ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

コーディングの未来、全てを一掃する脅威

The Future Of Coding Is Here, And It Threatens To Wipe Out Everything In Its Path

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/09/destroypath.jpg?w=738



APIs — the rules governing how software programs interact with each other — not user interfaces, will upend software for years to come.

API群 - ソフトウェアプログラム同士 ― ユーザーインターフェースではなく ― が、如何にして互いに会話するかを統治するルールです。これは、これから数年の間にソフトウェアを覆すだろう。

When Intel CEO Brian Krzanich doubled down on the Internet of Things at the company’s annual Developer Forum in August, he emphasized what many of us have already known — the dawn of a new era in software engineering. It’s called API-first design, and it presents a tremendous opportunity for developers who adapt — not to mention a major risk for developers (and companies) who don’t.

インテルCEO Brian Krzanich が8月、同社の例年の開発者フォーラムで、モノのインターネットで、負けた掛け金を2倍に増やしたとき、彼は私たちの多くが既に知っていることを強調しました ― ソフトウェアエンジニアリングの新しい時代の幕開けだと。 それは APIファースト設計と呼ばれ、適応する開発者に途方も無いチャンスを与えます ― 適応しない開発者(そして企業)への大きなリスクに言及するものではありません。

Intel isn’t the only heavyweight recognizing the value of APIs. IBM recently got into the world of API management with IBM Bluemix, which allows companies to discover how other developers are using their APIs and design around that feedback. Then Oracle extended its API management suite in June to capitalize on growing revenue opportunities. Other players have been stacking the deck in preparation for API-centric software development for years.

インテルだけが、APIの価値を認識しているヘビー級の企業ではありません。 IBMは最近、他の開発者がどのように彼らのAPIを使用しそのフィードバックの周辺をどう設計しているかということを、企業が発見できるようにする IBM Bluemixで、APIマネージメントの世界へ入りました。 そこで、Oracleは、6月に、成長する収入機会を活用するために、自身のAPIマネージメントスイートを拡張しました。 他のプレイヤーは、何年もの間、API中心のソフトウェア開発のための準備で、甲板に留まっています。

Typically, when people design new products and capabilities, they’re asked to design the UI screens and show how the user experience will look. There are plenty of reasons this approach took off with developers. Touchscreens unleashed a new generation of computing, and fundamentally changed the ways we interact with hardware.

通常、人々が新しい製品と機能を設計するとき、彼らは、UI画面の設計やユーザー体験がどう見えるかについてたずねます。 開発者と一緒に、このアプローチを取るたくさんの理由があります。 タッチスクリーンはコンピューティングの新世代を解き放ち、私たちがハードウェアと会話する方法を、根本的に変化させたのです。

  • unleashed - 解き放つ
  • fundamentally - 基本的、根本的

Connected devices, driverless cars and advanced health tech are just a handful of the new technologies API-first design will enable.

インターネットに接続された機器、無人運転車、そして、進歩した健康テクノロジーは、APIファーストデザインが有効な新技術の一握りに過ぎない

Apple and Google have proven that ease of use is both a consumer and enterprise priority. What’s more, the emergence of Augmented and Virtual Reality platforms prove people are constantly exploring new ways to experience content. But as devices proliferate, system-to-system interactions will dominate people-to-system interactions. Systems don’t need pretty interfaces, they need well-defined contracts. They need APIs.

AppleGoogleは、使いやすさを消費者と企業の両方で優先することの実績がある。 さらに何があるでしょう。 実績のある拡張及び仮想現実プラットフォームの出現は、人々が常にコンテンツ体験の新しい方法を模索することを証明します。 しかし、機器が増えることで、システム同士の相互作用は、人とシステムの相互作用を支配するでしょう。 システムは綺麗なインタフェースを必要とせず、上手く定義された契約を必要とします。つまりAPIが必要なのです。

  • proven - 実績がある
  • ease - 楽にする
  • proliferate - 増殖する
  • interactions - 相互作用

Just in mobile, one can think of 10 different interfaces. Then there are web, client-server and thin client — it can be overwhelming. The only way to gain control is to focus on the API layer; it’s not even worth thinking through the fragmentation of the interface layer, especially if one is providing a service. Take Netflix, for example. How can a video streaming service with such a simplistic user interface scale to more than 63 million users accessing their video library from hundreds of device types from all across the globe? Excellent APIs.

モバイルでは、10の違ったインターフェースが考えられる。そこで、ウェブやクライアントサーバーモデル、そしてシン・クライアント ― これが圧倒的な量になりうる ― が存在する。 制御を取得する唯一の方法は、API層に焦点を合わせることだ。インターフェース層の断片化について考えることは、たいした価値が無い。 特に、サービスを提供しているのなら。 Netflixの例を見てみましょう。あのような単純化されたユーザーインターフェースのビデオストリーミングサービスが、数百のデバイスで、全地球上から、それぞれのビデオライブラリへアクセスする6300万人以上のユーザーに、どのようにスケールしているのでしょう。素晴らしい API です。

The Internet of Things (IoT) — which will soon be at the center of the tech universe, according to Business Insider Intelligence — is really driving this paradigm shift. This proliferation of devices is sealing the deal on a trend already gaining steam.

