ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Twitterが機械学習のスタートアップWhetlabを買収

Twitter Acquires Machine Learning Startup Whetlab

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/06/whetlab-twitter.png?w=738

人工知能 人類最悪にして最後の発明
ジェイムズ・バラット
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 6,345

Twitter announced today that it has acquired Cambridge-based machine learning startup Whetlab in an effort to accelerate the company’s own in-house efforts on the matter. Deal terms were not immediately available, but Twitter will gain both access to Whetlab’s technology and small team following the acquisition, while Whetlab’s current product will be discontinued next month, the company notes.

Twitterは本日、Cambridgeの機械学習スタートアップ Whetlab を買収したと発表しました。 同社が社内に抱える問題への取組を進めるためです。 取引条件は、まだ直接利用可能ではありませんが、 同社のノートによると、Whetlabの現在の製品は来月まで継続されないとのことから、Twitter は、Whetlab の技術と、買収に続く小さなチームへの関わりを進めます。

  • Deal terms - 取引条件

Whetlab was developing A.I.-like technologies that would make machine learning easier for companies to implement. Its system had been designed to get a company’s internal systems off the ground automatically, and therefore, more quickly than before. This could potentially reduce the time it takes to train a new machine learning system from months to just days.

Whetlabは、機械学習を企業が簡単に実装できる人工知能のような技術を開発していました。 そのシステムは企業の内部のシステムを自動的に、地面から得て、さらに、以前よりも更に素早くするように設計されています。 これは、機械学習システムを構築するのにかかる時間を、数カ月から数日まで削減できる可能性を持っています。

On its company website, Whetlab explains that their patent-pending system would offer an alternative to hiring experts to architect and tune a machine learning system in-house as is traditionally done, as it would do this work instead. The company even boldly claimed it did a better job than today’s human experts, noting that its tech had “outperformed the top machine learning researchers in configuring systems for the hardest cutting-edge problems.”

同社のウェブサイトで、Whetlabは、彼らの特許出願中のシステムは専門のアーキテクトを雇用することの代替案を提供し、機械学習システムの社内での調整を、伝統的に行われてきたのと同じように行います。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/06/screen-shot-2015-06-17-at-1-11-39-pm.png?w=1024&h=410

The tech, which was developed by researchers at Harvard, Toronto, and Sherbrooke universities, was being put to use for things like object recognition, speech processing and even computational biology. It was running in a closed beta, according to a FAQ on the Whetlab website about the planned shutdown, which is taking place on July 15, 2015. The startup, a team of five, was only around a year old at the time of the acquisition.

ハーバード大学トロント大学、シャーブルック大学の研究者達によって開発された、その技術は、物体認識や、スピーチの処理、そして計算機生物学のようなことのために使用するものでした。 2015年の7月15日に予定されるシャットダウンに関する Whetlab のウェブサイトの FAQ によれば、それは、閉じたベータ版で動作していました。 この5つのチームのスタートアップは、その買収の時、単に1周年を迎えるぐらいのものでした。

All five team members, including Ryan Adams, Hugo Larochelle, Jasper Snoek, Kevin Swersky and Alex Wiltschko, are now joining Twitter where they’ll be tasked accelerating Twitter’s current machine learning efforts.

5つのチームメンバー、Ryan Adams, Hugo Larochelle, Jasper Snoek, Kevin Swersky and Alex Wiltschko は、今はTwitterに参加しています。彼らは、そこで、Twitter の現在の機械学習への取り組みを推し進める仕事を与えられるでしょう。

Whetlab, meanwhile, suggests that current beta testers download their data then migrate to other systems, like Spearmint, SMAC, or HyperOpt, for example.

Whetlab は、一方で、現在のベータ版のテスターが彼らのデータをダウンロードし、たとえば、 Spearmint や SMAC または HyperOpt のような他のシステムへ移行することを示唆しています。



元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com

広告を非表示にする