読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ところで iPhone 6sのお値段は...

Apple iPhone・iPad・iOS モバイル

And the Price of the Apple iPhone 6s Will Be …

https://recodetech.files.wordpress.com/2015/04/20150427-apple-iphone-6.jpg?quality=80&strip=info&w=640



Since the debut of the Apple iPhone in 2007, the slide that typically followed the end of the onstage introduction was a simple chart advertising its delightfully low cost — starting at just $199 with a two-year contract, $99 for the outgoing model and even free for older versions.

2007年に Apple iPhone がデビューして以来、通常、ステージでの紹介の終わりに続くスライドは、そのうれしい低コストを宣伝するシンプルなチャートでした。2年契約で199ドルに始まり、過去のモデルは99ドル、さらに古いモデルはフリーです。

  • delightfully - 楽しい、うれしい
  • two-year contract - 2年契約

But with multi-year contracts and the subsidies that accompanied them being phased out, Apple faces a new dilemma on how to hide the basic fact that behind that shiny new iPhone is a device that costs upward of $650 — and in some cases close to $1,000.

しかし、複数年の契約と、同時に段階的に廃止される補助金で、Appleは新しく輝くiPhoneの背景として、コストが650ドルに上る ― 時には1000ドル近くなる ― という基本的な事実を、如何に隠すかという、新たなジレンマに直面しています。

  • subsidies - 補助金
  • accompanied - 同行した
  • being phased out - 段階的に廃止される

That has been true all along, but the carrier subsidies have hidden the cost to consumers. Instead, carriers recouped the difference between the upfront cost and manufacturer’s retail price by building it into their customers’ monthly bill.

それは全くの真実でしたが、キャリアの補助金はそのコストを消費者に対して隠されていました。替わりにキャリアは、顧客の月の請求書に入れることで、初期費用とメーカーの希望小売価格の差を取り戻しました。

  • recouped - 取り戻した
  • upfront cost - 初期費用
  • manufacturer’s retail price - メーカーの希望小売価格

On Wednesday, when Apple introduces the new iPhone 6s and 6s Plus, expect them to steal a page from the infomercial playbook. Apple will likely focus attention on how, with virtually no money down and low monthly installments, consumers can walk out of the store with the latest greatest device. It is a strategy the U.S. carriers have also borrowed to sell consumers on such phone financing plans. The iPhone 6, for instance, cost just a little over $21 per month over a 30 month period for a total of $650, which is the equivalent of the full retail price of the phone.

水曜日に、Appleが新しい iPhone 6s と 6s Plus を紹介するとき、その宣伝用の脚本のページを盗用すると思われます。 Appleは、事実上の価格引下げ無しと毎月の分割払いで、どのように、消費者を最新の素晴らしい機器を求めて店を歩かせるか、というところへの注意に焦点を当てるでしょう。 それは、米国のキャリアが、そのような携帯電話の財務計画に於いて、消費者へ売るために、借りをつくるという戦略でもあります。 例えば、iPhone 6s はのコスト、合計650ドルのためには、毎月21ドル強で、30ヶ月以上です。これは、この電話機の完全な希望小売価格と同じです。



It’s worth noting, however, that carriers aren’t actually charging you more or less for the phone and service. In the past, when carriers offered to sell phones at lower prices of $199, it factored the cost of a discounted phone into what it charged per month. Consumers who pick up new phones using the new financing plans get a roughly $25-per-month discount, essentially making things a wash.

それは注目に値します。しかしながら、そのキャリアは、実際には、あなたの携帯電話とそのサービスについて、多かれ少なかれ課金していません。 過去には、キャリアが199ドルという安値で携帯電話を販売して提供していたときは、値下げされた電話のコストを月ごとの課金額に織り込んでいました。 新しい支払い計画を使って、新しい電話を手にする消費者は、一ヶ月に25ドルほどの値下げ額を得ます。実質的に、その事はキレイに相殺されています。

For those who really, really want to buy their phone on a two-year contract, there are a few options. AT&T still offers contract pricing, but only through its own stores and websites. Sprint has said it plans to phase out such pricing and has been focused on plans that lease iPhones to customers. Verizon has stopped offering contract pricing to new customers, but will offer existing contract customers an option to continue getting their phones in that manner. T-Mobile is the only carrier that offers no subsidized phone options whatsoever, having dropped such pricing more than two years ago.

本当に本当に電話を2年契約で買いたい人たちにとって、ちょっとだけオプションがあります。 AT&Tは契約価格をまだ提供していますが、それは単に、その店舗やウェブサイトを通じるだけです。 スプリントは、その価格設定のようなものは段階的に廃止される計画であると言っており、顧客にはiPhoneをリースする計画に注目しています。 Verizonは新規顧客への契約価格の提供を既に止めましたが、習慣として、既にある契約顧客へは、彼らの電話を得ることを継続するオプションを提供するでしょう。 T-Mobileは一切の補助金なしで電話を提供する唯一のキャリアです。2年契約以上の価格設定のようなものは無くしています。

  • whatsoever - 一切の。どんなものでも

The question is why bother, now that you know that it was little more than marketing jujitsu meant to make parting with your cash easier.

Apple declined to comment.

問題は、なぜ煩わしいのかです。いまやあなたは、これが、現金を簡単に手放すための、ちょっとしたマーケティングの裏技みたいなものだと、知っていますよね。

Appleはコメントを控えました。

  • jujitsu - 柔術。まあ日本語で普通に言えば、技、もしくは裏技というような意味になるのでしょう。

価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?
リー・コールドウェル
日本実業出版社
売り上げランキング: 10,471

元記事は以下からどうぞ。

recode.net

広告を非表示にする