モノのインターネット(IoT)は、 ― ビジネス・インサイダー・インテリジェンスによると、もうすぐテクノロジーの宇宙の中心になります ―、このパラダイムシフトを本当に駆動しています。 デバイスの増殖は、既に機運を高めているトレンドでの取引を封印しています。

As devices have outnumbered people, the systems we use to connect them have become incredibly complex. APIs are the foundation of these connections: the mortar between our digital hardware. This complexity has set the stage for a tectonic shift away from full-stack engineering toward building pieces on top of existing layers within larger ecosystems.

機器が人々の数を上回ったので、私たちがそれらに接続するシステムは、信じられないくらいに複雑になっています。 APIは、これら接続の基盤、私たちのデジタルハードウェア間のモルタルなのです。 この複雑さは、フルスタックエンジニアリングから、より大きなエコシステム内の既存の表層に、断片を構築するように向かわせる、地殻変動のためのステージを設定しました。

  • outnumber - 上回る、数で勝る。
  • foundation - 基礎、基盤。
  • tectonic - 地殻変動

API-first design presents a tremendous opportunity for developers who adapt — not to mention a major risk for developers who don’t.

APIファーストデザインは、適応する開発者に途方も無いチャンスを与える ― 適応しない開発者への大きなリスクには言及しない。

Other tech giants like Apple and Google are driving the same API-centric future. The emergence of new interconnected product categories — wearables like the Apple Watch and Google’s driverless cars, to name two prominent examples — signal the growing importance of APIs in our daily lives. When the smartest people in the room get behind something new, it’s best to pay attention. This doesn’t mean computers and screens are going away, but it does signal a whole new world of opportunity for developers.

AppleGoogleのような、他の巨大なテクノロジー企業は、同様のAPI中心の未来を駆動している。新しい相互に接続された製品カテゴリ ― 2つの目立つ例を挙げるなら、Apple Watchのようなウェアラブル機器やGoogleの無人運転車など ― の出現は、私たちの日々の生活の中で、APIの重要性が成長を合図している。 その部屋にいる賢明な人々が、何か新しい物の理由を解明したときには、注意を払うことをお勧めします。 これは、コンピューターと画面がどこかへ言ってしまうという意味ではないが、開発者のためのチャンスの新しい世界全体の合図を送っているのです。

  • get behind - 背後を取る、遅れをとる、理由を解明する

The consequences of failing to move to API-centric development are as real for individuals as they are for the companies that employ them. Developers who fail to adapt their talent around APIs run the risk of rapidly devaluing their skills and decreasing their job security.

API中心の開発へ移行することによる失敗は、企業によって雇われた個人にむけて、現実として存在する。 能力のAPI周辺への適応に失敗する開発者は、スキルを急速に切り下げ仕事の安全性を減少させるといった危険を冒します。

  • consequences - 結果
  • devaluing - 切り下げる

For companies, the consequences may be magnified. Startups that fail to embrace this technological revolution could become less competitive. They could make inferior products. Some startups could wither away, altogether. Companies that don’t live on the edge of innovation will become pieces of a shrinking pie.

企業にとって、その結果は拡大するかもしれない。この技術革新を受け入れて失敗するスタートアップは、競争力を失っていきます。 彼らは劣った製品を作るかもしれない。いくつかのスタートアップは一緒に枯れてしまうかもしれない。 イノベーションの先端にいない企業のパイの一切れは縮小する。

  • magnified - 拡大した
  • embrace - 受け入れる
  • inferior - 劣る
  • wither - 枯れる

As we move into a more interconnected world, amazing new possibilities emerge. Developers like to consume “bite-sized” stuff. Amazon popularized this approach — they told developers what the system does and got out of the way. For tech companies, the “telling” will be handing over APIs. It’s no wonder we’ve moved toward microservices that enable best-of-breed platforms to thrive.

私たちは、さらに相互接続された世界へ移行するので、驚くべき新たな可能性が出現する。 開発者は、「ひと口サイズ」のものを消費したくなる。Amazonはこのアプローチを普及させた ― 彼らは、開発者にシステムが行うことを話して、道から出て行った。 テクノロジー企業にとって、「話すこと」は、APIによって行われるだろう。私たちが、繁栄する為に上手く繁殖したプラットフォームを有効にするマイクロサービスへ向かって移行したのは、なんら不思議なことではないのです。

  • breed - 繁殖
  • thrive - 繁栄

Connected devices, driverless cars and advanced health tech are just a handful of the new technologies API-first design will enable. For these innovations to happen, they must be built on a solid foundation. That means starting system design at the foundational layer — APIs.

無人運転車や、進歩した健康テクノロジーといったコネクテッド・デバイスは、APIファーストデザインが有効になる新たなテクノロジーのひと握りなのです。 これらのイノベーションが発生する為には、それらは、固い基盤の上に構築されなくてはなりません。 それは基礎的なレイヤー ― つまり API群 ― に於けるシステム設計が開始することを意味しています。


元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com

広告を非表示にする