読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ムーアの法則は、おそらく終わった

技術と未来 宇宙

Moore’s Law Is Probably Dead

f:id:takamints:20160101134632p:plain
Long live the other technology laws (here are ten you may not have heard of)



Is there any concept in technology circles more talked about than Moore’s Law? Coined in 1965 by Intel co-founder Gordon Moore, Moore’s Law predicted the doubling of transistors per chip every two years. Originally based on only five data points, Moore’s Law turned out to be an astonishingly accurate prediction, recently celebrating its 50th anniversary to much media acclaim. It’s served as an iron rule of innovation and a figurehead for the accelerating speed of progress. With the global economy increasingly dominated by things with transistor chips inside them, the implications of Moore’s Law have been profound.

テクノロジーの世界でムーアの法則以上に語られたコンセプトはあるだろうか? 1965年にインテルの共同設立社のゴードン・ムーアによって作られたムーアの法則は、2年毎にチップのトランジスタが倍増すると予測したものだ。 元々は5つのデータの点にもとづいている、ムーアの法則は、驚くほど精度の高い予測であることが判明し、先ごろ多大なるメディアの賞賛に、その50周年を祝っている。それはイノベーションの鉄のルール、そして、加速する進歩のスピードの看板として与えられる。 グローバル経済が、トランジスタが入った物によってますます支配し、ムーアの法則の合意は厚みを増した。

  • Coined - 造語。言葉が作られた。
  • turned out - 判明した
  • astonishingly - 驚くほど
  • acclaim - 賞賛
  • figurehead - 船首像、看板、置物、案山子(かかし)
  • implications - 合意
  • profound - 目覚ましい

However, we’ve been seeing signs for some time now that our assumptions about Moore’s Law can’t be taken for granted. As journalists like John Markoff from the New York Times have pointed out, technology companies are finding it increasingly difficult to keep pace, and while we’re still pulling off some impressive engineering feats that technically keep Moore’s Law alive, the benefits haven’t been passed on to consumers for many years now. In July, for example, Intel said its two year upgrade cycle would now take 2.5 years to accommodate the new challenges. The pace of acceleration for computing power, at least, is slowing as semiconductor features approach the atomic scale.

しかし我々は今、ムーアの法則についての我々の仮定が、当たり前のことではありえないというサインを何度か見てきた。 ニューヨーク・タイムズのJohn Markoffのようなジャーナリストが、テクノロジー企業はペースを維持することがますます難しくなっていると気付いていると、指摘した。 そして、技術的にムーアの法則が有効なように維持する幾つかの印象的な技術的功績を我々が引き出している間、その利益は、何年も消費者に渡されていなかった。 例えば7月にインテルは、その2年のアップグレードサイクルは、新たな課題を受け入れるために、現在2.5年かかっているようだと言った。 そのコンピューティングパワーの加速ペースは、半導体の機能が原子のスケールに近づいているので、少なくとも遅くなっている。

  • assumptions - 仮定
  • granted - 与えられた、授けられた。
  • feat - 特技、功績、芸当、手柄、功業

Some, like Ray Kurzweil, argue that this is nothing to worry about, since Moore’s Law is part of a much larger process of technological progress, stretching back a long way through time. Kurzweil claims that before the integrated circuit even existed, four previous ancestor technologies — electromechanical, relay, vacuum tube and transistor — all improved along the same trajectory. He formulated this as the Law of Accelerating Returns; and his belief is that it will one day mean everyone gets to live forever, say sorry to their mum, and commune in an ecstatic godlike state with the universe.

レイ・カーツワイルのような何人かは、それについて心配することはないと主張する。 ムーアの法則は、技術的進歩のもっと大きなプロセスの一部であり、長い時間の道のりをさかのぼっているのだからということだ。 カーツワイルは、集積回路が存在する前、その祖先となる従来からの4つの技術、電動機械、リレー、真空管、そしてトランジスターは全て同じ軌道に沿って改善されたと主張します。彼はこれを加速的回帰の法則として策定した。 そして、彼の信念は、いつかすべての人が永遠に生き、彼らのママに謝って、宇宙と共に恍惚とした神のような状態にある町になることを意味するようになるだろうということだ。

  • integrated circuit - 集積回路
  • formulated - 策定
  • commune - 町
  • ecstatic - 恍惚とした

It’s also worth pointing out the common (but mistaken) belief that Moore’s Law makes predictions regarding all forms of technology, when it was originally intended to apply only to semiconductor circuits. A lot of people now use Moore’s Law in place of the broader ideas put forth by Kurzweil. This is a mistake — Moore’s Law is not a scientific imperative, but rather a very accurate predictive model. Moore himself says that his predictions as applied to integrated circuits will no longer be applicable after about 2020, when integrated circuit geometry will be about one atom thick. Whether other technologies such as biochips 0r nanotechnology will come to the forefront to move digital progress forward at that point is still unclear.

元々ムーアの法則半導体回路だけに適用するように意図されたものだったが、一般的には(間違って)すべてのテクノロジーの形成について予測すると信じられている。これに対する価値ある指摘でもある。 多くの人がカーツワイルによる4番目の幅広い考えでムーアの法則を使用している。 これは、間違いだ。ムーアの法則は科学的に普遍的なものではないが、非常に正確な予測モデルではある。 ムーア自身は、2020年頃から後には、集積回路のジオメトリが原子の厚みほどになるだろうから、彼の集積回路に適用される予測は、もはや適用されないだろうと言っている。 デジタルの進展を、未だはっきりしないそのポイントの前へ進める為に、バイオチップやナノテクノロジーなどの他の技術が、最前線に出てくる。

That’s not what this article is about though. Instead, it’s about what happens when multiple technology laws begin to take hold at the same time. I use this language loosely, since most of these ‘laws’ are, like Moore’s, better described as predictions or observations of patterns. What’s interesting is just how many of them are out there.

しかし、この記事が言及するのは、そのことではない。 そのかわり、複数の技術の法則が同時期に作られ始めている時、なにが起こっているのかということだ。 多くの「法則」は、ムーアのように、予測やパターンの観察としてうまく記述することから、私はこの言語をゆるく使います。 興味深いのは、それらが、そこら中にたくさんあるということだ。


続きは以下の元記事からどうぞ。

medium.com

広告を非表示にする