読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ドローン革新:次世代クアッドコプターの、たたむ・ぶつかる・回復する

ドローン・航空機 交通・輸送 ドローン

Drone innovations: Next gen quadcopters fold, crash, recover

http://zdnet3.cbsistatic.com/hub/i/2015/05/19/324cb81a-9d7a-4d83-85d4-87b8e153f3c6/68d90913b388b57b5f97217720bc84f8/folded.jpg



Next week's ICRA conference in Seattle will feature the latest in robotics and automation research from around the globe. Once again, aerial robotics will be a category to watch. Drones have already made the transition from specialized use to mass market applications, and with the underlying technology maturing, new concepts are emerging that herald the next generation of unmanned flying machines. NCCR Robotics, a consortium of robotics research institutions in Switzerland, is driving many of the advances by partnering with academic research groups.

来週シアトルで行われるICRAカンファレンスは、世界中のロボット工学と自動化研究の最新情報を紹介するでしょう。 もう一度、空中のロボットは見るべきカテゴリとなるでしょう。 ドローンはすでに、特別な使用方法からマスマーケットのアプリケーションに移行しました。 そして、根本的な技術は成熟しており、新しいコンセプトが次世代の無人飛行マシンの前触れとして興っています。 スイスのロボット工学研究機関のコンソーシアムである NCCR Roboticsは、学問的研究グループとパートナーを結んで多くの進歩を駆動しています。

  • maturing - 成熟
  • emerging - 新興の
  • herald - 前触れ、前駆者
  • institutions - 機関

One collaboration with the Laboratory of Intelligent Systems (LIS) at the École Polytechnique Fédérale de Lausanne, a university in Switzerland, led to new concept for an origami quadcopter that folds up. Folding drones already exist, like DJI's Spreading Wings series, and others come with readily detachable arms, but current concepts require user manipulation in order to ready the vehicles for deployment. That isn't ideal in cases where several drones have to be deployed quickly or where drones are operated by users with minimal training, which is often the case in emergency response and disaster recovery situations (read: "Disaster robots slow to gain acceptance from responders").

LIS(Laboratory of Intelligent Systems)とスイス大学のコラボレーションが、折りたためる「折り紙クアッドコプター」の新しいコンセプトを出してきた。 折りたたみドローンは既に存在している。DJIのSpreading Wingsシリーズのほか、容易に腕の部分を着脱できる機能を持ったものがある。 しかし、現在のコンセプトは、ドローンを展開する準備のために、ユーザーの操作を必要とする。それは、複数のドローンを素早く展開するような場合に、理想的だとは言えない。ドローンが最小限の練習しか、していないユーザーに操縦される、緊急応答や災害復旧の状況にある場合です("Disaster robots slow to gain acceptance from responders" -「災害用ロボットのレスポンダーによる受け入れが遅い」を読んでください)

  • readily - 容易に

LIS, in collaboration with NCCR, a Swiss robotics consortium, developed a self-deploying drone that transitions from a small stowed state to its ready-to-use state in 0.3 seconds. The system employs a series of magnets to hold the stowed arms in place, reducing the drone's size by about 1/3. When the drone is activated and the propellers begin spinning, the torque breaks the magnetic attraction and the arms swing out automatically.

スイスロボットコンソーシアム NCCR とコラボレーションしている LIS は、 自分で小さや収納状態から飛べる状態まで0.3秒で展開するドローンを開発しました。 そのシステムは、収納されたアームをひと繋がりの磁石で保持することを採用しており、ドローンのサイズを3分の1に節約しています。ドローンがアクティベートされたら、そのプロペラが回り始め、磁石の効果でトルクがかかり、アームが自動的に振り出されます。

  • stowed - 収納

http://zdnet3.cbsistatic.com/hub/i/2015/05/19/616b0244-3dfe-468f-bb26-1806898000e8/f4f7678cfacd16ad524f7c94b31d5d1e/recover.png

A startup called Flyability, which spun off from another NCCR-LIS collaboration, recently won the UAE Drones For Good competition. Sometimes called the World Cup of Drones, the competition seeks to advance drone developments that can improve people's lives. The team created an aerial robot that is designed to survive in-flight collisions with fixed objects. One of the weaknesses of all quadcopters is their inherent fragility in flight. A damaged prop or appendage can easily cause a drone to lose control, which that can mean the loss of the system and a potential hazard for people on the ground.

