読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

人工知能の分野で、フェイスブックとグーグルに、その他の企業が迫りつつあるというデータ

How the Rest of Tech Is Playing Catch-Up to Facebook and Google in Artificial Intelligence

https://recodetech.files.wordpress.com/2016/02/shutterstock_161925818.jpg?quality=80&strip=info&w=640



Facebook and Google are two of Silicon Valley’s leaders in artificial intelligence. They have both invested heavily in AI, hiring loads of top researchers to develop projects like the Facebook Messenger “smart” assistant M, or Google’s in-the-works AI-powered chatbot.

人工知能において、フェイスブックとグーグルは、シリコンバレーのリーダーを代表する二社です。 彼らは共に、AIと第一線の研究者の採用に非常に投資しています。 それは、フェイスブックメッセンジャーの「スマート」アシスタント M や グーグルの計画中の人工知能を装備したチャットボットのようなプロジェクトを開発するためです。

  • in-the-works - 計画中

While Facebook and Google are duking it out in international competitions, the two companies are far from alone in their efforts to dominate the space. IBM has its “Jeopardy!”-winning and fitness-coaching Watson project, Apple is discreetly buying companies and Re/code recently had some fun with Microsoft’s image recognition tool for photos of dogs (and people).

フェイスブックとグーグルは国際的な競争の中で戦っていますから、この二社は、その空間を支配するための彼らの取り組みにおいて孤独ではありません。IBMには、クイズ番組「ジェパディ!」で勝ち、自身のフィットネスを教えるWatsonのプロジェクトがあります。アップルは慎重に企業を買収しています。なので、Re/codeは、最近マイクロソフトの画像識別ツールで犬(と人)の写真のために少し楽しいことをしました。

  • discreetly - 慎重に。
  • duking - 戦っている


As for the rest of Silicon Valley, research firm CB Insights recently published a report on the AI investments the tech industry is making. Here are some of its key findings:

調査会社のCB Insightは、技術産業が行っているAIの投資について、最近報告書を発行しました。 そこには次のようないくつかのキーが見られる。

  • Since 2010, over 45 companies and corporate VC arms have invested in AI startups. Bloomberg Beta, the venture firm of Bloomberg LP (its investments include Howdy, Domino Data Lab and DiffBot), Samsung Ventures (Expect Labs, Idibon and Winston) and Japanese ISP Rakuten’s venture arm (ViSenze and Algorithmia) were among the top corporate investors in AI last year.
  • Corporate investment in artificial intelligence peaked in Q4 2014, with $152 million invested across eight major deals. In all of 2014, startups landed $230 million in 21 different deals.
  • In 2015, companies and corporate venture divisions spent $128 million in 15 significant deals. There’s more information about quarterly investment numbers in the chart below.
  • The spike in Q4 2015 AI investment can be tied largely to one deal: Google’s investment in Mobvoi, an app maker that specializes in Chinese-language voice search.
  • Directly from the report: “Deals to AI startups involving corporates saw a 15x increase between 2010 and 2015.”
  • 2010年以来、45の企業と会社のベンチャーキャピタルの腕が、AIのスタートアップへ投資しました。Bloomberg LPのベンチャーブルームバーグベータ、サムスンベンチャーズ、そして日本の楽天ベンチャーたちが、昨年のAIへの上位の投資家でした。
  • AIでの会社の投資は2014年の第4四半期にピークを迎えた。8つの主要な取引で1億5200万ドルが投資された。2014年全体では21の別々の取引でスタートアップが2億3000万ドルを獲得した。
  • 2015年、企業と企業のベンチャー部門は15の重要な取引で1億2800万ドルを費やした。下のチャートに詳しい情報があります。
  • 2015年の第4四半期のAIへの投資が突出したところは、一つの取引に大きく関連付けられる。グーグルのMobvoiへの投資です。中国語の音声検索に特化したアプリのメーカーです。
  • 報告書から直接えられるのは「企業に関連したAIのスタートアップとの取引は、2010年と2015年の間で15倍も増加した」ということです。

https://recodetech.files.wordpress.com/2016/02/ai_corporate_backing_quarterly_20160205.jpg?quality=80&strip=info&w=640&strip=info


元記事は以下からどうぞ。

recode.net