needed more funds to enhance the Creators Market. Today it revealed that these improvements will include making the messaging app’s sticker market easier to search and displaying Creators Market stickers alongside “official” stickers, which feature characters from Line and companies it has licensing deals with, such as Disney. This is a potential boon for sticker creators, since their offerings are currently lumped into a separate category.

ラインは、クリエーターマーケットをさらに大きくするにはもっと資金が必要だと語った。 本日披露される、これらの改善には、メッセージングアプリのスタンプ市場を、クリエーターマーケットのスタンプ、並びに、オフィシャルのスタンプを簡単に検索して表示できるようにすることが含まれるだろう。

  • alongside - 並んで


Beyond Stickers

スタンプを越えて

Stickers are a Line signature and key to its popularity in Japan, Taiwan, and Thailand (its top three markets), but they represent just a part of the $656 million in revenue it made in 2014. Games users play through their Line accounts currently make up 60 percent of Line’s gross sales, but the segment has suffered from weaker performance over the past few quarters.

日本、台湾、タイ(ラインのトップマーケット)では、スタンプはラインの特徴で、また、その人気の鍵ですが、それらは2014年の収入のなかで、6億5600万ドルの一部に過ぎない。 ゲームユーザーはラインのアカウントでゲームをして、現在ラインの総売上の60%を売り上げているが、その領域のパフォーマンスは、この数回の四半期で弱くなっていることから苦しんでいる。

  • suffered - 苦しんでいる

It’s important for Line Corp to find new monetization streams as it tries to increase its valuation. The company has been investing in everything from mobile payments and streaming music to food delivery, taxi calling, and even indoor mapping. The aim of this multi-pronged approach is to turn Line into a lifestyle platform packed with essential services that will keep users coming back even after the novelty of stickers and games wear off.

ラインの価値を高めようとしている同社にとって重要なのは、新たな金脈を見つけることだ。同社はモバイル決済や音楽ストリーミングから食品の配達、タクシーの呼び出し、屋内位置情報のマッピングまで、あらゆることに投資してきた。 この多方面へのアプローチの狙いは、ラインを、ユーザーをつなぎとめるような、不可欠なサービスでまとめられたライフスタイルプラットフォームに転換させることだ。 たとえ、スタンプとゲームに飽きた後にでも。

  • pronged - 方面。
  • essential - 不可欠
  • wear off - 冷める

It’s still early to tell how well this plan (which includes a $42 million fund to invest in startups that can potentially be integrated into Line’s apps) will pay off, but similar growth strategies are being deployed by other major Asian messaging apps, including WeChat and KakaoTalk, and in turn influencing Western products like Facebook Messenger.

この計画(ラインのアプリに潜在的に統合されうるスタートアップへの投資として、4200万ドルの資金が含まれている。)がどれだけうまく報われるかを語るのはまだ早い。似たような成長戦略は他の主要なメッセージングアプリでも展開されている。WeChat, KakaoTalk, ひいては、Facebookメッセンジャーのように、それらが影響を与えている西洋の製品も含まれている。

  • pay off - 報われる
  • and in turn - ひいては


元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com