ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

DJI Phantom 3 最大のライバルは Yuneec 4K Typhoon

DJI's Phantom 3 has its biggest rival in Yuneec's 4K Typhoon drone

http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/40265158641ce06bd000e1e5a390a8a8/202475183/yuneecq5004k.jpg



We'd understand if you're not familiar with Yuneec; we've only written about its products twice. However, it's fairly well-known in the quadcopter world, and best described as a direct rival to DJI. When I reviewed DJI's 4K Phantom 3 Professional drone ($1,259), a reader asked if we could compare it to Yuneec's rival Typhoon Q500 model (around $1,100, but with a lower-res 1080p camera). Days later, Yuneec announced an updated Typhoon with 4K shooting for $1,299, making the comparison much easier. It only seemed fair to grant our reader's wish, and check out what the new Typhoon had to offer.

Yuneecについて良く知らないかもしれないのは理解できます。その製品については2回しか記事を書いたことがありません。しかし、クアッドコプターの世界では、少しは良く知られています。そして、DJIの直接的なライバルとして描かれます。DJIの 4K Phantom 3 プロフェッショナルドローン(1259ドル-約16万円)をレビューした時、読者から、Yuneecの Typhoon Q500 モデル(だいたい1100ドル。ただし1080pの低解像度カメラ)と比べてどうなのかとたずねられました。その後、Yuneecは4Kで撮影するTyphoonの更新を1299ドルで発表しました。これで比較がとても簡単になりました。 読者の願いがかない、新しいTyphoonが何を提供するかをチェックしましょう。



The similarities between DJI's and Yuneec's consumer quadcopters are many. Both have 4K cameras with stabilizing gimbals. Both are "ready to fly," which mostly means there's no assembly required; just charge and go. Both are easy for beginners to control, and both offer first-person view (aka FPV), or the ability to see what the camera is seeing in the air in real time, usually via the transmitter/controller. There are other products that offer a similar feature set, but DJI and Yuneec have done a good job packaging them in ways that appeal to new flyers and hobbyists alike.

DJIとYuneecの消費者向けクアッドコプターの類似点は多い。 どちらも安定用ジンバルに4Kカメラを装備。どちらも「すぐに飛ばせる」。つまり組立不要で充電するだけという意味です。 両方とも初心者用に簡単に制御でき、1人称視点(FPV)か、または、リアルタイムに空中からカメラが撮影している映像を見る能力や、通常は送信機コントローラも提供します。 似た機能のセットを提供する他の製品がありますが、DJIとYuneecは新しい飛行者とホビーストのような人たちにアピールする色々な方法でのパッケージングに良い仕事をしたのです。

There are also some significant differences and on paper, at least, many of them are in Yuneec's favor. Despite being slightly more expensive, the Typhoon offers better value. The $1,299 4K version is available with a carry case (you'll need to buy one for your Phantom). It also comes with two batteries versus one on the Phantom. Then there's the transmitter, which has a built-in touchscreen display. This is how you view what the Typhoon's camera sees (you can also use it to access settings). In contrast, DJI users need a phone to do this, this approach works well, but is one more thing to bring along/charge. The last, and perhaps coolest extra with the Typhoon, is the Steadygrip, a hand-held mount for the 4K camera. Detach it from the drone, clip it to the accessory and you can film smooth video on the ground, too. DJI's working on a similar product, but it's not available yet, and won't ever be in the box of the Phantom 3 (the camera is non-removable).

大きく違うところもまたあります。新聞の上では、少なくとも、それらの多くは、Yuneecの好意にあります。 すこし高価にもかかわらず、Typhoonは良い価値を提供しています。1299ドルの4Kバージョンは、キャリーケースつきです(Phantomのためには購入する必要があるでしょう)。 バッテリーは、Phantomでは1つに対して2つのバッテリーがついてきます。そして、タッチスクリーンが組み込まれた送信機があります。 これは、Typhoonのカメラが見ている風景をどのように見られるかということです(あなたはそれを設定にアクセスすることで使うことも可能です)。 対照的に、DJIのユーザーがそれを行うにはスマホが必要です。 このアプローチは上手く動作しています。しかし、これはもうひとつの充電に関連したことをもたらします。 最後に、そして、Typhoonでもっともクールな追加のことは、Steadygrip という4Kカメラのための手で保持するマウントです。ドローンからそれを外せは、周辺機器にはさんで、地上でもスムースなビデオ撮影が可能です。DJIの同じような製品の動作は、まだ利用可能ではなく、Phantom 3の箱には入っていませんでした(カメラは取り外しできません)

  • Despite - にもかかわらず。
  • In contrast - 対照的に

http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/b1f03a5dab88e8b75d871172a06c5441/202479993/YUN00012.jpg

You're also getting more flight features with the Typhoon. The ground station has GPS in it (actually, most quadcopters do, but not always the transmitter). This means the Typhoon has options like "follow me" and "watch me," which Phantom 3 doesn't have right now (but some features are coming eventually). So, the Yuneec is the one to get, right? Maybe. The real test is taking it up in the air and shooting some video. Which is, of course, what I did.

