ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

DJIは独自のドローン向けスーパーコンピューターにIntelとQualcommを採用

DJI takes on Intel and Qualcomm with its own supercomputer for drones

The Chinese startup wants to move beyond just consumer-facing drones and own the enterprise market as well

f:id:takamints:20151103054437p:plain

この中国のスタートアップは、単なる消費者向けのドローンを超えて、同様に企業向けの市場を所有したいのです。



For the last two years our favorite drone here at The Verge has been the DJI Phantom. The Chinese startup has succeeded in large part because it built a unit cheap and easy enough for consumers, but powerful enough for professionals. Now that the FAA is granting commercial exemptions and US companies are finally taking flight, the majority of them are choosing to use DJI's consumer-facing drones for their business. Today, DJI announced the launch of the Manifold, a powerful computer that could allow DJI drones to perform far more complex mapping, data analysis, and image recognition, all in real time.

ここ2年間、私たちThe Vergeの、お気に入りのドローンは、ここにある DJI Phantom でした。 この中国のスタートアップは、消費者にとって十分に安く簡単、しかしプロにとっては十分にパワフルなユニットを作ったことにより、大部分で成功しました。 現在、FAAは商業免除を付与しており、米国企業は最終的に飛行しており、彼らの大部分は、ビジネス用にDJIの消費者向けドローンを使用することを選択しています。 本日、DJIは、Manifoldという、DJIのドローンに、完全にリアルタイムで、より複雑なマッピングやデータ解析、そして画像認識を可能にする、パワフルなコンピュータを発表しました。



In making its own computer for advanced drone applications, DJI is taking on companies like Qualcomm and Intel, both of which have products in the works they hope will be the foundation underlying advanced computation for aerial robots. We saw Intel's RealSense powering cutting edge sense-and-avoid technology. More recently, Qualcomm announced SnapDragon Flight, a chipset optimized for use in drones. The Manifold runs an Ubuntu operating system and has a Quad-core ARM Cortex A-15 Processor and NVIDIA Kepler-based GPU. It also comes with USB, Ethernet, and HDMI ports.

高度なドローンのアプリケーションのために独自のコンピュータを作るには、DJIは、QualcommIntelといった企業と一緒に取り組んでおり、彼らが希望する取り組みにおける製品を保有している両企業とも、飛行するロボットのための高度な計算を基盤とした基礎になるでしょう。 私たちは、Intelの最先端のセンシングと回避技術へ力を供給するRealSenseを見ました。 もっと最近には、Qualcommが、ドローンに使用するために最適化されたチップセット SnapDragon Flight を発表しました。 この Manifold では、Ubuntu オペレーティングシステムが動作し、クアッドコアの ARM Cortex A-15 プロセッサ、そして NVIDIAのKeplerベースのGPUを搭載しています。 USBやイーサネット、そしてHDMIのポートもあります。

  • foundation - 基礎
  • underlying - 根本的な、底にある、基盤

youtu.be

This is the second product DJI has released that is aimed principally at the developer community. Back in June of this year it debuted the Matrice, the first DJI drone with robust sense-and-avoid technology. That unit also had a modular payload, meaning it will probably be easy for developers using the Matrice to side-load the Manifold. The average consumer is unlikely to ever use either of these devices. But the innovation they enable in terms of new hardware and software will no doubt trickle down quickly to improve DJI's more accessible drones.

これは、DJIが、主に開発者コミュニティー煮を狙ってリリースした製品の2番目のモノです。 今年7月に、堅牢な検知回避技術を持った最初のDJIのドローンである Matrice をデビューさせました。 しかし、この、新しいハードウェアとソフトウェアの面で彼らが有効にするイノベーションは、間違いなく、DJIのドローンをより便利に改善するために、急速に消費者側へ降りてくるでしょう。


Edison & ArduinoではじめるIoT開発 (I・O BOOKS)
nekosan
工学社
売り上げランキング: 116,843

元記事は以下からどうぞ。

www.theverge.com