読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

地上の配送ロボットが次に来る?

技術と未来 ロボット 自動運転

Ground delivery robots: Passing fancy or next wave?

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/04/screen-shot-2016-04-10-at-9-09-35-am.png?w=738



  • Passing fancy - 気まぐれ

“Every failed on demand startup will reappear as a successful robotics driven business in five to 10 years.” So tweeted Jeremy Conrad, founding partner of the San Francisco-based hardware fund Lemnos Labs, one recent afternoon.

「この5年から10年間に、全てのオンデマンドで失敗したスタートアップが、成功するロボット工学の事業として、再び現れるでしょう」 つい先日の午後、サンフランシスコのハードウェア基金 Lemnos Labs の設立パートナー Jeremy Conrad が、このようにツイートしました。

Conrad apparently means what he tweets, having investing in Marble, a new, San Francisco-based ground-delivery robot that will focus on ground-based last-mile delivery for business, then consumer, applications. (Conrad wouldn’t discuss the still-stealth startup’s funding picture, but another source tells us it’s currently meeting with investors.)

Conradは彼がツイートしたものを明らかに意味している。新たなサンフランシスコの、ビジネス向けの地上配送に焦点をあわせているであろう地上配送ロボット Marbel への投資。そして、消費者へのアプリケーションです。(Conradは、その隠匿されたスタートアップの資金計画を議論しようとしなかったが、他の情報源が、私たちに、現在投資家たちと会っていると話しました)

He’s hardly alone in thinking that ground robots will be bringing us everything from canned goods to Christmas lights sooner than we think. For example, this past Wednesday, Andreessen Horowitz announced it had led a $2 million investment in Dispatch, a company whose self-driving ground delivery robots look like minibars on wheels.

彼は、地上のロボットが、缶入りのグッズからクリスマスライトまでの全てを、私たちが考えているよりも早く持ってきてくれるようになるだろうと考えている唯一の人だ。 例えば、先週の水曜日Andreessen Horowitzは、車の上に小さな冷蔵庫が乗ったような見た目の自動運転の地上配送ロボット企業であるDispatchへ、200万ドルの投資を導いたと発表した。

And Dispatch’s machines look an awful lot like the robots of Starship, an Estonia-based outfit created by Skype cofounders Ahti Heinla and Janus Friis, who took the wraps off their still-in-beta machines late last year. The robots, which also look like little refrigerators, are designed to deliver goods like groceries – about two bag’s worth – in 30 minutes of less.

Dispatchのマシンは、昨年遅くベータ版を披露した、Skypeの共同創業者であるAhti Heinla と Janus Friisによって作られたエストニアの団体のロボット Starship に酷似している。 小さな冷蔵庫のように見えるそのロボットは、食料品のような物 ― 約2袋分 ― を30分以内に配達するために設計されている。

In each case, the idea is to save money on deliveries by cutting out costly humans. Starship is also promising to give customers more control over the delivery process. It says it will enable residents to schedule deliveries only when the timing works, as well as track in real time the whereabouts of the robots, whose tech includes GPS, gyroscopes, and nine cameras. (As an added bonus, its robots will produce zero emissions, says Starship.)

どちらの場合でも、その考えは配達において費用のかさむ人を排除することでお金を節約することです。Starship は、顧客にその配達中により制御を与える約束をしている。そのタイミングの時だけ、住人に配達の予定を行うことを可能にすると言っています。GPSジャイロスコープ、そして9つのカメラを装備したロボットが、だいたいどの辺にいるかをリアルタイムに追跡するのと同様に。(追加ボーナスとして、そのロボットはゼロエミッションになるだろうとStarshipは言っています)

Whether these new ground-based robot couriers represent the beginnings of a broader trend or a series of one-off bets remains a question mark. We’d bet on the former, though.

これらの新たな地上のロボット使者は、幅広いトレンドの始まりか、それともクエスチョンマークの付く一時的なものなのか。 しかし、私たちは前者に賭けます。

(以下略)


続きは以下の元記事でどうぞ。

techcrunch.com

※ かなり読みにくい文章だと思いました。

広告を非表示にする