読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

SpaceXがFalconの失敗はストラットの欠陥が招いたと語る

天体 SpaceX ロケット・宇宙船 イーロン・マスク 宇宙

SpaceX says faulty strut led to Falcon failure

http://cdn.arstechnica.net/wp-content/uploads/2015/07/spaceXfalconfail.jpg


失敗の本質
失敗の本質
posted with amazlet at 15.07.20
ダイヤモンド社 (2013-08-02)
売り上げランキング: 346

After weeks of investigating the June 28 Falcon 9 failure and scrutinizing data collected from over 3,000 telemetry channels, video channels, and debris analysis, SpaceX thinks it knows what caused the failure. Preliminary data points to the structural failure of a steel strut designed to hold helium pressurant tanks in place inside the upper stage liquid oxygen (LOX) tank.

6月28日のFalcon9の失敗から、数週間にわたって行われた調査と3000以上の遠隔測定チャネル、映像チャネル、宇宙ごみの分析などから収集したデータの精査を終え、 SpaceXは、なにが失敗を起こしたかを知っていると考えている。 集められたデータが指し示すのは、鉄製のストラット(支柱)の構造上の欠陥です。 これは、ヘリウムの圧力タンクを保持する為に設計されたもので、上部ステージの液体酸素タンクの内部に位置しています。

  • investigating - 調査
  • scrutinizing - 精査
  • telemetry - 遠隔計測、遠隔測定
  • Preliminary - 予備的、前置。

Following an on-time launch on June 28, a SpaceX Falcon 9 rocket carrying the Dragon cargo vehicle broke apart over the Atlantic Ocean. Approximately 139 seconds into the flight, just prior to the first stage separation, the vehicle disintegrated. Directly following the launch failure, Gwynne Shotwell, SpaceX COO and president, attributed the anomaly to an over-pressurization of the upper stage. The cause of the over-pressurization was unknown until the flight data had been analyzed.

6月28日の打ち上げの時を振り返ってみると、Dragon カーゴビークルを運ぶ SpaceX の Falcon 9 ロケットは、大西洋上に壊れて分散した。 おおよそ、飛び立ってから139秒、第一弾ロケットの分離直前に、その乗り物は崩壊しました。 SpaceX の COO 兼社長の Gwynne Shotwell が、打ち上げ失敗を直接振り返って、上部ステージの過加圧への異常によって引き起こされたとしています。 過加圧の原因は飛行データが分析されるまで不明です。

  • Approximately - おおよそ
  • just prior to ~ - ~の直前
  • disintegrated - 崩壊した
  • attributed - 起因した
  • anomaly - 異常

During a media teleconference today, SpaceX CEO Elon Musk emphasized that the findings are preliminary and will be further scrutinized. The results have been shared with the FAA and all of SpaceX’s commercial partners before they were shared with the public. Musk said everyone agrees the strut failure is the likely cause.

本日のメディアのテレビ会議で、SpaceX のCEO イーロン・マスク氏は、その発見は予備であり、もう少し精査されるだろうと強調しました。 その結果は、公表される前に、FAAや全てのSpaceXの商業的パートナーと共有されます。 マスク氏は全ての人がストラットの欠陥が原因のようだと同意したと語りました。

  • teleconference - テレビ会議
  • emphasized - 強調した
  • scrutinized - 精査
  • the likely cause - 考えられる原因

So what exactly happened? The Falcon 9’s upper stage is fueled by RP-1 (a kerosene derivative) and uses liquid oxygen as an oxidizer. As the fuel is depleted, helium fills the tank to maintain pressure. There are several helium tanks in the upper stage, held in place by small stainless steel struts. The struts are certified to withstand up to 10,000 lbs of force; however, the faulty strut failed after sustaining 2,000 lbs—one fifth what it was rated for.

そうであるなら、何が本当に発生したでしょう? Falcon 9の上段のステージは、RP-1(石油誘導体)の燃料で満たされ、液体酸素を酸化剤として使用しています。 燃料が枯渇したので、ヘリウムが圧力管理のためにタンクを満たします。 複数のヘリウムタンクが上段のステージにあります。それらは、小さなステンレス鋼のストラット(支柱)によってその場所に保持されています。 支柱は、1万ポンドまでの力に耐えることが認定されています。 しかしながら、欠陥のあるストラットは、定格の5分の1である2000ポンドの力が維持された後に、失敗しました。

  • kerosene - 灯油、石油、オイル
  • derivative - 誘導体
  • oxidizer - 酸化剤
  • depleted - 枯渇した
  • certified - 認定された
  • withstand - 耐える

As the stage accelerates and G forces rise, you would expect materials in the stage to be pushed down, but instead they want to float up. Buoyancy of materials within the stage increase proportionally to G ratings. So as more G forces are exerted on the rocket, the more buoyant the tanks inside become. The purpose of the struts is to keep the tanks in place.

ステージが加速すればG(慣性による重力)が発生しますので、ステージ内にある物は押さえつけられると考えられるのですが、それらは逆に浮き上がろうとします。 ステージ内の物体の浮力は、Gに比例して増加します。 ですから、大きな重力がロケットに発生し、より大きな浮遊性のタンクが内側になったのです。 これらのストラットの目的は、そのタンクを元の場所に保ちつづけることです。

  • Buoyancy - 浮力
  • exerted - 及ぼされた

死神の浮力
死神の浮力
posted with amazlet at 15.07.21
伊坂 幸太郎
文藝春秋 (2013-07-30)
売り上げランキング: 12,065

Over the course of Falcon’s history, several thousand of these struts have flown, all without issue. (The same struts are flown on both the first and second stage of the Falcon.) Data analysis and the use of acoustic triangulation point to one strut in the upper stage as cause of the failure. This support strut appears to have buckled at 3.2 G, allowing the tank to spew helium into the upper stage. Not long after the bottle broke free, data shows the flow of helium pinched off and pressures returned to nominal; unfortunately the damage had been done.

