読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

SpaceXの打ち上げは日本時間で月曜朝! ― ドローン船への着陸挑戦4回目

ロケット・宇宙船 ドローン

SpaceX just announced it will be launching a rocket on Sunday

[http://static4.businessinsider.com/image/56d243902e526556008ba143-2048-1365/24631230904_e19a108a80_k.jpg:image=http://static4.businessinsider.com/image/56d243902e526556008ba143-2048-1365/24631230904_e19a108a80_k.jpg]


101回目のプロポーズ [DVD]
フジテレビジョン (2001-10-17)
売り上げランキング: 10,759

After two postponements, SpaceX announced that it is ready to try another rocket launch on Sunday, Feb. 28 at 6:46 p.m. ET. Scrubbing a launch is not uncommon in the rocket business, nor is it necessarily a sign that something is wrong with the rocket, or its cargo.

There are a number of factors to consider when launching a rocket including weather, fuel temperatures, and boats that stray too close to the launch pad.

2回延期されたあと、SpaceXがロケット打ち上げ準備が整ったと発表しました。アメリカ東部時間で2月28日(日)午後6時46分 ― 日本時間では2月29日(月)午前8時46分。 ロケットビジネスで、打ち上げの延期は珍しくはありませんから、必ずしも、ロケットやカーゴに何かよくないことが起こったというような兆候ではありません。

ロケット打ち上げ時には、天候や燃料の温度、また発射台に近づき過ぎるボートなど、考慮するべき要素がたくさんあります。

  • postponements - 延期
  • Scrubbing a launch - ロケット打ち上げの中止や延期
  • necessarily - 必ずしも
  • stray - ぶらぶらうろつく。浮遊する。

2/29追記 : この打ち上げも延期になりました。いちゃいけないところに船がいたとか?

SpaceX was originally scheduled to launch the 11,750-pound SES-9 telecommunications satellite on Wednesday, Feb. 24 out of its launch site at Cape Canaveral in Florida.

However, because of inclement weather, the SpaceX launch team postponed the launch a few hours before the scheduled lift off. SpaceX later added that the launch was also postponed, in part, out of concerns with the rocket's fuel.

SpaceXはもともと、11,750ポンド(約5.3トン)のSES-9通信衛星を、2月24日水曜日に、フロリダ州のケープ・カナベラルの発射場から打ち上げるよう予定していました。

しかし、天候が荒れたため、SpaceXの打ち上げチームは、予定された打ち上げの前に、数時間延期しました。 SpaceXは、その後、この打ち上げをさらに延期しました。こちらは、ロケット燃料についての懸念によるものです。

  • inclement weather - 荒れ模様の天気
  • lift off - ロケットの打ち上げ。

"Out of an abundance of caution, the team opted to hold launch for today to ensure liquid oxygen temperatures are as cold as possible in an effort to maximize performance of the vehicle," SpaceX stated on its webcast website.

「十分な注意によって、チームは、ロケットの能力を最大限に発揮させるため、液体酸素を可能な限り低温に保つことで、本日の打ち上げを行うことにしました。」 SpaceXはウェブサイトで宣言しました。

  • abundance of caution - 十分な注意

SpaceX began using a new kind of fuel with its upgraded Falcon 9 rockets last December, which now run on deep cry liquid oxygen (LOX). This fuel has the benefit that you can pack more of it into a rocket — which adds to its power — but the trade-off is that you have to chill it at -340 degrees Fahrenheit.

SpaceXは昨年12月、アップグレードされたFalcon 9に、新しい種類の燃料を使用し始めました。それは今、深い叫びの上で(?)動作する液体酸素(LOX)です。 この燃料はロケットにパワーを追加して、もっと多くを積載できるという利点があります。しかし、トレードオフとして、華氏-340度(摂氏-207度)まで冷却しなければなりません。

  • chill - 冷気、風邪

Thursday was the back-up date, and everything looked good until, seemingly out of nowhere, the team held the launch with just 1 minute and 40 seconds to go.

木曜日は予備日でした。そして、一見して全てがうまく行っているようでした。打ち上げ1分40秒前までは。

  • seemingly - 一見
  • out of nowhere - どこからともなく

SpaceX has not announced details for why they called off the launch. All we know is that the team decided to hold as the LOX was being pumped into the rocket.

SpaceXは打ち上げ延期の理由の詳細を発表しませんでした。我々が知っている全ては、チームがLOXをロケットへ注入を行うと決定したということです。

“Preliminary (information) is that we were … looking at how much time we had left in the count to finish loading the liquid oxygen, and at that time, the launch team decided that we would need to hold the countdown,” SpaceX commentator John Insprucker said during a live webcast, as reported by Fortune.

「前回の(情報)は、私たちは・・・ 液体酸素を注入し終えるために私たちに残された時間がどれほどなのかを見ていました。そして、その時に、打ち上げチームがカウントダウンを行うべきであると決定しました。」と、SpaceXのコメンテーター John Insprucker がウェブの生放送で言ったと、フォーチュンが報じました。

この点において、SpaceXの打ち上げにフォローされる誰もが、この延期が比較的一般的なものだと知っています。しかし、最終的に、後悔するより安全を確保することは賢明です ― そして安くつきます。

At this point, anyone who's followed SpaceX launches knows that these delays are relatively common. But, in the end, it's far wiser — and cheaper — to be safe than sorry.

Sunday's rocket launch is scheduled to happen at 6:46 p.m. ET followed by another rocket landing attempt.

The landing attempt will take place about 10 minutes after lift off on SpaceX's floating ocean platform called "Of Course I Still Love You." The platform is autonomous and will steer itself about 400 miles off Florida's coast in preparation for the launch.

日曜のロケット打ち上げは、アメリカ東部時間で午後6時46分(日本時間では月曜日の午前8時46分)に行われるようにスケジュールされており、その後、ロケットの着陸への試みが行われます。

SpaceXの海上プラットフォーム「もちろん今でも君を愛してる」への、着陸の試みは打ち上げから10分後です。このプラットフォームは、自律しており、打ち上げのための準備として、フロリダ沖400マイルへ自ら舵をとります。

If SpaceX succeeds, it will be its first successful rocket landing on board the ocean platform. This will be the fourth attempt.

もし、SpaceXが成功するなら、それは、初めてのロケットの海上プラットフォームへの着陸成功となります。これは4回目の試みとなります。


元記事は以下からどうぞ。

www.businessinsider.com