ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ホーキング博士が世界へ語るあのソフトが今やフリーになりました

The software Stephen Hawking uses to talk to the world is now free

http://o.aolcdn.com/dims-shared/dims3/GLOB/crop/3719x2331+57+110/resize/1200x752!/format/jpg/quality/85/http://hss-prod.hss.aol.com/hss/storage/midas/1fb41e8a626bfd8f7807705bc57ca4e3/202494092/E7NMBX.jpg



For almost 20 years, Intel has been building technology to help Stephen Hawking communicate with the world -- and now the company is making the same software the world renowned physicist uses to write books, give speeches and talk available to everybody. For free.

It's called the Assistive Context-Aware Toolkit (ACAT), and it's the very same software Intel baked Swiftkey into for Hawkings early last year. Releasing it as open source software was always the plan, giving engineers, developers and researchers a groundwork they can use to create technology that improves the lives of patients with motor neuron disease and other conditions that make using typical computer interfaces impossible.

おおかた20年間、Intelは、ステファン・ホーキング博士を支援する技術を構築してきました。彼が世界とコミュニケーションするための支援です。 そして、今、同社は、世界的に名高い物理学者が、本の執筆や、スピーチ、そして、みんなに語りかけるために使用しているのと同じソフトウェアを作っているところです。

それは、Assistive Context-Aware Toolkit (ACAT)(文脈認識支援ツールキット)と呼ばれ、そして、それは、Intelが昨年早くホーキングのためSwiftkeyに酔ったのと、まったく同じソフトウェアです。 オープンソースのソフトウェアとして公開することが、その計画であり、運動神経の疾患や、コンピューター操作が不可能にする他の条件の患者の生活を、改善する技術を作るために使用できる基礎を、エンジニアや開発者、研究者に与えました。

  • renowned - 名高い
  • baked - (パンを)焼くの他、酔うという意味もあるようですが・・・

http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/fa15962c2149820cfceca25c7de5971b/202494157/ACAT.jpg


かんたん!  AITalk II Plus [ダウンロード]
エーアイ (2013-07-11)
売り上げランキング: 257

Right now ACAT uses webcam-based face recognition for user control, but Intel says developers can augment it with custom inputs. As is, it still works pretty well: I installed it on a Windows tablet for a quick test run and was able to type simple words by flexing my face muscles in the same manner as Professor Hawking -- patiently waiting for the ACAT system to highlight the menu, letter or predictive text word I wanted before moving my cheek. The system can also open documents, browse the web and gives users surprisingly precise cursor control.

今まさに、ACATはウェブカメラを使った顔認識をユーザーが制御するために使用しています。しかし、Intelは、開発者は、カスタム入力で、それを拡張できると言っています。 それはそのままでも、既にとても良く動作しています。私は、これを、簡単にテストするために Windows タブレットへインストールしてみましたが、顔の筋肉を動かして単純な単語を入力できました。これはホーキング教授と同じやり方です。ACATシステムがメニューや文字、または予測された単語を強調するのを辛抱強く待つ間、私は、自分の頬を動かさないようにしました。 このシステムは、ドキュメントもオープンにしており、ウェブの閲覧も可能、そして、ユーザーに驚くほど正確なカーソル制御を与えます。

  • patiently - 辛抱強く

The base software is available for free on Github, and Intel is hosting a separate site with documentation, videos on features and compatible sensors and a detailed manual to help users get started. If you're having trouble, you can even contact the project's lead directly (his email is published on the ACAT website) for help. All in all, the project's public release is a great step forward to achieving Professor Hawking's dream of making connected wheelchair and assistive computer technology to every person that needs it.

この基本となるソフトウェアは、GitHubで自由に利用可能です。そして、Intel は、文書、機能の動画、そして互換するセンサーや、これから開始するユーザーを支援する詳細なマニュアルを、別のサイトにホスティングしています。もし、あなたが問題を持つなら、このプロジェクトのリーダーへ直接連絡をして支援を要請することさえ可能です(彼のメールアドレスはACATのウェブサイトで公開されています)。 なによりも、このプロジェクトの公開は、接続された車椅子と支援コンピューター技術を、それを必要とする全ての人たちへ届けるという、ホーキング教授の夢を実現する、偉大な一歩なのです。

Check out the project's official Git.Hub page or Intel's project page at the source link below.

このプロジェクト公式の GitHub ページか、Intelのプロジェクトページを以下のリンクからチェックしてください。

01.org

github.com



元記事は以下からどうぞ。

www.engadget.com