読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

HoloLens開発者向けエミュレータ、マイクロソフトが間もなく提供

Microsoft will soon offer a HoloLens emulator for developers

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/03/emulator.png?w=738


AR(拡張現実)技術の基礎・発展・実践 (設計技術シリーズ)

科学情報出版 (2015-09-28)
売り上げランキング: 63,779

Want to develop for Microsoft’s HoloLens mixed-reality platform but don’t want to pay $3,000 for the developer kit? Until now, it looked like you were out of luck, but as Microsoft announced today, you will soon be able to use a HoloLens emulator to write your applications even if you don’t own the actual hardware.

マイクロソフトの複合現実プラットフォームHoloLensで開発したいが、開発者キットに3000ドルは払いたくない? 今までは、ラッキーではなかったようですが、しかし本日マイクロソフトは、まもなくHoloLensのエミュレータが使用できるようになると発表しました。 実際のハードウェアがなくても、自身でアプリケーションを書けるようになります。

The emulator, as well as all of Microsoft’s other developer tools for HoloLens, will become available before March 30, the shipping date for the first batch of HoloLenses. Using the emulator, developers will be able to test their apps in simulated rooms and walk around it using keyboard commands, a mouse and an Xbox controller.

HoloLens用のマイクロソフトの他の全ての開発ツールと同じく、このエミュレータは、HoloLensが最初の出荷日である3月30日よりも早い段階で利用できるようになるでしょう。 このエミュレータを使えば、開発者はシミュレートされた部屋の中をキーボードからのコマンドで歩き回りながら、彼らのアプリケーションを試験できるようになるのです。

By default, the emulator will come with spatial maps for two different bedrooms, a living room and a great room layout. Developers will also be able to use a HoloLens to scan their own rooms and then use them in the emulator.

最初から、このエミュレータには、2つの別のベッドルームとリビングルーム、そして素晴らしい部屋のレイアウトの粗いマップがある。 開発者は彼ら自身の部屋をスキャンしてエミュレータの中で使用するために、HoloLensを使うことも出来ます。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/03/1_windowsholographic-1024x602.png?w=1024&h=602

The emulator will run in its own Hyper-V virtual machine and as far as the apps are concerned, they won’t know whether they are running in an emulator or on the real hardware.

エミュレーターは同社のHyper-V仮想マシンで動作し、アプリ内からみる限りでは、実行しているのが、エミュレータか、それとも現実のハードウェアは分からないでしょう。

The standard tool chest for building “holographic apps” hasn’t changed since Microsoft first walked us through the process of building a basic app. You’ll need Visual Studio and a working knowledge of Unity. To help developers prepare for the release of HoloLens, Microsoft also today announced a video tutorial and other documentation as well.

この「ホログラフィックアプリ」を作るための標準ツールボックスは、マイクロソフトが基本ソフトの処理を通じて最初に私たちに与えたものから変更されていません。 あなたはVisual Studioと、そして、Unityでの作業の知識を必要とします。 開発者のHoloLensのリリースに向けた準備を支援するため、マイクロソフトはビデオチュートリアルと他の文書を同様に本日発表しました。

  • tool chest - 道具箱

youtu.be



元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com