ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

グーグル自動運転車:最新プロトタイプがマウンテン・ビューを走りだした

Google’s Latest Self-Driving Car Prototypes Are Now On Mountain View Streets

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/06/google-car.gif?w=1032


Motor Fan illustrated Vol.86
Motor Fan illustrated Vol.86
posted with amazlet at 15.06.25

三栄書房 (2013-11-15)
売り上げランキング: 53,640

Google has an update on the status of its self-driving car project – the latest prototypes of its vehicles are road-ready and already driving in Mountain View. These are the same adorable prototypes that Google showed off in December, and are completely built by Google with self-driving in mind.

Googleがその自動運転車プロジェクトのステータスを更新しました - その乗り物の最新のプロトタイプは、道路に対して準備が整い、すでにマウンテンビューを走っています。これらは、12月にGoogleが披露したかわいらしいプロトタイプと同じもので、自動運転を念頭に置いて、Googleにより完全に構築されました。

  • adorable - 愛らしい

The driverless cars aren’t without drivers on city streets, however – they have “safety drivers” in the cockpit during this stage of the test, armed with removable steering wheel, accelerator and brake pedals to ensure they can take control if necessary. They also max out at 25 mph in self-driving mode, and are using the same system software that has powered the previously Lexus-made test vehicles with minimal incidents.

この無人運転自動車は、町の道路上において、ドライバー無しではありません - このテストのステージの間、その操縦席には「セーフティドライバー」を置いています。 もし必要ならば彼らが制御できるように、取り外し可能なステアリングホイールや、アクセルペダル、ブレーキペダルを装備しています。 それらは、自動運転モードでは、最高時速25マイル(約40キロ)に制限されてもおり、トラブルが最小限であった以前のLexus製テスト車に使用されていたソフトウェアと同じものを使用しています。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/06/beta-public-roads-edit.jpg?w=1032&h=687

Google’s button-cute panda cars are also set to get more funky looking, thanks to a new project the company launched earlier this week to solicit unique designs for the car exteriors from California artists. Basically, they’re looking for designs that will make the robo vehicles more approachable, under the blanket theme “my community, my neighbors.”

Googleのボタンみたいな可愛いパンダカーは、 さらにファンキーな見た目にされました。 同社が今週初めに開始した新プロジェクトのために、 カリフォルニアのアーティストたちから、 その外観にユニークなデザインを募集したものです。 基本的に彼らは、「私のコミュニティ、私の隣」という全体的なテーマに沿って、このロボット車をより親しみやすくするデザインを探しました。

  • solicit - 求める、募集する
  • blanket - 毛布とかブランケットですが、「全体を覆うもの」という意味でもあるそうです。

Regardless of how safe the cars are by the numbers, humans are not so easily moved by statistics, so anything Google can do to dull overblown reactions to autonomous driving is likely effort not wasted.

この自動車が数値的にどれほど安全かには関係なく、 統計的に人間はそう簡単には変化しない。 ですから、自立運転に対する、つまらない大げさな反応に対して、 Googleができるどんなことも、無駄な努力にはならないようです。


元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com