別のNCCR-LISコラボレーションからスピンオフしたFlyabilityというスタートアップが、最近 UAE Drone For Good コンペティションで勝ちました。ドローンのワールドカップとも呼ばれるその大会は、人の生活を改善できるようなドローンの開発を進めることを求めています。そのチームは、飛行中の固定物との衝突を生き延びるようにデザインされた空中のロボットを作り出しました。 クアッドコプターの弱点の一つは、それら特有の飛行中の弱さです。 損傷を受けた細かな部品などは、簡単にドローンの制御を失わせることになり、それは、システムを失うことや、周囲の人々にとっての危険を及ぼす可能性を意味しています。

  • inherent - 特有の
  • fragility - もろさ、弱さ
  • prop - 小道具、突っ張り
  • appendage - 付属物

Flyability's solution is The Gimball, which uses a rotating gimbal system and protective wire cage to encase rotors. Video of the drone in action suggests several possible uses, including locating victims after disasters or performing industrial inspections in tight areas where traditional drones are at risk.

Flyabilityのソリューションは Gimballです。これは、ローターを包みこむために、回転するジンバルシステムと保護用のワイヤーのかごを使用します。ドローンが動作しているビデオ映像が複数の可能性のある使い方を示唆します。 災害の後の犠牲者の位置を特定することや、伝統的にドローンが危険にさらされるタイトな領域での工業用検査などを含みます。

  • gimbal - ジンバル。
  • encase - 包む
  • victims - 犠牲者

One of the centerpieces of ongoing licensure debates in aerial robotics concerns the amount of training that should be required of pilots. At issue, in addition to privacy and air traffic concerns, is the increased likelihood that unskilled pilots will crash their drones or maneuver them out of range, resulting in fly-aways that imperil bystanders on the ground.

空中のロボットについて、継続している免許性についての議論の主なものの一つは、操縦するために必要となる練習量についての懸念です。 この問題で、プライバシーと空の交通に関する懸念も加え、未熟なパイロットが彼らのドローンをぶつけたり、範囲を超えて操作して、そこかへ飛んでいってしまい、地上の傍観者を危険に晒す結果となる公算が大きいということです。

  • ongoing - 継続
  • licensure - 免許付与
  • debates - 論じる
  • concerns - 懸念
  • likelihood - 可能性、公算
  • imperil - 危険に晒す
  • bystanders - 傍観者

NCCR worked with the Robotics and Perception group at the University of Zurich to create a system that automatically recovers and stabilizes UAVs after a critical condition, such as the loss of a GPS signal. The technology uses a camera, an inertial measurement unit, and a distance sensor to emulate the human visual system and sense of balance. The result is a drone that can be tossed in the air and can be programmed to recognize visual landmarks and its own inertia to restore balance.

NCCR は、GPSの信号を失った時のように、無人航空機がクリティカルな状態に陥った後、自動的に回復して安定させるシステムをつくり上げるために、チューリッヒの大学で「ロボット工学と知覚」グループと仕事をしました。 その技術は、人間の視覚システムをエミュレートしてバランスを検知するため、カメラと慣性計測ユニットと距離センサーを使います。その結果、ドローンを空中へ放り投げられるようになって、さらに、視覚的にランドマークや、自身の慣性を認識してバランスを取り戻すようにプログラム可能となりました。

  • UAV - 無人航空機
  • inertial - 慣性

Video of the researchers tossing their sensor equipped drones into the air suggests that the system can be adapted for collision recovery. All of this adds up to increased safety in a world where drones are becoming more useful and prolific.

研究者がそれらのセンサーが装着されたドローンを空中へ放り投げる動画は、そのシステムは、衝突回復のために適合されうるということを示唆しています。この全ては、ドローンがさらに便利になってたくさん作られる世界の安全性を高めます。

  • prolific - 多作

元記事は以下からどうぞ。

www.zdnet.com