読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

MacBookと自撮り棒の悪夢のような組み合わせ

社会・文化・歴史

New MacBook selfie sticks are a nightmare mashup of nope

http://cdn.cultofmac.com/wp-content/uploads/2016/02/9-780x585.jpg
I'll take a double-shot half-caff soy latte with a side of massive MacBook selfie stick, please. Photo: MacBook Selfie Stick


アルス 超軽量伸縮式高枝鋏ライトチョキズーム 150Z-3.0-5D
アルスコーポレーション
売り上げランキング: 757

Selfie sticks are bad enough, and while we’ve not seen anyone taking photos with a iPad and a long stick yet, here’s something even wackier: a Macbook on the end of a stick.

自撮り棒は、それだけで十分に格好良くないのですが、まだ私たちはiPadと長い自撮り棒を使って写真を撮ってる人を見たことがないので、セルフィースティックの端にMacbookが付いているという、少しふざけたことを見てください。

  • wackier - おどけた

Created by an artist collective and showing on the streets of New York City, the oversized selfie sticks seem to be making the point that perhaps the technology that serves our obsession with selfies should be as outsized as our egos.

アーティストによって作られ、ニューヨークのストリートで見せられている、この大きな自撮り棒は、私たちに時に強迫観念すら与えるセルフィーの技術は、我々の大きくなったエゴであると理解させようとしているように思えます。

  • making the point - 主張の正しいことを示す。要点を理解させる。
  • obsession - 強迫観念
http://cdn.cultofmac.com/wp-content/uploads/2016/02/6-400x600.jpg
Why, indeed.
Photo: MacBook Selfie Stick
The photos are a collaboration of artists Art404, John Yuyi, and Tom Galle. The images show various models (some featuring the artists themselves) in selfie-taking poses around the streets of NYC, with various passerby wearing quizzical expressions. Of course, other bystanders are already pulling out their own cameras to take photos of the oversized selfie sticks with attached MacBooks. The selfie stick itself appears to be a long, unwieldy pole attached to a heavy-duty clamp that safely holds a full-on MacBook in place of the standard iPhone. These look heavy and really ridiculous–even worse than when someone pulls out an iPad at the museum to take photos and video.

この写真はアーティストのArt404、John Yuyi、そしてTom Galleのコラボレーションです。 この画像は様々なモデル(時には彼ら自身も入っています)がニューヨーク周辺で、訝しげな表情を浮かべた様々な通行人とともに、セルフィーを撮るポーズを見せています。もちろん他の傍観者達は既に彼らのカメラを取り出して、このMacBookが取り付けられた自撮り棒の写真を撮っています。 このセルフィースティックは、それ自身が長くなっており、扱いにくいポールが、普通のiPhoneがある場所に完全なMacBookを安全に保持する頑丈なクランプに取り付けられている。

  • passerby - 通行人
  • quizzical - 訝しげな
  • expressions - 表現
  • bystanders - 傍観者
  • unwieldy - 扱いにくい

There’s no commentary on the website, so the interpretation is left up to us, though one shot seems to encapsulate the entire art project: a photo of a young woman with her MacBook on a stick standing in front of a Times Square light billboard with the single word, “Why?” on it.

ウェブサイトに解説はありませんから、翻訳は私達に残されています。 しかし、このひとつは、アートプロジェクトをカプセル化しているように見えます。若い女性が彼女のMacBookをセルフィー・スティックにつけ、タイムズ・スクウェアの正面に立っている写真では、ライトの付いた看板にひと言「なぜ?」と書いてあります。

Surely, these MacBook selfie sticks aren’t taking photos of their holders, but the idea is intriguing. How far will this trend of auto-photography continue?

確かに、これらのMacBookのセルフィースティックは、彼ら自身の写真を撮っていません。 しかし、この考えは、興味をそそります。一体どれくらい、この自動写真撮影の傾向は続くのでしょう?

  • intriguing - 興味をそそる

http://cdn.cultofmac.com/wp-content/uploads/2016/02/imac-selfie-stick-780x520.jpg
That didn’t take long. Photo: F. della Faille/Twitter

If this guy on Twitter has his way, pretty far.


元記事は以下からどうぞ。

www.cultofmac.com

広告を非表示にする