読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ひとつの電話番号を複数機器で共有する技術をAT&Tが準備してます

モバイル

AT&T Readies Technology to Let Multiple Devices Share One Phone Number

https://recodetech.files.wordpress.com/2015/10/bx7u9566.jpg?quality=80&strip=info&w=640


阿修羅 イSム TanaCOCORO【 掌 】 あしゅら・仏像 フィギュア
株式会社MORITA
売り上げランキング: 85,261

AT&T is nearly ready to launch a feature that will allow a customer’s smartphone, tablet and other devices to share a single phone number.

AT&Tは、顧客がスマートフォンタブレット、その他の機器で、ひとつの電話番号を共有できる機能を出す準備が、ほぼ出来ています。

The feature, now called NumberSync, is a key to making it more attractive for customers to own multiple devices with built-in wireless connections, just as it was important to offer shared data plans.

この機能は、現在「ナンバーシンク」と呼ばれていますが、データの共有プランを提供するために重要であったため、無線接続が組み込まれた複数の機器を所有する顧客にとって、より魅力的にする鍵です。

As previously reported by Re/code, AT&T has been testing the underlying technology, code-named Cascade, since at least last year. It was developed in part at the company’s Foundry incubator in Palo Alto, Calif.

以前、Re/codeにより報告されたように、AT&Tは、少なくとも昨年以来、この根本的な技術にカスケードというコードネームをつけて試験してきました。 これは、カリフォルニア州パロアルトにある、同社のFoundryインキュベーターで開発されました。

“This is really a first in the industry that we are giving customers the ability to do this,” AT&T Mobility CEO Glenn Lurie told Re/code.

「私たちが顧客にこれを行えるようしているのは、この業界で本当に最初のことです。」 AT&T Mobility のCEO Glenn Lurieが Re/codeへ語りました。

AT&T said it expects to launch NumberSync on an initial device “fairly soon” with additional devices coming later this year. Many existing smartphones will be able to support the feature through a software upgrade; the company’s goal is to work with all manufacturers to support the feature going forward in both phones and connected devices, such as tablets and watches.

AT&Tは、ナンバーシンクを今年の後から追加されて出てくるデバイスに「かなり早く」最初のデバイスに入れることを期待しているといいました。 多く存在するスマートフォンは、ソフトウェアをアップグレードすることで、この機能がサポートされます。 同社のゴールは、全ての製造メーカーとともに、スマートフォンや、タブレット、スマートウォッチのような接続される機器で、この機能のサポートに取り組むことです。

There won’t be a separate charge to share one number, but AT&T already charges a per-device fee, typically $5 or $10, for each device that connects to a shared data plan.

共有される番号に別の料金はかかりません。しかし、AT&Tは既に機器ごとの手数料をチャージしています。具体的には5ドルか10ドルが、共有されるデータプランで接続するそれぞれの機器にかかります。

Because NumberSync is network-based, AT&T says the technology will work even if the primary phone is off and doesn’t require any devices to be near one another. Apple, for example, has features that allow users to answer calls on their Mac or tablet, but require the device to be on the same network.

ナンバーシンクは、ネットワークに基づいているので、AT&Tは、この技術は初期の電話がオフでも機能するでしょうと言っています。 また、どの機器も他の機器の近くにある必要もありません。 ただし、たとえば Apple には、ユーザーに彼らのMacタブレットで、通話に応答させる機能がありますが、そのデバイスは、同じネットワーク内にある必要があります。

Lurie has said he expects that wearables with cellular connections will become the norm, though he acknowledged at last week’s Code/Mobile that uptake of such devices has been slower than he had initially thought.

Lurieは、セルラー接続のウェアラブルが普通になることを期待しています。しかし、彼は先週の Code/Mobileで、そのような機器の普及は、彼が最初に考えているよりはゆっくりだったと、認めました。

“For us to really have the wearable space explode … those devices have to work in concert with each other,” Lurie said.

「私たちにとって、本当にそのウェアラブルを持つことは、空間が爆発的に広がります … それらの機器は、お互いに一斉に働かねばなりません。」

  • in concert - 一斉に

Another place where NumberSync is likely to show up is in the connected car, Lurie said, noting that pairing smartphones to cars via bluetooth remains a complicated experience. Over time, NumberSync could also allow people to take calls on various devices in their home and office, Lurie said.

Lurie は言います。ナンバーシンクが注目を浴びる他の場所は、接続された自動車の中です。 ブルートゥースで車とスマートフォンをペアリングするような複雑な経験をしなくても良い。 何度も言いますが、ナンバーシンクは、家やオフィスで、様々な機器を使って電話できるようにするのです。


元記事は以下からどうぞ。

recode.net