読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

XプライズとIBMが500万ドルの人工知能コンペティションを発表

X Prize and IBM Announce a $5 Million Artificial Intelligence Competition

https://recodetech.files.wordpress.com/2016/02/20160217-ibm-watson-x-prize-ai.jpg?quality=80&strip=info&w=640



The X Prize Foundation and IBM have just announced a new global X Prize competition with a focus on artificial intelligence. Teams from around the world can take part in the “IBM Watson A.I. X Prize: A Cognitive Computing Competition,” as it’s being called, in hopes of taking home part of a $5 million purse to be awarded at the TED conference in 2020. Registration will open at the end of May.

Xプライズ財団IBMが、人工知能についての新しいグローバルな X Prize コンペティションを発表しました。 世界中のチームが、「IBM Watson A.I. X Prize: コグニティブ(認識)コンピューティング・コンペティション」に参加できます。 2020年に TEDカンファレンスで表彰される総額500万ドルの本戦を目指します。 登録は5月の終わりにできるようになります。

In past competitions, the X Prize Foundation typically laid out specific goals or requirements that had to be met. That’s not the case this time around, because X Prize is allowing teams to define their own challenges.

過去のコンペティションで、Xプライズ財団は、常に特定のゴールや必須事項を設定してきましたが、今回はそれに当てはまりません。 Xプライズは、チーム自身で課題を設定することを許可しているからです。



元記事は以下からどうぞ。

recode.net