読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ボーイングがドローンを撃ち落す携帯可能なレーザーを披露

Boeing shows off its portable drone-killing laser

https://cdn0.vox-cdn.com/thumbor/fchpBdS0yONqUkRrMbdV0-BR8h4=/43x0:568x350/800x536/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_image/image/47046560/compact_laser_system.0.0.gif



Boeing has been researching ways to disable drones with lasers for a while now, and this week, the defense contractor released new footage (below) of its Compact Laser Weapons System: a portable, tripod-mounted device that can burn a hole in a UAV or a quadcopter in seconds. The system is essentially a less-powerful version of Boeing's High Energy Laser Mobile Demonstrator (HEL MD), a truck-mounted laser that can destroy mortars in mid-flight. Although HEL MD might one day be deployed on the battlefield, its compact cousin is intended to keep drones away from sensitive areas, according to a report from Wired.

ボーイングは、しばらくドローンをレーザーで無効化する方法を研究してきましたが、今週、防衛請負業者が、次のようなコンパクトなレーザー武装システムの新たな映像(下)を公開しています:携帯可能で、三脚に取り付けられた機器が、数秒でUAVやクアッドコプターを撃ちます。このシステムは、基本的には、ボーイングの高エネルギーレーザーモバイルデモンストレーター(HEL MD)の少パワーバージョンで、飛行中の迫撃砲を破壊可能な、台に装着されたレーザーです。 デモ用ではありますが、HEL MDはいつか戦場へ展開されるでしょう。 Wiredの報告によれば、このコンパクトな従兄弟は、繊細な領域からドローンを遠ざけるために意図されているということです。

The portable system fits into four large, suitcase-sized boxes, can be deployed in a matter of minutes, and — like the HEL MD — is operated with the help of laptop and an Xbox controller. (Sorry, Sony fans.) Like any laser weapon system, it has an unlimited magazine as long as there's energy to power it — either via generator or battery pack — and the cost-per-shot is incredibly low. Boeing hopes to see these systems deployed in active service within the next couple of years, where they would supplement traditional missile defense systems. "There will be times where it makes sense to use a missile and there will be times where it makes sense to use a laser," Boeing's lasers and optical systems director David DeYoung told Wired.

このポータブルシステムは4つの大きなスーツケースにフィットし、ものの数分で展開できます。 そして、HEL MD のように、ノートパソコンやXboxのコントローラーから操作されます(ゴメンねソニーファンの皆様)。 他のレーザーの武器システムのように、その弾装は、発電機や充電器から電力が供給され、エネルギーがある限り限界はありません。 そして、その一発のコストは驚くほど安いのです。 ボーイングは、これらのシステムを次の2年以内に、彼らが従来のミサイル防衛システムへ補填するところの、アクティブなサービスに展開したいと希望しています、 「ミサイルを使用する意味のある場所では、時間があるでしょう。そして、レーザーを使用する意味がある場所でも時間があるでしょう」 ボーイングのレーザーと工学システムのディレクターである David DeYoung が、Wired へ語りました。

  • a matter of minutes - ものの数分

bcove.me

However, this sort of laser weapon has been the subject of a lot of hype over the years, and have struggled to meet high expectations. As well as the difficulty of providing them with enough power (Wired mentions Boeing's "battery solutions" for the Compact Laser Weapons System only have enough juice for "a few shots"), lasers are easily disrupted by atmospheric conditions such as dust and fog. Boeing's airborne 747-mounted laser system, for example, was billed as America's "first light saber" before being decommissioned in 2012 and sent to a US Air Force boneyard. The Compact Laser Weapons System may have its sights set slightly lower than punching missiles out of the sky, but when it comes to combating smaller drones, the Army might be better off training eagles instead.


元記事は以下からどうぞ。

www.theverge.com