読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Google Cardboard が欲しい?OnePlusが無料(送料別)で配ってるよ

Want Google’s Cardboard VR Headset? OnePlus Is Giving Them Away For Free, If You Pay Shipping

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/07/cardboard.png?w=959&h=536



Since about 10 seconds after Google launched its do-it-yourself Cardboard virtual reality headset, other companies have been selling pre-made clones — and Google is totally fine with that.

Googleが手作りの Cardboard 仮想現実ヘッドセットを出して約10秒後から、他社が事前に組み立てたクローンを売り始めました。そして、Googleは、それをまったく問題とはしていません

(Wondering WTF “Cardboard” is? The short version: it’s a virtual reality headset that uses your phone as the brains. Fold the headset together, slip your phone into it, and you’re good to go. It’s like a very, very basic Oculus Rift. Google released it as a side project, then opened it up for others to build upon.)

(「Cardboard」ってなんだ?って思っています? 手短に言えば:それは頭にかぶせてスマホで使える仮想現実ヘッドセット。ヘッドセットを折り曲げて、その中へスマホを入れたら出来上がり。それはとてもとても基本的なOculus Riftのようです。Googleがサイドプロジェクトとしてリリースし、それを作ることを他者にオープンにしているものです。)

  • WTF - what the fuck。「何だこれは?」的な略語だそうです。ネット語ですね。

The catch: many of the clones cost upwards of $20-30 bucks, and that’s before shipping. Paying that much for what is essentially a piece of cardboard can feel a bit silly. Looking to capitalize on this, up-and-coming smartphone manufacturer OnePlus is giving away a ton of Cardboard clones for free — you just pay the shipping.

多くのクローンの価格はだいたい20ドルから30ドルまでです。これには配送寮は含まれていません。 本質的にはダンボールの欠片だが、それにこれだけ支払うのは、少しバカバカしいと感じても仕方が無い。 これに注目した新進気鋭のスマートフォンメーカー OnePlus が、Cardboard を山ほど無料(送料別)で提供しています。

For all of the orders I’ve seen, the shipping fee comes in at $5.

私がいままで見た全ての注文の配送料は5ドルです。

OnePlus’ clone is based on the latest version of Cardboard (v2.0, which just debuted at Google I/O last month), but they’ve made a few tweaks:

OnePlusのクローンはCardboardの最終バージョン(先月のGoogle I/O で公開された v2.0)に基づいています。しかし、彼らは少々調整しています:

  • The cardboard is thicker, for the sake of durability
  • The folded project ends up around 20% smaller, while still playing friendly with most devices up to 6″ — be it an iPhone, a OnePlus One, or any other Android phone you might have sitting in your pocket.
  • They’ve coated the exterior bits with a dirt/oil resistant film. As anyone who has used an original Cardboard unit before can tell you, they tend to get pretty greasy in about 5 minutes because people are gross.
  • そのダンボールは耐久性のために分厚い。
  • 折り曲げられたプロジェクトはだいたい20%程度小さくなります。6インチまでのデバイスの多く(ポケットに入れておけるであろう iPhone や OnePlus One また他のどんなAndroidの電話)で、遊びやすい。
  • その外装は、汚れ防止・耐油性のフィルムでコーティングされています。以前オリジナルの Cardboard ユニットを使用したことのある誰もが、5分でとても滑りやすくなる傾向がある、と教えてくれる。人々は粗いからです。

  • tend - 傾向がある


※↑これはケースです。ヘッドセットじゃありません。


So what’s in it for OnePlus? Why give away something for practically nothing?

OnePlusのために、その中に何があるの? なぜ事実上、何も無いことのために、何かをあげちゃうの?

Writes the company:

“This is not a product; it’s an initiative. We aren’t making any money by offering OnePlus Cardboard. In fact, we are losing money with each one.”

同社が書いているのは:

「これは製品ではありません。それは先駆けです。私たちは、OnePlus Cardboard を提供することによって、お金をまったく生み出していません。事実、私たちはひとつにつきお金を失っています。」

But in the end, it’s a marketing promotion — and one that fits well within the company’s messaging to date.

OnePlus plays the goodwill card and caters to its fanbase like few other new companies have managed, limiting initial device sales to its most devout fans, hashing out how new features will work with its forumgoers, and more.

しかし、最終的に、これはマーケティングプロモーションであり、現在まで、同社が発信してきたことの中に、うまく合致しているものです。

OnePlus は、グッドウィルカードの役割を果たしていて、他のいくつかの新しい企業が管理しているように、そのファン層のニーズに答えています。多くの熱心なファンに対して最初の機器の販売を制限し、そのフォーラムの常連客に、新しい機能がどのように動くのかを、とり計らったりするなど、ほかにもたくさんのことで。

  • to date - 現在まで。これまで。
  • devout - 敬虔な、熱心な
  • goodwill - 暖簾(のれん)、好意。ただ「のれん」も実用的な意味でなくお店に掲げる宣伝の意味もこめたもののことかと思います。「goodwill card」 で、のれんカードとなりますが、自己紹介カード的な意味ではないかと思います。
  • cater - 応じる、満たす。「cater to ~」で「~のニーズに答える」。
  • fanbase - ファン層
  • hashing out - 計らう、話し合う。
  • forumgoers - フォーラムの来場者(forum + goers)。常連客。

With this promo, they’re making new fans and getting their branding out there for the cost of a sheet of cardboard and some plastic lenses. When heading off against giants like Samsung and LG, that’s a pretty damned reasonable customer acquisition cost — particularly with OnePlus being just weeks away from debuting its second handset.

このプロモーションで、彼らは新たなファンを作り出し、そこへ、ダンボールシートとちょっとしたプラスチックレンズの費用で、彼らのブランドを出しています。 Samsung や LG のような巨大企業へ対向しようとするとき、それは、まったく合理的な顧客獲得費用です。 とくに、数週間前に2番目の端末を世に出したOnePlusにとっては。

You can order one of OnePlus cardboard headsets right over here. If you get a “Sold out” message, try again later — they seem to be releasing these in waves.

ここで、OnePlus のカードボードヘッドセットのひとつを注文できます。 もし「売り切れ」になっていたら、あとで再度試してください。 彼らのこれらのリリースには波があるようです。

Still wondering what the heck this thing is? Here’s a video of me tinkering with the original V1 Google Cardboard:

まだ、これは一体なんだろう?と不思議に思っているのなら、私が工夫したオリジナルのV1 Google Cardboardのビデオをどうぞ。

  • heck - 一体
  • tinkering - 工夫






Google Cardboard (グーグル・カードボード)
ハコスコ
売り上げランキング: 1,251

元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com