ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Auro Robotics (YC S15) が大学のキャンパスで無人シャトルシステムをテスト中

Auro Robotics (YC S15) Is Testing A Driverless Shuttle System On College Campuses

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/08/auro-robotics.png?w=738



College students may soon be taking autonomous shuttles from class to class and wherever else they need to go on campus.

もうすぐ大学生たちは、教室から教室へ自律運転シャトルで連れて行かれます。キャンパスの他の場所へ行く必要がある場合にも。

YC-backed Auro Robotics is currently testing their driverless shuttle system at several universities, and is actually beginning to deploy shuttles on the campus of Santa Clara University.

The company is also planning to expand to other markets like amusement parks, retirement communities and small islands, with some projects in those spaces already set to take off “in the later part of this year.”

Auro has chosen to focus on these small, contained environments largely because they are controlled by private corporations, and thus are not subject to the heavy government regulation that Google and other companies are stuck behind with their driverless cars.

YCに支援された Auro Robotics が、現在彼らの無人シャトルシステムを複数の大学でテストしており、実際にサンタクララ大学のキャンパスにシャトルを展開し始めています。

この企業は、アミューズメントパークや、退職者のコミュニティー、そして、小さな島のような他の市場へ拡張も計画しています。 いくつかのプロジェクトで、それらの空間は「今年の後半に」開始するよう既に設定されています。

Auro は、これらの小さなものに焦点を当てることを選択しました。それらは、それらは民間企業によって制御されるため、大きな環境を含んでいます。 そして、このようにして、Googleや他の企業が彼らの無人運転車で停滞している、政府の重い規制に対する被験者ではなくなっています。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/08/unnamed2.jpg?w=336&h=189

Current shuttle prototype from Auro Robotics, founded by Nalin Gupta, Jit Ray Chowdhury and Srinivas Reddy.

Auro Robotics社の現在のシャトルのプロトタイプ。同社は、Nalin Gupta、Jit Ray Chowdhury、Srinivas Reddyによって設立された。

“The unique advantage this strategy gives us is that we are able to mobilize the shuttles now instead of waiting for the next five or ten years for laws to get through,” Auro Robotics CEO Nalin Gupta said.

Gupta told me that the main challenge in designing an autonomous vehicle for these sort of areas is building one that can smartly and safely navigate heavy pedestrian traffic, something he said their team has been finessing for some time now.

「この戦略が我々にもたらす他に無い利点は、私たちが次の5年10年で法律が作られるのを待つ替わりに、このシャトルを動員できるということです。」と、Auro Robotics社のCEO Nalin Gupta が、語りました。

Guptaは、そのような領域での自律運転車の設計における主な挑戦は、歩行者に重きをおいたスマートで安全なナビゲーションを構築することと、 彼らのチームが現在技巧を凝らしてきたと彼が言っている何かです。

finesse - 技巧

The team actually creates a three-dimensional map of the environments that they’re deploying the shuttles in, so that the vehicles can be as responsive and aware of their surroundings as possible.

このチームは、実際に、彼らがシャトルを展開している環境の3次元地図を作成します。 ですから、その車は、できるだけ周辺の状況を知って反応できるのです。

With so many unique factors to account for, efficiency is really of the essence to the group as it hopes to break out and really become one of the dominant players in the autonomous shuttle space. Gupta and his team are rapidly making improvements to the components of their vehicles to make them as intelligent as possible. The group has relied on several third-party technologies such as Polysync to reduce the time it takes them to get their vehicles out on the market.

The company is currently working on two separate models of their shuttles, so that, depending on the needs of the area, the vehicles can either follow a closed-loop route with pre-defined stops or could be called on-demand to pick up a user and drop them off at a location that they define.

説明するための多くのユニークな要因、効率は自立運転シャトルの空間で支配的なプレイヤーの一つになることを望んでいるそのグループにとっての現実の本質です。Guptaと彼のチームは、急速に彼らの乗り物のコンポーネントを可能な限り知的にするために改善しています。 このグループは、彼らの車を市場へ投入するための時間を短縮するために、Plysyncのような、複数サードパーティの技術に依存していました。

この企業は、現在、彼らのシャトルの2つに分けられたモデルに取り組んでいます。 このため、その分野のニーズに依存していて、その車は、事前に定義された停車位置でクローズドループの経路をたどることが可能で、オンデマンドと呼ばれる、彼らが定義した場所でユーザーを拾ったりおろしたりすることもできます。

Driverless cars may be a bit off from hitting mainstream, but it seems the campus of the future is already on its way.

無人運転車は、主要な流れから少し外れているかもしれないが、未来のキャンパスはその道の上にあるように見えています。


シャトルバスにのって
飯田 朋子
新日本出版社
売り上げランキング: 943,455

元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com