ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ポータブルな太陽発電エコカプセルなら世界のどこでも家賃や電気代がタダで暮らせる

Portable, solar-powered ecocapsules mean you can live rent- and electric-bill free, globally

https://qzprod.files.wordpress.com/2015/05/ecocapsule-mountains.jpg?w=1144

If you’ve just had it with taking the subway, or sitting in an office, or just generally being around other people, you may be in luck. Slovakian firm Nice Architects has built an egg-shaped “Ecocapsule” that runs entirely on solar and wind energy, allowing its dweller(s) to live both literally, and figuratively, off the grid.

もしあなたが、地下鉄に乗っているとき、またはオフィスに座っていて、あるいは、単に普通に他人の周囲にいるときに、それを持っているのなら、あなたは幸運に恵まれていると言えるでしょう。 スロバキアの会社 Nice Architects が、全体的に太陽光と風力エネルギーで動作する卵形の「Ecocapsule」を作りました。 それに住む人は文字通り、そして比喩的にも「オフ・ザ・グリッド」できます。

  • dweller - 住人
  • literally - 文字通り
  • figuratively - 比喩的に
  • off the grid - 直訳では「格子から外れる」で、いろんな意味に使われるみたいですが、一般的なのは「都会を離れて自然の中へ」的な意味だそうです。

TAMAGOTCHI 4U WHITE (たまごっち 4U ホワイト)
バンダイ (2014-09-27)
売り上げランキング: 164

The completely self-sustaining portable home contains a 9,744 watt-hour battery, a 750 watt wind turbine, and high-efficiency solar cells that can support you for about a year in pretty much any location in the world, provided there is some sunlight. (It probably wouldn’t work in a cave, for instance, should someone desire to live in one.)

その完全に自立する移動型住居は9,744ワット時のバッテリーと、750ワットの風力発電タービン、そして、多少の太陽光があれば世界のどんな場所でも1年間サポート可能な、高効率の太陽電池を内蔵しています。(誰かが一人で生きたいと望んでも、たとえば洞窟の中では、おそらく動作しないでしょう。)

The capsule also includes a rainwater collection and filtration system. Inside, there’s a kitchenette with running water, a flushable toilet, a shower, a bed, and work space. Nice Architects says the capsule, which is about 4.5 meters (14.7 feet) long and 2.4 meters (7.9 feet) wide, can comfortably fit two people.

このカプセルには、雨水を集めて浄化するシステムも含まれています。 内部には、水が引かれた簡易キッチンや、水洗トイレ、シャワー、ベッド、そして仕事場があります。

Nice Architects は、だいたい4.5メートルの長さで、2.4メートルの幅の、このカプセルは、2人でちょうどゆったりできると言っています。

  • kitchenette - 簡易的なキッチン

https://qzprod.files.wordpress.com/2015/05/ecocapsule-layout.png?w=640

The egg-home can be “easily transported” by trailer, according to the company, and can even charge the electric car that’s towing it.

But beyond just nomadic living, the Ecocapsule has plenty of other potential applications, from providing shelter in disaster areas to doubling as scientific research stations.

しかしノマド生活を越えて、Ecocapsule には、他の可能性のある適用方法が多数あります。それは、災害地へのシェルター提供や、科学研究拠点を増やすことなど。

Nice Architects will unveil its prototype at the Pioneers festival in Vienna on May 28 before taking pre-orders at the end of 2015 for shipping in the first half of 2016. The company says the price will be released later this year, though there’s already a steep shipping cost. Sending the capsule from Slovakia to New York, for instance, will cost you €2,200 ($2,383) alone, and the capsule itself is likely to run to tens of thousands of dollars.

Nice Architectsは、5月28日にViennaで行われたパイオニアフェスティバルで、そのプロトタイプを明かしました。 予約注文は2015年の終わりに受け付け、2016年の前半に出荷されます。 同社は、その価格を今年の終わりに発表するつもりです。急な出荷コストは既にありますが。 たとえば、カプセルをスロバキアからニューヨークに送付するには、単独で2,200ユーロ(約30万円)かかるでしょう。そして、カプセル自体は数万ドル(数百万円)すると思われます。

  • steep - 急な

https://qzprod.files.wordpress.com/2015/05/ecocapsule-interior.jpg?w=636

https://qzprod.files.wordpress.com/2015/05/screen-shot-2015-05-27-at-8-47-43-am.png?w=640

https://qzprod.files.wordpress.com/2015/05/screen-shot-2015-05-27-at-8-47-36-am.png?w=640

https://qzprod.files.wordpress.com/2015/05/screen-shot-2015-05-27-at-8-47-25-am.png?w=640


元記事は以下からどうぞ。

qz.com