読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

グーグルが新たな機械学習プラットフォームを立ち上げる

Google launches new machine learning platform

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/03/next_whats_next.jpg?w=738



Google today announced a new machine learning platform for developers at its NEXT Google Cloud Platform user conference in San Francisco. As Google chairman Eric Schmidt stressed during today’s keynote, Google believes machine learning is “what’s next.” With this new platform, Google will make it easier for developers to use some of the machine learning smarts Google already uses to power features like Smart Reply in Inbox.

サンフランシスコのNEXTグーグル・クラウドプラットフォームユーザーカンファレンスで、グーグルは開発向けの新しい機械学習プラットフォームを発表しました。 グーグルのチェアマン エリック・シュミットが本日の基調講演で、グーグルは機械学習は「次なる物」だと信じていると印象付けました。 この新しいプラットフォームによって、グーグルは、開発者がちょっとした機械学習を簡単に使用できるようにします。 グーグルは既にInboxのSmart Replyのような強力な機能に使用しています。

  • stressed - 印象付ける

The service is now available in limited preview.

このサービスは、現在、制限付のプレビューとして利用可能です。

“Major Google applications use Cloud Machine Learning, including Photos (image search), the Google app (voice search), Translate and Inbox (Smart Reply),” the company says. “Our platform is now available as a cloud service to bring unmatched scale and speed to your business applications.”

「グーグルの主要なアプリケーションは、クラウド・マシンラーニングを使用しています。Photo(画像検索)や、Google App(音声検索)、グーグル翻訳やInbox(Smart Reply)などですね。」 同社は言います。 「我々のプラットフォームは、クラウドサービスとして利用可能です。あなたのビジネスアプリケーションに、他と比較できないほどのスケールとスピードをもたらすためにね。」

  • unmatched - 無比の

Google’s Cloud Machine Learning platform basically consists of two parts: one that allows developers to build machine learning models from their own data, and another that offers developers a pre-trained model.

グーグルのクラウド・マシンラーニングプラットフォームは基本的な2つの部分から成り立っています:ひとつは、開発者が自身のデータを使用して、機械学習モデルを構築できるようになる部分です。 もうひとつは、開発者に、事前に訓練されたモデルを提供する部分です」

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/03/ml-lead.png?w=281&h=291

To train these machine learning models (which takes quite a bit of compute power), developers can take their data from tools like Google Cloud Dataflow, Google BigQuery,Google Cloud Dataproc, Google Cloud Storage, and Google Cloud Datalab.

“Cloud Machine Learning will take care of everything from data ingestion through to prediction,” the company says. “The result: now any application can take advantage of the same deep learning techniques that power many of Google’s services.”

The pre-trained models include existing APIs like the Google Translate API and Cloud Vision API, but also new services like the Google Cloud Speech API (you can read more about this here). The Cloud Speech API powers Google’s own voice search and voice-enabled apps. It can do speech-to-text conversion for 80+ languages.

Google stressed during today’s keynote that it wants to bring the technology it developed internally to developers and make it as easy to use as possible. At the same time, the company is also open-sourcing tools like Tensorflow to allow the community to take its internal tools, adapt them for their own uses, and improve them.

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/03/google_image_rec.jpg?w=1024&h=543


元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com