読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

未来のウェアラブルは賢くなった普通の衣類だ

ウェアラブル・IoT

The Future of Wearables Is Normal Clothes Made Smart

https://recodetech.files.wordpress.com/2015/11/screenless-wearables.png?w=640

“Look at what you’re wearing right now,” VFiles founder Julie Ann Quay instructs Racked, before telling us to imagine “that every single piece of fabric that you have is a usable tech service.” This, she says, is the future of wearables.

「今、あなたが着ているものを見てください」 VFileの創業者 Julie Ann Quay が、Racked を指示しました。 私たちに「持っている織物の切れ端それぞれが技術サービスに使える」と想像するように伝える前にです。 彼女が言っているのは、未来のウェアラブルについてのことです。



The current crop of wearables has mostly been constrained to your wrist in the form of clunky Apple Watches and Moto 360s. Attempts to vary the where in wearables, like Google Glass — the no-longer-in-production spectacles so nerdy only cast members from “The Big Bang Theory” dared to wear them out in public — have already been cast to the junk heap of history. When a gadget seemingly straight from the future couldn’t cut it, it speaks to the fact that we need our wearables to be stylish and practical.

現在のウェアラブルの成果は、Apple WatchやMoto 360sのような無骨な形式で、あなたの手首に制限されてきました。 ウェアラブルを変化させる試み、たとえばGoogle Glassは、もはや製品化されないメガネですから、単に「ビッグバン★セオリー」のナードな出演メンバーだけが、公衆の面前で敢えて装着するもので、 既に、歴史の片隅に追いやられています。 一見、未来そのままのように見えるガジェットが、世に出てこなかったのなら、それは、私たちがスタイリッシュかつ実用的なウェアラブルを必要としているという事実を物語っているのです。

  • crop - 作物。実ったものという意味で、成果としました。
  • clunky - 無骨
  • Attempts - 試み
  • vary - 変化する、変化をつける
  • spectacles - 視覚的に印象的なパフォーマンス。眼鏡という意味もあるようです。
  • nerdy - ナードは、一般的にオタクとされますので「オタクっぽい」。同じオタクでも、ギークでなくナード。
  • The Big Bang Theory - 米国のテレビドラマ。邦題は「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」
  • dared - 敢えて


続きは以下の記事からどうぞ。

recode.net

広告を非表示にする