読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

グーグル自動運転車と、テスラのオートパイロット:グーグルは6年で150万マイル、対するテスラは6ヶ月で4700万マイル

Google’s self-driving car vs Tesla Autopilot: 1.5M miles in 6 years vs 47M miles in 6 months

https://electrek.files.wordpress.com/2016/04/google-tesla.png?w=2000&h=0#038;h=369


IoTで激変するクルマの未来
桃田 健史
洋泉社
売り上げランキング: 15,695

We’ve covered how Tesla’s approach to self-driving cars differs from Google’s. The former is incrementally introducing more advanced autonomous features to eventually get to full autonomy, while the latter thinks it is safer to make the jump to completely autonomous driving once the technology is at maturity.

私たちは、自動運転車に対するテスラとグーグルのアプローチが、どのように違うかを把握しました。 前者は、より進歩した自律機能を徐々に追加して最終的に完全な自律車となりました。 後者は、ひとたび技術が成熟したときに、一気に完全な自律運転を実現するための安全策をとっています。

The two companies also have different approaches to hardware. Google relies on LiDAR, while Tesla thinks it’s unnecessary and that a combination of cameras and radars should do the job. Only time will tell which strategy will turn out to be the most successful, but in the meantime, Tesla shared a rare data point that gives us some perspective on the two programs.

この2社は、ハードウェアでもまた別のアプローチを取っています。グーグルはLiDARに依存しており、テスラは不要と考えており、カメラとレーダーの組み合わせで、それを行うべきだとしています。 どちらの戦略が成功するのかは、時間だけが教えてくれるでしょうが、今回、テスラが注目すべき希少なデータを共有しました。それは2つのプログラムにおける、いくつかの見通しを、私たちに与えてくれます。

Unlike Tesla, Google shares monthly reports on its self-driving car program (please Tesla, take example). The company releases its cumulative miles driven on autonomous and manual modes, as well as accident reports (when there are any) and sometimes they write about new technologies they are implementing.

We often share those reports on Electrek and our sister-site 9to5Google.

テスラとは違い、グーグルは、自動運転車プログラムの月例の報告を共有しています(テスラもやってください)。同社は自律運転とマニュアルモードの累積距離を発表しています。 事故の報告(どのようなものでも、それが遭った時)と同じように。そして、時には、彼らが実装した新しいテクノロジーについても書いています。

それらの報告は、Electrekや姉妹サイトの 9to5Googleでたびたび共有しています。

  • cumulative - 累積的な

Our colleague Stephen Hall keeps track of the autonomous miles driven by Google’s SDCs:

同僚のステファン・ホールが、グーグルの自動運転の距離を追い続けています:

https://electrek.files.wordpress.com/2016/04/google-cars-autosaved-2016-04-04-09-30-501.png?w=800&h=431

As you can see, it recently reached the 1.5 million miles mark last month. That’s since the beginning of the program in 2009.

先月、150万マイル(約241万km)に達したと読めますね。2009年のプログラムの開始時点からです。

While Tesla doesn’t share similar data for its Autopilot program, for some reason, over the weekend the company decided to release the total miles driven with Autopilot by its fleet since its introduction in October 2015.

テスラはいくつかの理由により、このようなデータを出していませんでしたが、週末に、同社はオートパイロットでのトータルの運転距離を公開しました。2015年の10月以降のデータです。

The company confirmed that 47 million miles were driven while the Autopilot was activated. When first introducing the new features, CEO Elon Musk said that Tesla’s fleet was adding about 1 million miles of data every day, which indicates that the company might be pulling data even when the system is not actively controlling the car.

同社は、オートパイロットがアクティブな状態で、4700万マイル(約7560万km)を走行したとしています。 初めてその新たな機能が紹介されたとき、CEOのイーロン・マスクが言ったのは、テスラの車は毎日に約100万マイル(約161万km)を追加しているということでした。 これが示しているのは、同社はシステムがアクティブで無いときにクルマを制御しているときのデータを出していたかもしれないということです。

GOOGLE’S SELF-DRIVING CAR TRAVELED 1.5M MILES IN 6 YRS, WHILE TESLA’S AUTOPILOT TRAVELED 47M MILES IN 6 MONTHS

グーグルの自動運転車は6年で150万マイルを走り、対するテスラは6ヶ月で4700万マイルも走っている

Of course, Google’s miles were city miles, while the Autopilot is for highway driving which gives a distinct advantage to Tesla in term of racking up data in miles. Although Google is lagging behind for real-world miles, the company is quick to add “simulated-miles” with over 3 millions a day, without leaving the lab.

もちろん、グーグルの距離は都市部の距離です。テスラのオートパイロットは高速道路のためのものですから、距離に関してはテスラの方がひと際に有利に働きます。 しかし、グーグルは現実世界の距離で遅れを撮っています。同社は慌てて、「シミュレーションされた距離」は、研究室を離れることなく1日で300万キロだと追加しました。

  • distinct - 異なる、鮮明な、際立つ

They also pull data differently based on their hardware (LiDAR vs Cameras), but the main difference is that Tesla has about 70,000 vehicles equipped with Autopilot hardware on the roads, while Google currently operates only 54 prototypes. Google uses both its cute prototypes (picture above) and Lexus RX450h SUVs equipped with Google’s system. The vehicles are located in Mountain View, CA, Austin, TX, and Kirkland, WA. While Tesla’s fleet is spread out across the world.

彼らは、彼らのハードウェア(LiDAR 対 カメラ)に基づく、別のデータを出していますが、主な違いは、テスラはオートパイロットのハードウェアを装備した7万台の車を世に出していますが、グーグルは現在、54台のプロトタイプしか運用していないということです。 グーグルは、可愛らしいプロトタイプ(上の写真)と、グーグルのシステムを乗せたレクサス RX450h SUVの両方を使用しています。 この車は、カリフォルニア州マウンテンビュー、テキサス州オースティン、ワシントン州カークランドに配備されています。 対して、テスラの車は世界中に広がっています。

It certainly makes for an interesting race to fully autonomous vehicles. Last year, Elon Musk said that he expects Tesla’s level-4 fully self-driving technology to be ready in about 2 years, while Google is vague about its timeline to bring its system to market, but it expects the cars will be on the road by 2020.

これは確かに完全自動運転車への興味深い競争です。 昨年、イーロン・マスクは、テスラのレベル4の自動運転技術は約2年で準備できるとしています。対するグーグルは、2020年には自動運転車が道路を走るだろうとしていますが、そのシステムを市場へ投入する時期は曖昧にしています。

  • vague - あやふや

The Sooner the better. Just this weekend, we watched a Model S with Autopilot autonomously avoid a collision with a truck [Video].

早いに越したことはありません。 この週末、私たちはオートパイロットのモデルSが、自立的にトラックとの衝突を回避するところを見ましたので(↓)。

electrek.co


元記事は以下からどうぞ。

electrek.co