読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

オキュラス内部・ニューヨークの非常識・40億ドルの異様な駅

政治・経済 交通・輸送 事件

Inside the Oculus, New York's insane-looking, $4 billion train station

Winged dove? Or beached whale carcass?

翼を広げた鳩だろうか?打ち上げられた鯨だろうか?

https://cdn3.vox-cdn.com/thumbor/OMGrrGtJd_eInqslHuq_0mJSzEs=/0x0:2500x1667/2050x1367/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_image/image/49007323/akrales_160303_0967_A_0062.0.0.png

  • Oculus - 眼、開口部、ドームに取り付けられた天窓


On Thursday, March 4th, the World Trade Center Transportation Hub in Lower Manhattan officially opened to the public. The hub replaces the PATH train station that was destroyed during the 9/11 terrorist attacks, which — if you'll recall — was rather a long time ago. Indeed, over 12 years in the making, the new train station is symbol of both governmental waste and architectural excess. Its centerpiece is the Oculus, a mind-boggling glass-and-steel structure designed by Spanish architect Santiago Calatrava to look like a dove in flight, but it actually more closely resembles a pair of ragged claws, scuttling across the sands of Lower Manhattan.

3月4日木曜日、マンハッタンで、ワールドトレードセンターのトランスポーテーション・ハブが公式に公開された。 このハブはテロリストによって9.11に破壊されたPATH駅を置き換えます。これは ― 思い出せるだろうか ― かなり昔の話だ。 そう、この新しい駅を作るのに12年かかった。この駅は両政府の浪費と建築過剰のシンボルだ。 この中央には開口部がある。それは、ガラスと金属の気が遠くなりそうな構造物。スペインの建築家Santiago Calatravaによって設計された。飛翔する鳩の翼のように見えるが、それは実際にはギザギザの爪に似ていて、マンハッタン南部の砂浜を横切って沈められている。

  • mind-boggling - 気が遠くなりそうな、度肝を抜く

Critics have blasted the hub for its massive cost overruns ($4 billion in public money) and lack of anything resembling a traditional train station (ticket machines, clocks, maps). But its existence is significant, if only because the hub represents the type of ambitious open spaces that used to exemplify public transit in the US. Grotesquely expensive, sure. Tough on the eyes, no question. But at least we all get to share in the spectacle.

批評家たちは、このとても費用が超過した(公的資金40億ドル)ハブを批判しており、従来の駅の何物も(券売機、時計、地図)欠いている。 しかし、このハブが米国における公共交通機関に対して使用するオープンスペースの意図の形式を表現するためだけならば、その存在は大きい。 グロテスクで高価だ、確かに。目の毒であり、質問が出てこない。しかし少なくとも我々全員がこの光景をシェアするのだ。

Photos: Amelia Krales

https://cdn0.vox-cdn.com/thumbor/qa7CCmiSUh5Y3YsaSc40ttZB78E=/1020x0/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/6148565/akrales_160304_0967_A_0130.0.png

https://cdn0.vox-cdn.com/thumbor/QgSl0AFUX4xPod7BSpt5PeIgNGU=/1020x0/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/6148575/akrales_160304_0967_A_0207.0.png


www.theverge.com