Falconが歩んだ歴史のコース全体で、幾千ものこれらストラットが飛ばされて、全てにおいて問題がありませんでした(同じストラットがFalconの第一弾と第二段のステージで、飛ばされます)。 データ分析と音響の三角測量の使用が、上段のステージのひとつのストラットに失敗の原因があることを示しました。 このサポートのストラットは、3.2Gで折れ曲がりが見られ、上段ステージへ、タンクのヘリウムを吐き出させてしまった。 自由にボトルが壊れてすぐに、データは、ヘリウムの流れを検地して、圧力は最小値に戻りました。残念ながらダメージが発生してしまったのです。

  • acoustic - 音響
  • triangulation - 三角測量
  • buckle - 圧力などにより折れ曲がる
  • spew - 吐き出す
  • pinched - 挟まれた
  • unfortunately - 残念ながら

Since the second stage was not yet operational, the fuel in its tank had not been used, and only a small amount of gas could have caused the LOX tank to over-pressurize. If the helium tank had ruptured, then the data would show a rapid release of gas, and that is not what the data shows.

2段目のステージは、まだ使用可能ではなかったので、タンクの燃料は使われませんでした。ですから、少量の気体だけが、LOXタンクの過加圧への原因になり得たのです もしヘリウムタンクが崩壊していたのなら、データは急速な気体の放出を示すでしょうが、データはそれを示していません。

  • operational - 使用可能
  • ruptured - 破裂した

Going forward, SpaceX will switch strut suppliers and will test each and every strut prior to installation on the Falcon 9. In addition, the company will be upgrading the computer software on their Dragon cargo vehicle. Right now, both crewed and cargo Dragon are equipped with parachutes in case of an emergency; however, only the crewed version has the software equipped to deploy those chutes.

前へ進む SpaceX は、ストラットの供給者を変更し、それぞれ全てのストラットを、Falcon 9 に設置する前に、試験するでしょう。 加えて、同社は、彼らのドラゴンカーゴビークルのコンピューターソフトウェアをアップグレードしたいと思っています。 すぐに、両方の有人とカーゴのドラゴンは、緊急時に場合にパラシュートが装備されます。 しかしながら、有人バージョンだけが、それらのシュートを展開するためにソフトウェアを搭載します。

  • crewed - 有人
  • chutes - 低いレベルに物事を搬送するための傾斜路またはスライド。いわゆる「樋」ですが、ここではパラシュートを示しているようです。なるほどパラシュートってそういう意味だったのですね。

Following the June anomaly, SpaceX reported that the Dragon cargo vehicle survived the incident and even received telemetry from the craft until it crashed into the Atlantic Ocean. If the cargo Dragon had been equipped with the same software as the crewed version, the chutes could have been deployed, and the vehicle and its over 4,000 pounds of cargo would have been recovered. During today’s teleconference, Musk said that all versions of Dragon will be equipped with this software in the future.

6月の以上に続いて、SpaceXはドラゴンカーゴビークルがこの事故を生き残ったことと、大西洋に衝突するまで、その船から遠隔計測データを受信したことを報告しました。もし、そのカーゴドラゴンが有人バージョンと同じソフトウェアを装備していたのであれば、そのパラシュートは展開されていたことでしょう。 そしs、その乗り物と、400ポンドを超えるカーゴは、回復したでしょう。 本日のテレビ会議の間、マスク氏は、ドラゴンの全てのバージョンが、将来、このソフトウェアを装備することになると言いました。

Musk also said this was a good learning experience for the company, “This is the first time we’ve had a failure. So, to some degree, we became complacent. With all the successes in a row this is an important lesson and something we will take with us into the future.”

マスク氏は、また、これは同社にとっての良い学習の経験だと言いました。「これは、わたし達が初めて失敗した最初の経験です。ですから、ある程度、わたし達は無関心になります。列に並ぶ全ての成功にとって、これは重要な教訓であり、私たちが私たちによって未来を得るためのものなのです。」

  • complacent - 無関心

SpaceX expects to return to flight within the next couple of months, most likely in September 2015. Musk is not sure which flight will launch first. Prior to the June failure, SpaceX’s next launch was scheduled for August 9 with the launch of NOAA’s Jason-3 satellite. The company expects no delay to their commercial crew endeavors; however, the first test launch of their Falcon Heavy rocket is expected to move to spring of 2016.

SpaceX は、次の2ヶ月以内のフライトへの復帰を期待しています。最もありそうなのが、2015年9月です。 マスク氏は、どのフライトが最初になるか、確信は持っていません。 6月の失敗に先立って、SpaceXの次の打ち上げは、NOAA の Jason-3 衛星を打ち上げる8月9日に予定されています。 同社はかれらの商業的乗組員の努力が遅れないように期待しています。 しかしながら、彼らの重たいFalconロケットの打ち上げは、2016年の春に移動されるように見られています。

  • endeavors - 努力

元記事は以下からどうぞ。

arstechnica.com