読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

グーグルが AndroidStudio 2.0 ベータを投入。Cold Swap、インデクシングの改善、そしてマルチタッチをサポート

Google launches Android Studio 2.0 beta with Cold Swap, app indexing improvements, and multi-touch support

http://1u88jj3r4db2x4txp44yqfj1.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2015/11/android_studio_wide-930x488.png



Google has released Android Studio 2.0 beta, the latest version of its integrated development environment (IDE). Until now, preview releases were available in the Canary channel, but Android Studio 2.0 has been promoted to the Beta channel.

グーグルが、最新の統合開発環境IDE)の最新バージョンとして、Android Studio 2.0のベータ版を公開しました。 今までプレビューリリースがカナリアチャンネルで利用可能でしたが、Android Studio 2.0 は、ベータ版のチャンネルでプロモートされてきました。

In November, Google unveiled Android Studio 2.0, the second major version of its IDE. Version 2.0 brings a slew of improvements, including Instant Run, a faster Android emulator, and a new GPU profiler. Google hasn’t shared when it expects to release Android Studio 2.0 in the stable channel, but we’re still betting it will be ready in time for the company’s I/O developer conference in May.

昨年11月、グーグルは、このIDEの2つ目のメジャーバージョン Android Studio 2.0 を疲労しました。 バージョン2.0は、改善されていました。より高速なAndroidエミュレーターとしてインスタント・ランと新たなGPUプロファイラーを含んでいました。 グーグルはAndroid Studio 2.0 のリリースが、安定版のチャンネルで期待されているときに、共有しませんでしたが、私たちはまだ、5月の同社のI/O開発者会議にむけて準備されていると考えています。

youtu.be

Google has been hard at work: This isn’t just about fixing bugs. The Beta release brings a slew of improvements, including the following:

グーグルは困難な取り組みをしてきました: これは単に不具合を修正するようなものではない。そのベータリリースは、以下のようなものすごい改善をもたらします。

Instant Run: The beta release introduces a new capability called Cold Swap. This option quickly restarts the whole application, which can be useful for structural code change, including changes to the class hierarchy, method signatures, static initializers, or fields. Cold Swap is available when you deploy to targets with API level 21 or above.

インスタント・ラン:ベータリリースは、Cold Swap という新たな能力を紹介しています。このオプションは、アプリ全体を素早く再起動します。構造的なコードの変更のために便利になります。 クラス階層や、メソッドの署名、静的初期化ルーチン、そしてフィールドの変更を含みます。 Cold SwapはAPIレベル21以上で利用可能です。

App Indexing: In the first preview of Android Studio 2.0 you could add indexing code stubs into your code. With the beta release you can now test and validate your URL links with the built-in validation tool (Tools => => Android => Google App Indexing Test).

Android Emulator: The rotation controls have been updated on the emulator toolbar. Multi-touch support (hold down the Alt key on your keyboard and right-click) for testing apps that use pinch and zoom gestures has been added.

アンドロイドエミュレータ:このローテーション・コントロールは、エミュレーターツールバーで更新されました。 ピンチやズームのジェスチャーを使用するアプリをテストするときにマルチタッチ(キーボードのAltキーを押しながら右クリック)が追加され、使えるようになりました。

http://1u88jj3r4db2x4txp44yqfj1.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2016/02/android_studio_multitouch.gif

Google says “the beta release is near stable release quality” but as with any beta, you can naturally expect that “bugs may still exist.” If you’re already using Android Studio, you can get the latest version on the Beta channel by going to Help and choosing “Check for Update.”

グーグルは「このベータリリースは、安定版のリリースの品質に近い」と言いますが、どのようなベータ版でも、自然にあなたは「まだ不具合があるだろう」と思うでしょう。 もし、あなたが、既にAndroid Studioを使用しているのなら、「Check for Update」を選んで、ベータチャンネルで最終バージョンを手に入れられます。


詳細は、以下の元記事からどうぞ。

venturebeat.com