読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Magic Leapが拡張現実開発者向けプラットフォームを発表

Magic Leap Announces Its Augmented Reality Developer Platform

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/06/magic-leap.png?w=738



Magic Leap wants game makers, filmmakers, and other creators to build augmented reality experiences on its platform, and today on stage at MIT’s EmTech Digital conference, it announced how that will happen. Magic Leap has just opened a Developers section of its website where people can sign up for access to its SDK, which will work with the Unreal and Unity game engines.

Magic Leap 同社のプラットフォームで、ゲームクリエーター、映画製作者、その他、数々の拡張現実の体験を創り出すクリエーターを求めてる。 そして本日、MIT の EmTeck Digital カンファレンスのステージで、それで何が起こるのかを発表した。 Magic Leapは、同社のウェブサイトに、誰でもサインアップして、そのSDKにアクセスできる開発者セクションを開きました。 そこでは、Unreal と Unity ゲームエンジンが動作します。

Onstage alongside CEO Rony Abovitz and Chief Futurist/superstar sci-fi novelist Neal Stephenson, Magic Leap’s Chief Creative Officer Graeme Devin said he had a secret to share before revealing plans for the AR platform. “We are going to start training developers on this” Devin said before encouraging developers to go visit its site and send a request for access.

CEOの Rony Abovitz に並んで、チーフ未来学者/SF作家のスーパースター Neal Stephenson がステージに立ち、Magic Leapのチーフクリエイティブ役員のGraeme Devin が、ARプラットフォームの計画を明かす前に、秘密があると言いました。「私達はこれの上で開発者のトレーニングを始めるつもりだ」と、開発者にサイトを訪れることを促し、アクセス要求を送る前に言いました。

  • Officer - 役員
  • encourage - 促す

The platform’s compatability with Unity and Unreal confirms TechCrunch writer Steve O’Hear’s prediction that the technologies would work together after he found Magic Leap job listings referencing Unity back in October.

そのプラットフォームのUnity と Unreal との互換性は、TechCrunchのライターであるSteve O’Hearの予測を確認しています。 その予測とは、その2つの技術はともに動作するだろうというもの。 彼がMagic Leapの仕事のリストがUnityを後方参照しているのを10月に見つけた後、おこなった予測です。

  • prediction - 予測

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/06/screen-shot-2015-06-02-at-2-16-16-pm.png?w=680&h=332

Another piece of big news announced was that Magic Leap has spent part of its $592 million in funding to build a 300,000 square foot pilot manufacturing facility for its “photonic lightfield chip”. This chip powers its augmented reality headset that works by shooting light directly onto your eye, rather than sticking a screen in front of it.

発表された大きなニュースの他のかけらは、Magic Leapは、調達資金5億9千2百万ドルの一部を「フォトニックライトフィールドチップ」のパイロット版を製造する30万平方フィートの施設を構築するために支払ったということです。 このチップは、正面の画面に写すのではなく目に直接光を当てて動作する拡張現実ヘッドセットを駆動します。

Rony explained “We’re out of the R&D phase and into the transition to real product introduction.” As for why it needed to build its own manufacturing facility, he said “there is no off the shelf stuff that does what we’re describing.”

Rony は、「私達は研究開発フェーズを終えて、実際の製品を導入する状態へ移行している。」と説明しました。 なぜ独自の製造施設を構築する必要があるのかについて、彼は「私達が記述しているものを実行するすでに出来上がったスタッフがイないのです」と言いました。

We’ll have more info shortly, as the talk is ongoing.

私達は、まもなく、もっと多くの情報を持つことになるでしょう。話は続いていますので。

  • shortly - まもなく

元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com