読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

今度は自動運転車!初めてiPhoneをハックした人が自宅のガレージで作ったと!

自動運転 iPhone・iPad・iOS ハッキング モバイル

The First Person to Hack the iPhone Built a Self-Driving Car. In His Garage

f:id:takamints:20151217053618p:plain



A few days before Thanksgiving, George Hotz, a 26-year-old hacker, invites me to his house in San Francisco to check out a project he’s been working on. He says it’s a self-driving car that he had built in about a month. The claim seems absurd. But when I turn up that morning, in his garage there’s a white 2016 Acura ILX outfitted with a laser-based radar (lidar) system on the roof and a camera mounted near the rearview mirror. A tangle of electronics is attached to a wooden board where the glove compartment used to be, a joystick protrudes where you’d usually find a gearshift, and a 21.5-inch screen is attached to the center of the dash. “Tesla only has a 17-inch screen,” Hotz says.

感謝祭の数日前、26歳のハッカー George Hotz が、現在取り組んでいるプロジェクトを確認させるため、サンフランシスコの自宅へ、私を招待してくれました。 彼は、ほぼひと月の間で、自分で作り上げた自動運転車のプロジェクトだと言いました。その主張はばかげていると思いましたが、その朝、彼のガレージには、ルーフにレーザーのレーダーシステムが取り付けられ、バックミラーの近くにカメラがマウントされた、白い 2016 Acura ILX がありました。 電気的なごちゃごちゃしたものは、グローブボックスのあたりの、木製のボードに装着されています。 通常のシフトレバーがある位置には、ジョイスティックが飛び出していて、21.5インチの画面は、ダッシュボードの真ん中に取り付けられています。「テスラには17インチの画面しか付いていない」とHotzが言っています。

He’s been keeping the project to himself and is dying to show it off. We pace around the car going over the technology. Hotz fires up the vehicle’s computer, which runs a version of the Linux operating system, and strings of numbers fill the screen. When he turns the wheel or puts the blinker on, a few numbers change, demonstrating that he’s tapped into the Acura’s internal controls.

彼は、彼自身へ、このプロジェクトを維持してきて、見せることで終わりかけています。私たちは、テクノロジーの塊であるこの車の周りを歩きます。Linuxが動作するクルマのコンピュータの電源をHotsが入れると、画面が数字で埋まります。彼がハンドルを切ったり、ウィンカーを点けたりすると、少し数字が変わって、彼のAcuraの内部機構から傍受した情報を見せています。

  • tapped - つついた、取り出した、傍受した。

http://www.bloomberg.com/features/2015-george-hotz-self-driving-car/img/feat_georgehotz52_1280.jpg



After about 20 minutes of this, and sensing my skepticism, Hotz decides there’s really only one way to show what his creation can do. “Screw it,” he says, turning on the engine. “Let’s go.”

この約20分の後、私の懐疑的な態度に気がついて、Hotzは、彼の製作が行えるものを見せるための、ただひとつの方法が現実にあることを決定しました。彼が「それをひねって、」と言い、エンジンがかかり、「行きましょう」となりました。

As a scrawny 17-year-old known online as “geohot,” Hotz was the first person to hack Apple’s iPhone, allowing anyone—well, anyone with a soldering iron and some software smarts—to use the phone on networks other than AT&T’s. He later became the first person to run through a gantlet of hard-core defense systems in the Sony PlayStation 3 and crack that open, too. Over the past couple years, Hotz had been on a walkabout, trying to decide what he wanted to do next, before hitting on the self-driving car idea as perhaps his most audacious hack yet.

痩せこけた17歳の頃、オンラインで「geohot」として知られていた Hotsは、AppleiPhoneをハックした最初の人でした。誰にでも、ああ、ハンダ付けをしたりAT&T以外のネットワークでスマートフォンを使用したりするためにソフトウェアを組んだりするような人たちなら誰にでも知られていたのです。 彼は後に、ソニープレイステーション3のハードコア防衛システムのガントレットを実行して、そのオープンをクラックした最初の人になりました。 その2年以上あと、歩き回って、次に何をしたいかを決定することを試みて、おそらく今までにない、彼の最も大胆なハックとして、自動運転車のアイデアを思いついたのです。

  • scrawny - やせこけた
  • soldering - ハンダ付け

ハッカーの学校
ハッカーの学校
posted with amazlet at 15.12.16
IPUSIRON
データ・ハウス
売り上げランキング: 941

“Hold this,” he says, dumping a wireless keyboard in my lap before backing out of the garage. “But don’t touch any buttons, or we’ll die.” Hotz explains that his self-driving setup, like the autopilot feature on a Tesla, is meant for highways, not chaotic city streets. He drives through San Francisco’s Potrero Hill neighborhood and then onto Interstate 280.

With Hotz still holding the wheel, the Acura’s lidar paints a pixelated image on the dash screen of everything around us, including the freeway walls and other cars. A blue line charts the path the car is taking, and a green line shows the path the self-driving software recommends. The two match up pretty well, which means the technology is working. After a couple miles, Hotz lets go of the wheel and pulls the trigger on the joystick, kicking the car into self-driving mode. He does this as we head into an S curve at 65 miles per hour. I say a silent prayer. Hotz shouts, “You got this, car! You got this!”

The car does, more or less, have it. It stays true around the first bend. Near the end of the second, the Acura suddenly veers near an SUV to the right; I think of my soon-to-be-fatherless children; the car corrects itself. Amazed, I ask Hotz what it felt like the first time he got the car to work.

クルマは過不足なく動いている。最初の曲がり角へ来た。その数秒後、Acuraが突然、近くのSUVの右へ出た。私は「もうすぐ子供達の父親がいなくなるのだなあ」と考えたが、クルマは正しかった。素晴らしい。Hotsに「始めてこの車が動いたときは、どう感じた?」と聞いてみたら、

“Dude,” he says, “the first time it worked was this morning.”

「ちょっと聞いてよ」と彼は言いました。「これが初めて動いたのって、今朝だよ。」


続きは以下の記事からどうぞ。

www.bloomberg.com