ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

【動画】オバマ大統領、Apple/FBIの件で、暗号化に関する「絶対主義者の視点」を持つことに対して警告

President Obama cautions against taking ‘absolutist view’ on encryption in Apple/FBI case [Video]

https://9to5mac.files.wordpress.com/2016/03/cftd1q6wiaa1bvl-jpg-large.jpeg?w=2000&h=0#038;h=500


暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス
SBクリエイティブ (2015-09-17)
売り上げランキング: 5,182

The latest to speak out on the Apple and FBI controversy is none other than President Obama who earlier today attended a talk at South by Southwest Interactive. While the talk was about “civic engagement in the 21st Century,” the conversation not surprisingly turned to the government’s role in the Apple and FBI controversy in the San Bernardino shooter case.

アップルとFBIの論争についての最新の発言は誰あろう、本日早くに、サウス・バイ・サウスウェスト・インタラクティブでの講演に出席したオバマ大統領です。 講演は「21世紀の市民参加」についてでした。その対話の内容が、サン・バーナーディーノの銃乱射事件でのアップルとFBIの論争における政府の役割に関することに変化したのは驚くことではない。

Obama made it clear that he isn’t behind Apple in the case, saying that tech companies shouldn’t “take an absolutist view” on encryption and encouraging them not to wait and force Congress to pass new law:

オバマは、この事件に関してアップルの背後にはいないと明確にした。テクノロジー企業は、暗号化について「絶対主義者の視点」を取るべきではなく、新たな法律を通すために議会に圧力をかけ、彼らに待たないことを奨励すると言いました。

…technology is evolving so rapidly that new questions are being asked and I am of the view that there are very real reasons that we want to make sure that government can’t just willy nilly get into everyone’s iPhones, or smartphones, that are full of very personal information… lets face it, the whole Snowden disclosure episode has elevated people’s suspicions of this…

The question we now have to ask is, if technologically it is possible to make an impenetrable device or system where the encryption is so strong that there is no key, there’s no door, at all, then how do we apprehend the child pornographer, how do we solve, or disrupt a terrorist plot, what mechanisms to we have available to do simple things like tax enforcement… if government can’t get in, then everyone’s walking around with a Swiss bank account in there pocket… there has to be some concession to the need to be able to get into that information somehow… folks on the encryption side will argue that any key whatsoever… could end up being used on every device… We’re going to have to make some decisions about how do we can balance these respective risks…


…テクノロジーは新たな問題を投げかけながら、非常に急速に進化している。そして、政府が個人情報が詰まっている全員のiPhoneスマートフォンに否応なく押収できないということを、私たちは確かめておきたいという非常に現実的な理由があるというのが、私の見方です…

私たちが今尋ねるべきその問題は、もし、鍵もドアもまったく無く、強力に暗号化される不可解な機器やシステムを作ることが技術的に可能であるならば、私たちはどうやって、児童ポルノを摘発するのか、如何にして、テロの計画を解決し、または壊滅させるのか… 私たちが税務執行のように単純なことを行えるようにする機構…もし政府が、それを押収できないのであれば、全ての人がポケットの中にスイス銀行の口座を入れて歩き回ることになる…情報を押収することを可能にする必要性に対して、いくつかの譲歩はあるべきだ。暗号化サイドの人たちは、おそらく、そのような鍵は全ての機器で使えてしまう可能性があると主張するでしょう。私たちは、どうすればそれぞれのリスクのバランスを取れるかということについて、いくつかの決定をするつもりです。

  • willy nilly - 否が応でも
  • impenetrable - 不可解な
  • concession - 譲歩、利権、居留地

So far, after refusing a judge’s request to unlock a device belonging to a suspect on behalf of the FBI in the case, Apple has taken the position that it can’t be legally compelled to create new products that allow the access government wants and that it should be up to Congress to make law that addresses the overall policy questions at hand. And it looks like that’s where the case is headed as Apple expressed that view at a congressional hearing before the House Judiciary Committee earlier this month ahead of a federal court hearing scheduled for March 22.

これまで、この件で裁判官がFBIの代理として、容疑者が所有していた機器の暗号化を解きなさいという要求をした後、アップルは、政府が要望するアクセスが可能な新製品を作ることは法的に強要できないし、手元の政策全体の問題に対処する法律を作るために、議会に上げられるべきだという立場をとっていました。 そして、この件は、今月上旬に下院司法委員会が予定していた、3月22日の連邦裁判所の審問よりも前に、アップルが議会の公聴会で、この意見を表現し、前進しました。

Obama continued by saying that companies shouldn’t take an “absolutist view” on encryption and that he thinks the solution will come down to creating a back door of sorts for government: “I suspect that the answer’s going to come down to how do we create a system where the encryption is as strong as possible, the key is as secure as possible, it is accessible by the smallest number of people as possible, for a subset of issues that we agree are important…”

オバマは、企業は暗号化に関して「絶対主義者の視点」を持つべきではなく、その解決法は政府の為にバックドアのようなものを作るということに帰結するだろうと考えていると続けました: 「その答えは、私たちが重要であると同意する課題のサブセットの為に、可能な限り強力に暗号化され、その鍵は可能な限り安全で、ごく限られた少数の人しかアクセスできないシステムを、どうやって構築するかということに帰結すると、私は勘ぐっています…」

Watch the full talk with President Obama below (the Apple/FBI talk specifically starts at 1:15:00)

オバマ大統領の完全な講演は以下の動画を見てください(Apple/FBIについての話は1時間15分から始まります)

youtu.be


悲劇の解読 (ちくま学芸文庫)
筑摩書房 (2013-09-06)
売り上げランキング: 97,939

元記事は以下からどうぞ。

9to5mac.com