読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

NASA特別会見「火星で極めて重大な科学的発見」準備中

天体 NASA 宇宙

NASA Will Announce A Major Mars Discovery On Monday

http://www.iflscience.com/sites/www.iflscience.com/files/styles/ifls_large/public/blog/%5Bnid%5D/mars20150924.jpg?itok=CM3iCu5h

NASA is preparing to reveal a “major science finding” regarding Mars on Monday, with the agency planning a special news conference to announce the findings.

NASAが火星についての「主要な科学的発見」を発表するための特別会見を準備しています。



The event will take place at 11.30 a.m. EDT (4.30 p.m. BST) on Monday, and you will be able to watch it live on NASA TV, which we have handily embedded below. Reporters will be onsite and asking questions by phone, while the public can get involved via #AskNASA.

会見は月曜日、東部夏時間で午前11時30分(英国夏時間で午後4時30分)― 日本時間では2015年9月29日(火)午前0時30分(月曜深夜24時30分) ― から執り行われます。

What will the announcement be about? Well, you’ll have to wait and see, as NASA won’t be releasing any more information to the public until then.

何について発表されるのでしょうか。そう、待つしかありませんね。NASAが会見までに、さらに情報を公開することはありませんから。

Taking part in the news conference will be Jim Green, director of planetary science at NASA Headquarters; Michael Meyer, lead scientist for the Mars Exploration Program at NASA Headquarters; graduate student Lujendra Ojha of the Georgia Institute of Technology in Atlanta; Mary Beth Wilhelm of NASA’s Ames Research Center in Moffett Field, California and the Georgia Institute of Technology; and Alfred McEwen, principal investigator for the High Resolution Imaging Science Experiment (HiRISE) at the University of Arizona in Tucson.

記者会見に参加するのは、NASAの司令部の惑星科学のディレクターである ジム・グリーン、火星探査計画の第一線の科学者マイケル・メイヤー、アトランタのジョージア工科大学の大学院生ルイェンドラ・オーヤ(Lujendra Ojha)、カリフォルニアのモフェットフィールドにあるNASAのエイムズ研究センターとジョージア工科大学のメアリー・ベス・ヴィルヘルム、そして、トゥーソンのアリゾナ大学の高分解能イメージング科学実験(HiRISE)の研究責任者アルフレッド・マクイーウェン(Alfred McEwen)です。

Such events for NASA are not unprecedented, but they do usually herald a major discovery. In July, NASA convened a similar conference to announce the discovery of Kepler-452b, the most Earth-like planet found outside the Solar System to date. While this latest event won’t be announcing life on Mars, its implications could be vital in understanding more about the Red Planet.

このようなNASAのイベントは前例が無いわけではありませんが、これは通常大きな発見の前触れとして行われます。 7月には、太陽系以外で最も地球に似た惑星 Kepler-452b の発見を発表するために、同じような記者会見を開催しました。 この最新イベントで、火星の生命についての発表は行われないでしょうが、あの赤い惑星をさらに理解するためには極めて重要な意味があるかもしれません。


宇宙戦争 (創元SF文庫)
宇宙戦争 (創元SF文庫)
posted with amazlet at 15.09.27
H.G. ウェルズ
東京創元社
売り上げランキング: 93,975

So tune in on Monday for a groundbreaking discovery about a world that we think was once rather similar to our own.

かつて、私たち自身に似ていたと考えている世界の、画期的な発見を月曜日に視聴してください。


以下、NASA発表の翻訳です↓

eigo-no-jikan.hatenablog.com


元記事は以下からどうぞ。

www.iflscience.com