読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

謎めいた拡張現実スタートアップ Magic Leap が8億2700万ドルを獲得

Secretive Augmented Reality Startup Magic Leap Raising $827 Million

http://blogs-images.forbes.com/briansolomon/files/2015/12/Screen-Shot-2015-12-09-at-10.45.45-AM-1200x682.png
By Brian Solomon, Aaron Tilley, and Ryan Mac



Magic Leap wants to change your reality. And apparently they need a lot of money to do it.

Magic Leap はあなたの現実を変えたいのです。そして明らかに、それを実行するために、彼らは多くの金を必要としています。

The secretive augmented reality startup–think Google Glass meets Oculus Rift–is raising $827 million in a new Series C round, according to a Delaware filing obtained by FORBES from private market data provider VC Experts. Magic Leap’s new round could bring the company’s total funding to $1.4 billion, and its potential fully-diluted post-money valuation to $3.7 billion (based on the option pool and all shares being issued).

民間の市場情報提供者であるVC ExpertsからFORBESによって得られた デラウェア州の出願によると、秘密めいた拡張現実のスタートアップ ― Google GlassOculus Riftをあわせたと考えてください ― が、新たなシリーズCラウンドで、8億2700万ドル(約1000億円)の資金を獲得しています。 Magic Leapの新しいラウンドは、同社の総獲得資金は14億ドルになり得て。そして、その完全に希釈された投資後の企業価値のポテンシャルは、37億ドル(オプションのプールと、すべての発行されている株式に基づいています)です。

  • diluted - 希釈される
  • post-money valuation - 投資後の企業価値

That would make Magic Leap one of the largest and most highly funded startups in the world–even though they have yet to release a product. Magic Leap’s promised “augmented reality” is even more ambitious than virtual reality efforts by Facebook’s Oculus and others because it promises to layer digital images on top of the real world through special eyeglasses. A few other companies, like Microsoft’s HoloLens, have demonstrated similar technology using stereoscopic techniques to create the illusion of 3D, but Magic Leap says it can project ”digital lightfields” into the user’s eyes for greater realism.

それはMagic Leapを、世界で最も大きく、最も高額の投資を受けたスタートアップにするでしょう。まだ彼らは製品をリリースしてさえいないにも関わらず。 Magic Leapの約束された「拡張現実」は、特別なゴーグルを通して現実世界の一番上にデジタル画像のレイヤーを約束するものであるため、FacebookのOculusや他の者が取り組んでいる仮想現実よりも野心的です。 マイクロソフトのHoloLensのような他の数社の企業は、三次元の幻影を生成するための立体技術を使用している、同様の技術のデモを行いました。 しかし、 Magic Leap は、素晴らしい現実感のために、ユーザーの目に「デジタル・ライトフィールド」を投影できるといっています。

  • stereoscopic techniques - 立体技術
  • digital lightfields - デジタルライトフィールド。ライトフィールドカメラとは、撮影した後で、撮像のどこにでも焦点を合わせられるカメラを言いますので、それと似た効果をデジタルで再現できるというような意味かもしれません。下の動画でも対象物に焦点が合っていない状態から合わせるところをあえて見せているように思えます。

It is unclear at this time who has invested, although the round comes with a new board seat. A Magic Leap spokesperson declined FORBES’ request to comment on the filing.

現時点では、誰が投資したのか、はっきりしません。しかしながら、このラウンドで、新たな役員席が設けられます。 Magic Leap の広報担当者は、その申請書に関するFORBESのコメントの要求には応じていません。

Magic Leap has only given carefully staged demonstrations of its potential capabilities. In September, it released this video supposedly “shot directly through Magic Leap technology” with “no special effects”:

Magic Leap は、その能力の可能性のデモを、慎重に段階的に与えているだけです。9月にリリースされたこの映像は、おそらく「特殊効果なし」で「Magic Leapの技術を直接映した」ものです:

www.youtube.com


仮想空間計画 (創元SF文庫)
東京創元社 (2015-08-29)
売り上げランキング: 4,307

Prior to that in March, Magic Leap released a video of an augmented reality first person shooter game. That one had no such disclaimer to vouch for its authenticity.

“We’re fundamentally a new kind of lightfield chip to enable new experiences,” said Magic Leap founder and CEO Rony Abovitz at a conference in June. “There’s no off-the-shelf stuff used. That’s the reason for the amount of capital we’ve raised — to go to the moon.” Abovitz also released Magic Leap’s software development kit and said the company was building out manufacturing facilities in Florida to develop components for the device.


元記事は以下からどうぞ。

www.forbes.com