ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

米国運輸長官がイーロン・マスクのハイパーループは次なる「壮大な挑戦」になりうると発言

Transportation Secretary Says Elon Musk’s Hyperloop Could Be Next ‘Moonshot’

https://recodetech.files.wordpress.com/2016/01/20160130-anthony-foxx-hyperloop.jpg?quality=80&strip=info&w=640



The Hyperloop — the super fast, super conceptual, tube-based transportation system popularized by Elon Musk — has its fair share of skeptics. But not Transportation Secretary Anthony Foxx.

ハイパーループ ― イーロン・マスクにより広められた、従来の概念を超えたチューブによる超高速の輸送システム ― は疑わしいという人が、かなりいますが、運輸長官の Anthony Foxx は違います。

  • Transportation Secretary - 運輸長官
  • Moonshot - 元は「月探査船打ち上げ」ですが、アポロの偉業により、壮大な課題、挑戦を意味するようになったとの事。
  • fair - 相当、公正に、かなり、など。
  • skeptics - 懐疑論

Foxx said the Hyperloop is a “very solid idea” that merited further beta testing, and that the federal government had a “responsibility” to support the idea. In fact, the Hyperloop could be eligible for federal money, through the University Transportation Centers grant program, he said. All in all, it was a pretty strong endorsement from the Obama administration for an idea that many dismiss as a pipe dream.

Foxxは、ハイパーループは「非常に中身のある考えだ」と言いました。さらにベータテストを行う価値があり、連邦政府には、その考えを支援する「責任」があると。 事実、ハイパーループには大学交通センターが認めるプログラムを通じて、連邦予算がつく可能性があると彼は言いました。 概して、パイプの夢として多くの人が退けるこの考えにとっては、オバマ政権からの絶好のお墨付きでした。

  • merited - 値する
  • further - さらに
  • eligible - 適格
  • All in all - 概して
  • endorsement - 裏書、賛同、署名
  • the Obama administration - オバマ政権

Foxx was Texas A&M University in College Station, Texas, Friday to deliver the keynote address at the SpaceX Hyperloop Pod Design Competition, where over a thousand high school and college engineers from all over the world were presenting their designs for the best Hyperloop pod.

Foxx は金曜日、テキサス州College Stationのテキサス農工大にいました。 「SpaceX ハイパーループ・ポッド・デザイン・コンペティション」で基調演説を行うためです。 そこでは、世界中からやって来た1000人以上の学生エンジニアが、それぞれ最高のハイパーループ・ポッドの設計をプレゼンテーションしていました。

  • the keynote address - 基調演説

元記事は以下からどうぞ。

recode.net

オリジナルの記事はこちら(↓)。ちょっと文章が多いです。

www.theverge.com