読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

望遠鏡を出して見よう:ペルセウス座流星群のピークは今夜

NASA 天体 SpaceX ロケット・宇宙船 宇宙

流星群は肉眼のほうが良い気がします。

Get your telescopes: the Perseids meteor shower peaks tonight

http://o.aolcdn.com/dims-shared/dims3/GLOB/crop/3072x1808+0+206/resize/1200x706!/format/jpg/quality/85/http://hss-prod.hss.aol.com/hss/storage/midas/234ce3e151fd0fd2a8c201085732a15d/202464957/4915689396_b4581ced23.jpg



It's that time of the year again when you can enjoy a spectacular natural light show in the sky, courtesy of the Perseids. The meteor shower peaks tonight, so if you're living somewhere in the Northern Hemisphere, ready your binoculars, telescopes and cameras -- or don't, since it's perfectly visible to the naked eye -- because it'll be raining light streaks until the early hours of August 13th. NASA says the skies' conditions are especially good this year, as the moon is nearly new and doesn't reduce the shower's visibility. You know what does affect its visibility, though? City lights. If you can't drive away from all the light pollution to watch the Perseids yourself, you can do the second best thing and tune in to NASA's live broadcast starting at 10PM to 2AM (ET).

年に一度の、空の壮大な自然の光のショー、ペルセウス座流星群を楽しめる時ですよ。 流星群のピークは今夜、ですから、もし、北半球のどこかに住んでいるなら、双眼鏡や望遠鏡、そしてカメラを準備 ― または、肉眼で完璧に見えますので準備しなくてもかまいません ― なぜなら8月13日の早い時間帯から雨のような光の筋となるでしょうから。 NASAは今年の空の状態は特に良いと言っています。月は新月に近いので、流星群を見えにくくしません。 なにがその見えやすさに影響するのかご存じですか?それは街の光です。 もし、ペルセウス座流星群を貴方自身が見るために、すべての光害から離れてしまうために、車の運転ができないのならば、2番めの良いことを実行できます。午後10時から午前2時(米国東部標準時間 ― 日本時間では8月13日の昼12:00~16:00)までのNASAのライブ放送を見られますよ。

The Perseids meteor shower happens when the Earth passes through the dust and gravel left by the comet Swift–Tuttle when it drops by the inner solar system every 133 years. We were actually supposed to see some high-res images of the phenomenon captured by the ISS crew this year. Unfortunately, it just wasn't meant to be: NASA's original meteor shower camera blew up with the Antares rocket in 2014. Its backup tried to make it to the space station aboard SpaceX's Falcon 9 rocket this June during a resupply mission, but as you know, that one exploded, as well.

ペルセウス座流星群の流星は、133年毎に現れるスイフト・タットル彗星が、太陽系内に落として残していった塵と砂利を、地球が通過するときに発生します。 この現象を、今年のISSの乗組員が撮影し、いくつかの高解像度画像を見れることが、実際に想定されています。 しかし、残念ながら、それはNASA独自の流星観測カメラによるものではありません。 それは2014年に Antares ロケットと共に爆発しました。そのバックアップをこの6月、SpaceXのFalcon 9 ロケットに積んで、再補給ミッションの間に 宇宙ステーションにつくろうとしましたが、ご存知のように、それも同様に爆発しました。

  • gravel - 砂利

youtu.be

youtu.be


元記事は以下からどうぞ。

www.engadget.com