読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

マイクロソフトがさらなる雇用削減で引き締める

Microsoft braces for more job cuts

https://fortunedotcom.files.wordpress.com/2015/06/gettyimages-471523596.jpg?quality=80&w=840&h=485&crop=1


リストラなしの「年輪経営」
塚越寛
光文社
売り上げランキング: 19,880

It’s a pretty safe bet that Microsoft will soon be slicing more jobs, especially in its mobile device ranks.

これは、かなり安全な試みです。マイクロソフトがもうすぐ仕事、特にモバイル機器の従業員を切るつもりです。

  • braces - 引き締める、支える、つっかい棒を入れる、などという意味のようです。対応する日本語がなさそうで苦しいです。
  • rank - 兵卒、階級など

Don’t be surprised if Microsoft announces layoffs soon as it clears the decks for fiscal year 2016 starting July 1.

マイクロソフトが、7月1日から始まる2016年度の甲板をクリアにするように、すぐにレイオフを発表したとしても、驚かないでください。

There are already signs of a slim down, but so far it’s been a nip and tuck here and there. On Monday, the company said it is selling its ad placement business to AOL, offloading 1,200 positions in that process. And, it is selling off part of Bing’s mapping business (and another 100 positions) to Uber.

既に、スリムダウンのサインがあります。しかし、それは、そこらじゅうを美容整形するようなことではない。 月曜日、同社は自身の広告ビジネスを、AOLへ売却することを発表しました。そのプロセスでは、1200のポジションを荷降しします。 そして、Bingの地図事業の一部(および別の100ポジション)も Uber へ売却します。

  • a nip and tuck - 美容整形
  • offloading - 荷降し

But smart money is that Microsoft will be chopping more jobs, mostly from the mobile phone ranks. The phone business was folded into a new Windows and Devices unit under Terry Myerson in a reorg two weeks ago, with former Nokia CEO Stephen Elop exiting at that time.

しかし、経費削減で、マイクロソフトは、さらに多くの仕事を切るでしょう。多くは携帯電話分野からとなります。 携帯電話のビジネスは、新しいWindowsと、2週間前に再組織化された Terry Myerson 率いるデバイス部署へ組み込まれましたし、Nokiaの前CEO Stephen Elop はその時退職しました。

  • reorg - reorganize の略らしいです。再構成、再組織化

Recall too how, at this time last year, unconfirmed reports of impending layoffs surfaced. The following week, CEO Satya Nadella sent a memo about the company’s strategic direction with mention of unnamed-but-fundamental-cultural changes needed to achieve it.

どのように、昨年のこの時、差し迫ったレイオフの未確認の報告が表面化したのかを、思い出してみてください。 CEOのサトヤ・ナデラは同社の戦略方向についてのメモ、名前は無いが基本的な文化の変化が必要だと言及したメモを、それを達成するために送りました。

  • impending - 差し迫った

The next week: boom! A plan to cut 18,000 people in the course of the year. That was the largest downsizing in the company’s history but was not a total surprise given that Microsoft picked up 25,000 employees in its $7 billion acquisition of Nokia’s struggling phone business.

次の週:ドカン!1万8千人の削減計画。年度の途中で。それは同社の歴史に於いて最も大きな削減でした。 しかし、それらが全ての驚きではなかった。 Nokiaの取り組んでいた携帯電話事業の70億ドルでの買収で、マイクロソフトは2万5千人の従業員を雇い入れたのです。

So will history repeat itself? In an internal memo that leaked last week, Nadella talked about tough choices to come, so folks are on edge in Redmond.

だから、歴史は繰り返されるだろうと? 先週、漏れ伝えられた内部的なメモでは、ナデラは「タフな選択がやってくる」ということを話しました。つまり、レッドモンドでは人々は崖っぷちにいるのです。

The most recent headcount on Microsoft’s web site is from June 2014 lists 128,000 employees; others estimate that current employee count is at about 118,000, which still does not represent a net loss of 18,000 jobs. That’s probably because, much to Wall Street’s chagrin, Microsoft kept hiring in strategic areas, while culling people from less, um strategic areas.

マイクロソフトのウェブサイトに掲載されている、最新の従業員数は、2014年7月で12万8千人。他の見積もりでは、現在の従業員数は、11万8千人。それはまだ1万8千人の削減が反映されていないのです。 それは、おそらく、ウォールストリートに対する大きな悔しさによる。マイクロソフトは、戦略分野に採用を続けていて、それほど戦略的で無い分野については、人員を間引いています。

  • chagrin - 悔しさ。悲しみ。元はフランス語でしょうか。
  • culling - 選抜除去

Microsoft had no comment for this story.

マイクロソフトは、この話にコメントは寄せていません。


元記事は以下からどうぞ。

fortune.com

広告を非表示にする