読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

イーロン・マスクはアップルの電気自動車で「この産業が大きくなるね」と心配しない

Elon Musk isn’t worried about an Apple electric car: ‘It will expand the industry’

http://1u88jj3r4db2x4txp44yqfj1.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2015/10/Elon_Musk_Tesla_Factory_Fremont_CA_USA_8765031426-e1444872548818.jpg

Tesla CEO Elon Musk claims that Apple is indeed working on an electric car, saying in an interview: “It’s pretty hard to hide something if you hire over a thousand engineers to do it.” However, as his company starts to face more competition, he says he’s not worried and that he believes competition will ultimately help the industry.

確かにアップルは電気自動車に取り組んでいるとイーロン・マスクは主張します。 「もしあなたが、何かをするために千人以上のエンジニアを雇い入れるのならば、それを隠しておくのは、とても難しいことです」とインタビューで彼は言いました。 彼の企業が、さらに多くの競争に直面しているのですが、しかし彼は、競争が産業を究極的に助けるだろうと信じているので心配していないと言っています。



Musk calls Apple’s rumored efforts to develop its own electric vehicle “an open secret,” and certainly, the technology giant doesn’t seem to be trying very hard to cover its tracks. In the past few months, it has already hired experts like Doug Betts and Johann Jungwirth (former head of Mercedes-Benz’s Silicon Valley R&D unit), while also reportedly bringing on board over a thousand people to work on code-named “Project Titan.”

マスクは、アップルが独自の電気自動車の開発に取り組んでいるという噂を、「公然の秘密」だと言っていますし、確かに、アップルが、その痕跡を覆うために、それほど努力しているようには見えません。 アップルは、ここ数ヶ月、Doug Betts や Johann Jungwirth のような熟練者(メルセデス・ベンツのシリコン・バレーの研究開発ユニットの前社長)を雇い入れました。そして「プロジェクト・タイタン」というコードネームの取り組みに千人以上の人々を連れてきていると報じられてもいるのです。

It’s said that Apple hopes to have its electric vehicle on the road by 2019.

アップルは、その電気自動車を2019年に、走らせたいと希望していると言われています。

In an interview with the BBC, Musk said he hopes that Apple’s involvement will encourage more participation in the challenge of building electric vehicles, something he said is “quite hard to do.”

BBCのインタビューで、マスクは、彼が「非常に難しい」と言う電気自動車を作る課題への参加を、アップルの関わりが奨励することを希望していると言いました。

  • encourage - 薦める、奨励する。
  • participation - 参加。


And while Tesla is already capitalizing on the market, it’s now focusing on making a vehicle that most people can afford — the Model 3 — which Musk said will begin production at the end of next year. “The Model 3…is the third part of our strategy, which is to produce a high-volume, low-cost car,” he explained. “We expect to be in production on that at the end of next year. In order to have a substantial effect on transportation, we need to have cars be more affordable…We need to make a car that most people can afford in order to have a substantial impact.”

そして、テスラは既に市場で強くなっており、現在は多くの人々が手に入れられる乗用車 - モデル3 - を作ることに注力しています。 それは来年の終わりに製造が始まるだろうと、マスクが言いました。 「モデル3は…私たちの戦略の3番目の部分です。それは大量で低価格の車を製造すること」彼は説明します。「私たちは、来年の終わりに、それを製造すると期待しています。 輸送について、かなりの影響があるので、我々は、もっと手頃な車を欲しています…かなりのインパクトがあるため、私たちは、多くの人が手に入れられる車を作る必要があるのです。」

  • substantial - かなりの
  • affordable - 手ごろな

However, taking on the mainstream consumer market won’t be easy, as other car companies have also announced that they’re building electric vehicles for the average driver. At this year’s Consumer Electronics Show in Las Vegas, Chevy, Volkswagen, Mercedes, Toyota, and Audi all announced their concepts of an electric car to rival Tesla’s. And even China-backed Faraday Futures threw its hat in the ring.

しかし、消費者マーケットの主な流れを掴むのは、簡単なことではありません。他の自動車会社もまた、普通のドライバー向けの電気自動車を作っていると発表しているのですから。 今年のラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショーでは、シボレーや、フォルクスワーゲンメルセデストヨタ、そしてアウディなど、全てが彼ら自身の電気自動車のコンセプトをライバルであるテスラに向けて発表しました。そして、中国に支援されているファラデー・フューチャーズも、参入してきました。

  • threw its hat in the ring - 明らかに競争する意思を見せる。

“I think all transport, with the exception of rockets, will go full electric,” Musk stated when asked about the role of Tesla. “I see the value of Tesla as an accelerant, a catalyst, in that transition. I think that Tesla may be, when one looks back on it from a historical perspective, an accelerate in that transition by a decade, maybe more.”

「ロケット以外の全ての輸送は、全て電気になると、私は考えています。」マスクは、テスラの役割について聞かれたときに答えました。 「その移行において、促進剤や触媒としての価値を私はテスラに見ています。テスラは、おそらく誰かが歴史的な視点から見返したとき、その10年の過渡期における促進剤であるか、それ以上のものだろうと思っています。」


第4の産業革命
第4の産業革命
posted with amazlet at 16.01.12
朝日新聞出版 (2013-07-02)
売り上げランキング: 98,589

元記事は以下からどうぞ。

venturebeat.com