読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

SpaceX有人カプセルのホバリングテスト動画が公開された

SpaceX Tested Its Capsule That Will Send Humans To Space

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/01/dragon2-test.jpg?w=738


明治 アポロ 46g×10箱
明治 アポロ 46g×10箱
posted with amazlet at 16.01.22
明治
売り上げランキング: 9,600

Yesterday, SpaceX released a video showing a successful hover test of their human-rated spacecraft, Crew Dragon. If all goes according to plan, in 2017, Crew Dragon will be placed on top of a Falcon 9 and send astronauts to the International Space Station (ISS).

昨日SpaceXは、彼らの有人宇宙船である Crew Dragon のホバリングテストの成功を映した動画をリリースしました。 その計画の全てがうまくいくなら、2017年、Crew DragonはFalcon 9の先に据えられ、宇宙飛行士を国際宇宙ステーションISS)へ送ることになります。

youtu.be


逆噴射家族 [DVD]
逆噴射家族 [DVD]
posted with amazlet at 16.01.22
パイオニアLDC (2001-05-25)
売り上げランキング: 42,754

The test, which was completed in McGregor, Texas back in November, analyzed the spacecraft’s ability to fire its SuperDraco engines. NASA stated that while Crew Dragon is in the early stages of analysis, the end goal is to use the spacecraft to land humans on the ground with the accuracy of a helicopter.

このテストは、昨年11月にテキサス州のマグレガーで完了されていたもので、この宇宙船のエンジンである SuperDraco の噴射能力を分析したものでした。 NASAはCrew Dragonが分析の初期段階にあるとしており、その最終目標は、この宇宙船を使用して、ヘリコプターと同様の精度で、人を地上へ着陸させるというものです。

Interestingly, Crew Dragon won’t be using its SuperDraco thrusters in SpaceX’s first crewed flights. The thrusters are designed to bring astronauts back to land in a controlled descent. Instead of this strategy, SpaceX will initially use parachutes to slow Crew Dragon’s descent and splash down in the ocean.

興味深いことに、Crew Dragonは、SpaceXの最初の有人飛行ではSuperDracoのスラスターを使用しないでしょう。 そのスラスターは、制御された降下により、宇宙飛行士を地上へ戻すために設計されているのです。 この戦略の替わりに、当初SpaceXは、Crew Dragonの降下速度を落とすためにパラシュートを使い、海へ降りるでしょう。

  • Interestingly - 興味深いことに
  • crewed - 有人
  • descent - 降下

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/01/dragon2.jpg?w=389&h=259
SpaceX’s Crew Dragon / Image courtesy of SpaceX


イーロン・マスク 未来を創る男
講談社 (2015-09-18)
売り上げランキング: 564

SpaceX has noted that they are working toward propulsive landing because it is a necessary capability if you ever want to land humans on a planet without oceans, like Mars for example.

SpaceXは、軟着陸へ向けて取り組んでいると指摘しました。 これは、たとえば火星のような惑星の海ではなく地面へ人を降ろすために重要な能力です。

  • propulsive - 推進
  • propulsive landing - 推進しながらの着陸、軟着陸のことですね。

While the first version of SpaceX’s Dragon is currently used by NASA for ISS cargo flights, SpaceX has yet to use the second version, Crew Dragon, for a crewed mission. The recent hover test was one of many tests SpaceX will need to conduct in order to receive certification to fly humans into space.

SpaceXのDragonの最初のバージョンは、現在NASAによってISSの貨物輸送のために使用されます。SpaceXは、CrewDragonの2番目のバージョンを有人ミッションのために使わなくてはなりません。 この最近のホバリングテストは、SpaceXが人を宇宙へ飛ばすための認定を受けるために、実施する必要のある多くのテストの内のひとつなのです。

  • cargo flights - 貨物便

Crew Dragon is one of two spacecraft, each capable of carrying 7 people, that will transport U.S. crews to and from the ISS, tentatively starting in 2017. The capsules are being developed under NASA’s Commercial Crew Transportation Capability contracts (CCtCap).

Crew Dragonは2つの宇宙船の内のひとつで、それぞれ乗員は7人。米国の乗員のISSと地上間の輸送を暫定的に2017年に開始。 このカプセルはNASAの商業乗員輸送能力契約(CCtCap)に基づいて開発されています。

  • tentatively - 暫定的に

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/01/dragon-crew.jpg?w=584&h=389
Inside the SpaceX Crew Dragon / Image courtesy of SpaceX



CCtCap is the last phase of NASA’s Commercial Crew Development program (CCDev). Starting in 2010, CCDev was designed to identify U.S. companies that could develop a replacement to the Space Shuttle. At the start of this program, NASA subsidized 5 promising companies for their human spaceflight concepts.

CCtCapはNASAの商業乗員開発プログラム(CCDev)の最終段階です。 2010年に始まったCCDevは、スペースシャトルに替わる開発が可能な米国の企業を識別するように設計されています。 プログラムの最初で、NASAは契約している5社に彼らの人の宇宙飛行コンセプトのため、補助をおこないました。

  • subsidized - 補助した。助成した。

In 2014, that search was narrowed down to Boeing and SpaceX.

2014年、この検索は、ボーイングSpaceX社に絞られました。

Boeing’s crewed capsule, the CST-100, has been undergoing its own engine tests as well. Similar to SpaceX, the CST-100 is designed to touch down on land. Rather than a propulsive landing, Boeing’s capsule will parachute to an airbag-cushioned landing.

ボーイングの有人カプセル CST-100は、同様に独自エンジンの試験を行ってきました。SpaceXに似て、このCST-100はも地上への着陸のために設計されています。 ボーイングのカプセルは、軟着陸ではなくエアバッグのクッションで着陸するためにパラシュートを開きます。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/01/cst-100.jpg?w=590&h=332
Illustration of Boeing’s CST-100 landing / Image courtesy of Boeing



Between their rocket recovery tests, NASA cargo contracts, engine development research for the Air Force, and Crew Dragon development, SpaceX certainly has a lot of work to look forward to this year.

彼らのロケットの回復テスト、NASAの貨物契約、空軍のためのエンジン開発研究、そして、Crew Dragonの開発など、SpaceXは今年、確かに多くの楽しみな仕事を持っています。

  • look forward - 楽しみにする


techcrunch.com