読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Appleの電気自動車は実在する-ほとんどテスト可能な状態で

Apple 自動運転

Apple’s electric car is real, and it’s almost ready for testing

http://cdn.cultofmac.com/wp-content/uploads/2015/04/AppleCarFront34_v003-780x439.jpg



Apple is definitely working on a self-driving car project, and according to some new documents, Project Titan appears to be further along than anyone thought.

Appleは間違いなく自動運転車のプロジェクトに取り組んでいます。そして、いくつかの新たな文書によると、プロジェクト Titan は、誰もが考えるのよりもっと先に現れます。

  • definitely - 間違いなく

Rumors of Apple’s car project first starting surfacing at the beginning of this year, with an announcement not expected until 2020 at the earliest, but the Guardian reports that Apple is already trying to secure a super-secret Bay Area test facility for the electric car.

Apple engineers met with officials from GoMentum Station in May, reports the Guardian, claiming Apple plans to turn the 2,100-acre former naval base in near San Francisco into a high-security testing ground for autonomous vehicles.

In documents obtained under a public records act request, Apple engineer Frank Fearon wrote: “We would … like to get an understanding of timing and availability for the space, and how we would need to coordinate around other parties who would be using [it].”

今年の初めに最初に出だしたAppleカープロジェクトの噂は、最も早くて2020年になるまで、発表は期待されないというものでしたが、 Guardianは、Appleが既に極秘のベイエリアの電気自動車用テスト施設を確保を試していると報告しています。

Guardianの報告では、5月に Appleのエンジニアが、GoMentum Stationからの職員に会い、 サンフランシスコの近くにある2100エーカーの元海軍基地を、自律運転車の高セキュリティなテスト地点に変えるというApple社の計画を主張しています。

公的記録で得られた文書の中で要求を演じている。Appleのエンジニア Frank Fearon が書いているのは: 「私たちは、そのスペースのためのタイミングと可用性の理解を得たいのです。そして、如何に私たちが他のそれを使用しようとしている当事者たちの周りに合わせる必要があるかということを。」

Details on the Apple Car and it’s features are still unknown. Tim Cook reportedly signed off on the project last year. A team of hundreds of engineers have been quietly working on the project at an anonymous office building in Sunnyvale for the past year, just four miles away from the main campus.

If Apple does use the GoMentum Station, it would have access to the ‘largest secure test facility in the world.’ Mecedes-Benz and Honda have already used the world war two era facility’s 20 miles of paved highways and city streets for their own self-driving car experiments.

GoMentum Station’s testing grounds feature highway overpasses, cattle grids, railway crossings, tunnels and almost everything else Apple could want to test its electric car in a realistic scenario. Best part about the facility is it’s guarded by the military, so any Apple fanboys looking to get a peak at Jony’s car design will be thwarted at all attempts.

このApple Carとその機能の詳細はまだ知られていません。 Tim Cook は昨年このプロジェクトに署名をしたと伝えられています。 昨年、数百人のエンジニアを抱えるあるチームは Sunnyvale の匿名のオフィスビルで、そのプロジェクトに粛々と取り組んできました。 それは、メインキャンパスからちょうど4マイル離れた場所です。

もし、AppleがGoMentum Stationを使用しているなら、それは、「世界で一番大きく安全なテスト施設」に近づくでしょう。 メルセデス・ベンツとホンダは既に、第二次世界大戦時代の施設の20マイルの舗装された高速道路と都市部の道を、彼ら独自の自動運転車のために使用しています。

GoMentum Stationのテスト地は、高速道路のオーバーパス、家畜の格子、鉄道の交差、トンネル、そして、アップルがその電機自動車の現実的なシナリオでテストするために欲しがっている、その他ほとんどすべての機能を持っています。 その施設についての一番よい部分は、その軍によって守られているということです。 ですから、どんなAppleファンが、Jonyの車のデザインのピークを得ようと探しても、その試みは挫折するでしょう。

  • era - 時代
  • thwarted - 挫折

元記事は以下からどうぞ。

www.cultofmac.com