読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

iPhone 6sには3段階の次世代フォース・タッチインターフェース「3Dタッチ」 が搭載される

iPhone・iPad・iOS Apple モバイル デザイン

iPhone 6s to have ‘3D Touch’ three-level, next-gen Force Touch interface

https://9to5mac.files.wordpress.com/2015/08/forcetouch1.jpg?w=2500&h=1128



One of the cornerstone features of the iPhone 6s and iPhone 6s Plus, to be announced next Wednesday, is a screen based on the Force Touch technology from the latest MacBook trackpads and the Apple Watch. However, as we noted in previous articles such as our event expectations roundup from yesterday, the Force Touch feature in the new iPhones will actually be a next-generation version of the technology. According to sources familiar with the new iPhones, the new pressure-sensitive screen will likely be called the “3D Touch Display”…

iPhone 6s と iPhone 6s Plus の礎となる機能の一つが、来週水曜日に発表される。 それは最新のMacBookApple Watchからの、フォース・タッチ・テクノロジーの画面です。 しかしながら、昨日から私たちのイベントに対する期待感の総まとめのような以前の記事で記述した通り、新しいiPhoneのフォース・タッチ機能は、確かにその技術の次世代バージョンになるでしょう。 新しいiPhoneに詳しい複数の情報源によれば、新しい感圧画面は「3Dタッチ・ディスプレイ」と呼ばれているようです・・・

  • cornerstone - 礎石、礎

While the MacBook trackpads and Apple Watch sense two levels of pressure, the differentiation between a tap and a press, the new iPhones will actually sense three levels of pressure: a tap, a press, and a deeper press, according to sources. The 3D Touch name is therefore derived from the new Force Touch sensor’s ability to sense three dimensions of pressure, rather than two. This opens up the door to new user-interface tricks, such as shortcut gestures across the iPhone 6s version of iOS 9.

MacBookのトラックパッドとAppleWatchは、タップと押し込んだ時の圧力の違いを2段階で検出しています。複数の情報源によれば、新しい iPhone では、実際に、タップ、押し込みと強い押し込みという、3段階の圧力を検出することになるようです。 従って、この3Dタッチという名称は、圧力を2次元ではなく3次元で検出する新しいフォース・タッチセンサーの能力に由来しています。 これは、iOS 9 のiPhone 6s バージョン全体に渡る、ショートカットジェスチャーのような、新たなユーザーインターフェースのトリックへの扉を開け放ちます。

In an article profiling the new Force Touch feature earlier this year, we shared a few additional examples of how the new iPhone will take advantage of the new screen technology:

今年の早く、新しいフォース・タッチ機能を分析した記事で私たちは、新しいiPhoneが、どれほど新しい画面技術の利点を持っているかという、追加事例を少しだけ共有しました。

  • New to the Force Touch experience, a user can look up a point of interest in the Maps application, and then Force Touch on the destination to immediately begin turn-by-turn directions. Currently, if a user wants to start navigating to a destination, she must search for the point of interest, click the navigation logo on the map view, then click another button to actually start navigating. In this case, the Force Touch gesture will skip two steps.
  • 新しいフォースタッチの体験。地図アプリで興味のあるポイントをユーザーは探すことができ、行き先のフォース・タッチが直接的に方向を変えるたびに開始します。現在は、ユーザーが目的地へのナビゲーションを開始して欲しいなら、興味のある場所を検索しなければならず、地図表示のナビゲーションロゴをタップし、そして、ナビゲーションを開始するために、他のボタンをクリックしなくてはならないのです。この場合、フォースタッチのジェスチャーなら2つのステップをスキップするでしょう。
  • In the Music application, a user can Force Touch on a listed track to be presented with some of the most commonly used actions. For instance, if a user deep presses on the listing for a song, a menu will appear to quickly add the song to a playlist or save it for offline listening. This Force Touch gesture would act as a substitute for clicking the actions button on the right side of each track listing in the Music app.
  • 音楽アプリで、ユーザーは最も一般的に使用するアクションで、トラックリストをフォースタッチできます。たとえば、もしユーザーがリストされたある曲の上で深く押したなら、その曲をプレイリストへ素早く追加したり、オフラインで聴くため保存するためのメニューが現れます。このフォースタッチジェスチャーは、音楽アプリの各々のトラックリストの右サイドにある、それらの動作のボタンとして機能します。
  • Another feature in testing, according to one source, are shortcuts that appear after Force Touching an app icon on the Home screen. For example, if a user deep presses on the Phone app icon, he could choose to shortcut directly to the Voicemail tab. This could also apply to deep pressing the News app icon and being taken directly to either the Favorites or For You tabs.
  • あるひとつの情報源によれば、テスト中の他の機能が、ホーム画面のアプリのアイコンをフォースタッチした後に現れるショートカットです。たとえば、ユーザーがアプリのアイコンを深く押し込んだなら、ボイスメールタブへ直接行けるショートカットを選択できるようになるものです。これは、ニュースアプリのアイコンを深く押したっばいにも適用可能ですし、お気に入りや、あなた向けのタブページへも直接いけるようになるのかもしれません。
  • Some of the Force Touch gestures will come from Apple’s latest MacBooks. For instance, a user can Force Touch a link in Safari to see a preview of that webpage. The gesture also works for deep pressing on an address or contact name to see a preview of a map view or contact card, respectively. Similarly, a user can Force Touch a word to look up its definition.
  • いくつかのフォース・タッチジェスチャーは、Appleの最新のMacBookから持ち込まれるでしょう。たとえば、Safariでリンクをフォースタッチして、そのウェブページのプレビューを見れるというものです。そのジェスチャーは住所や連絡先の名称を深く押したときにも、それぞれ、その地図や連絡先カードのプレビューを見るためにも動作します。同様に、ユーザーは単語の定義を探すためにフォース・タッチできるのです。

With three dimensions, developers will likely be able to create new types of games that take advantage of the new technology. The updated Force Touch screen is also set to make its way to the iPad Pro, where it will be leveraged by a non-traditional-looking stylus accessory. The iPad Pro will be announced on Wednesday as well, according to sources.

3次元で、開発者達は、新技術の利点によって、新しい形式のゲームを作れるでしょう。 更新されたフォース・タッチ画面は、従来型で無いスタイラスアクセサリによって利用される iPad Pro へ、その道を作るために設定されます。 情報源によれば、この iPad Pro も同様に水曜日に発表されるとのことです。

The new 3D Touch screen is likely to work in tandem with a new Taptic Engine to provide physical feedback to the user. Check out our full roundup of what else to expect from the new iPhones, including support for a new 12 megapixel camera with 4K video recording capabilities, an upgraded FaceTime camera, faster chips, animated wallpapers, and a new Rose Gold color option.

この新しい 3D タッチ画面は、ユーザーへの物理的なフィードバックを返すために、新たな Taptic エンジンに相乗りして動作するようです。 その他、新たなiPhoneに期待される事の完全なまとめ記事を参照してください。 そこには、4Kで動画を録画できる120万画素カメラアップグレードされたFaceTimeカメラ、高速化されたチップ、壁紙のアニメーション化、そして、ローズゴールドの新たなカラーオプションが含まれています。


元記事は以下からどうぞ。

iPhone 6s to have ‘3D Touch’ three-level, next-gen Force Touch interface | 9to5Mac