Typhoonではもっと多くの飛行機能も得られます。地上のステーションはGPSを内蔵しています(実際に多くのクアッドコプターに装備されていますが、送信機には通常ありません)。 これは、Typhoonは「フォロー・ミー」と「ウォッチ・ミー」のような、現在Phantom 3には無い(ただし最終的には装備する)オプションを持っていることを意味しています。 現実のテストは、空中で撮影された動画のなかにあります。それは、もちろん、私が行いました。

I'll preface my impressions by stating that I learned to fly on a Phantom, and have flown one for many hours, so this is what I am used to. Yuneec made the Typhoon pretty easy to fly. I had a few minor wobbles the first time, but this might be because of my prior Phantom experience. One example is that, by default, the Typhoon won't fly within 26 feet of you (or, really, the transmitter).

私はPhantomの飛ばし方を学び、多くの時間、漂わせてきたことを、記述することで、私の印象を最初に紹介します。つまり、これは私がしてきたことです。 Yuneecは、Typhoonをとても簡単に飛ばせるように作りました。 最初には少しだけぐらつきましたが、これは、その前のPhantomの経験に起因するものかもしれません。 ひとつの例として、デフォルトで、このTyphoonは、あなたから(いや正確には送信機から)26フィート以内を飛ぶことは無いのです。

  • wobbles - ぐらつき。

This caught me off guard when I first tried to land, as I'm used to bringing the Phantom in real close, and sometimes "catch landing" (getting it low enough to hold the landing gear, and make it think it's on the ground). I had the Typhoon above water, and it wouldn't come nearer. I had to walk backward far enough to be able to land it on solid ground, and not in an ideal spot (see the photo at the top of this article). The same problem can catch you out mid-flight, too. It'll suddenly stop moving as it hits the exclusion zone around you. I get it; it's a safety feature (and one you can turn off).

私が最初に着陸を試みたときに、これは私を防御してくれました。私はPhantomをとても近く、時には「キャッチ・ランディング」(着陸装置をつかめるほど低く、そして地上に降りていると思わせる)なかへ持ってきていましたので。 それが地面に着陸できる十分遠くまで、理想的なスポットではないところ(この記事のトップの写真を見てください)まで、私は後ろへ下がる必要がありました。 同じ問題は、中間のフライトでもあなたを捕まえるでしょう。 それは突然、あなたの周りの除外されるゾーンとして、動きを止めます。 私は、これが安全性の機能だと理解しました(そしてこれはオフに出来ます)。

  • ideal - 理想的な

http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/cdfebaa395740ff54711733698310bc2/202480006/yuneedtransmit.jpg

The Typhoon's biggest problem in the air, I found, was that it's not as responsive as the Phantom. DJI's consumer product is quite a bit smaller, and responds quickly to any touch on the controls. You can throw it left to right quite sharply, and it'll visibly pitch (but hold its position), and it manages to do so while keeping the camera steady -- though if you really throw it, the landing gear/propellers can get in the shot. The Typhoon felt more sedate. Not sluggish, but less immediate. You can control its speed, but that doesn't change the general responsiveness. Some might say this is a benefit, since I only once got propellers in the shot. But I do prefer the tighter feel of DJI's setup.

私が見つけた、空中のTyphoonの一番大きな問題は、Phantomのような応答性が無いということでした。DJIの消費者製品はかなり小さく、そして、どんな制御でのタッチにも、素早く反応します。 左から右へとてもシャープに投げることが可能で、ピッチは見えていて(しかしその位置は保ち)、カメラの安定を保持している間、それを管理します -- 本当にそれを投げたとしても。着陸装置とプロペラは、そのショットに得られます。Typhoonはもっと落ち着いていると感じました。 のろいのではありませんが、直接性が少ないのです。そのスピードは制御できますが、一般的な反応性は変わらない。 これは恩恵だと誰かは言うかもしれない。一回だけプロペラが写真に写ったことがあるので。 しかし、私は、DJIの設定のタイトな感じを好みます。

  • sedate - 落ち着いた
  • sluggish ー低迷、のろい

What the Typhoon does have going for it is excellent battery life, so you get more time in the air. On average I got 20 minutes before it would start warning me to bring it home. The Phantom 3 starts complaining between 15 and 17 minutes, I've found. It might not seem like a big difference, but those extra few minutes feel like hours when you're behind the sticks. One minor thing: I've never been a fan of how the Phantom 3 looks, but I like the Typhoon even less. As one colleague put it, it looks like it should fire Nerf bullets. It's a little... on the boyish side. The Phantom 3 isn't handsome, but smaller and more unthreatening.

Typhoonがその素晴らしいバッテリーのもちのために、空中で多くの時間を得られます。 家に持って変えるよう警告されはじめるまで、平均して20分でした。 Phantom 2は、15から17分の間だと知りました。それは大きな違いでは無いように見えますが、しかし、この余分な時間は操作中には数時間のように感じられるものです。 細かなことをひとつ:私は、決してPhantom 3の 見た目を楽しみません。しかし、多少Typhoonは好きです。一人の同僚がそれを置いたとき、それは火災を弱める弾丸であるかのように見えました。 これは、少し、子供っぽい一面かもしれません。Phantom 3はハンサムではありません。しかし、小さくて、あまり脅迫的ではありません。

  • colleague - 同僚

元記事は以下からどうぞ。

www.engadget.com