ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

任天堂PlayStationスイッチON!これ本物ですし動きますし

We turned on the Nintendo PlayStation: It's real and it works

http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/21905d8657fde6612bcd7b1ad6b010c7/202923750/nintendo-playstation-sfx-100-prototype.jpg


死ぬまでにやりたいゲーム1001 -ハードカバー-
トニー・モット
ボーンデジタル
売り上げランキング: 430,216

When a mysterious "Nintendo PlayStation" prototype with both an SNES cartridge slot and a CD drive made the rounds back in July, many remained skeptical. Not even Sony PlayStation's head of Worldwide Studios, Shuhei Yoshida, wanted to confirm its authenticity. Or perhaps he just didn't want to bring up the bad blood between his company and Nintendo over this failed collaboration.

謎の「任天堂PlayStation」プロトタイプには、スーパーファミコンのカートリッジのスロットとCDドライブがついていて、7月に舞い戻ってきた時には、多くの疑惑が残されていました。 Worldwide Studiosの ソニー PlayStationのトップである Shuhei Yoshida でさえ、その真偽を確認したかったのです。 あるいは彼は、もしかすると、この失敗したコラボレーションによって、彼の会社と任天堂の間に流れる悪い血を持ってくることを望まなかっただけなのかもしれません。

  • skeptical - 懐疑的
  • authenticity - 真偽

Back in 1988, Sony inked a deal with the legendary gaming giant to add its then new CD-ROM technology to the upcoming SNES console. But when it came to money, they couldn't reach an agreement: Sony allegedly wanted to keep all the money from CD licenses and then figure out royalties with Nintendo later. As you'd imagine, Nintendo didn't take to this arrangement too kindly. Eventually, just a day after Sony unveiled this "Play Station" at the Chicago CES in 1991, Nintendo retaliated with a surprise move by publicly breaking up with Sony in favor of Philips. Well, that partnership didn't work out for Nintendo, either. But this infamous rupture did lead to the birth of Sony's very own PlayStation, which went on to become one of the company's most profitable assets today.

1988年、ソニーは、その新しいCD-ROMの技術を次に出てくるスーパーファミコンへ追加するため、この伝説の巨大ゲーム会社と契約を結びました。 しかし、それがお金になるとき、彼らは合意に至れませんでした。 伝えられるところによると、ソニーはCDライセンスからの全てのお金の維持を望み、後から任天堂とロイヤリティを見出しました。 想像通り、任天堂は、このあまりにも親切な仕組みには乗りませんでした。 最終的に、1991年シカゴのCESで、ソニーがこの「PlayStation」を披露して、ちょうど一日後に、任天堂Philipsの賛成でソニーと公に契約を破棄するという、驚きの動きで報復をしたのです。 ええ、どちらかといえば、その提携は、任天堂のためにうまくいきませんでした。 しかし、この悪名高い破談は、ソニーがまさに所有するPlayStationの誕生へつながったのです。 今日、それは同社の最も収益性のあるもののひとつになっています。

  • allegedly 申し立てによる
  • retaliated - 報復

The "Nintendo PlayStation" is now the stuff of gaming legend, with reportedly only about 200 prototypes ever produced. But, as luck would have it, one of those systems fell into the hands of a father and son: Terry and Dan Diebold. We met up with the Diebolds in Hong Kong, where they were in town for a retro gaming expo, to hear how it ended up in their possession. Most importantly, we got to turn the "Nintendo PlayStation" on, play a couple of SNES games on it, and even take it apart to see if we could fix the dormant CD drive.

任天堂PlayStation」は、現在、伝えられるところでは、だいたい200台のプロトタイプしか製造されなかった、伝説のゲームの品です。 しかし、幸運にも、それらのシステムのひとつが、Terry と Dan Diebold という父子の手に落ちました。 私たちは、どうやって手に入れたのか聞くために、レトロゲーム博覧会のために香港にいる Diebolds さんに会いに行きました。 最も大切なことは、私たちは、この「任天堂PlayStation」に電源をいれ、2つのSNESのゲームを遊び、さらに、もし私たちがその休眠しているCDドライブを治せるかどうかを見るために、分解までしたのです。


元記事は以下からどうぞ。

www.engadget.com