読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Google XのSchaftロボティクスが東京で新たな二足歩行ロボットを披露

ロボット

New robots from Alphabet’s X (probably!) won’t kill you

https://recodetech.files.wordpress.com/2016/04/schaft-robot-e1460141218921.jpg?quality=80&strip=info&w=512



The last time a Google robot trounced through the snow in a video, the robot lost its job.

最近、グーグルのロボットが、ビデオの中で雪の中を通って負けました。そのロボットはその仕事を失いました。

  • trounced - コンテストで負けた

This one might have better luck.

このロボットは、良い運を持っていたのかもしれません。

At a New Economic Summit conference in Tokyo on Friday, the founder of Schaft — one of the robotics companies Google acquired three years ago and moved to its X lab in December — showed off its latest development. A short bipedal robot trotted out onstage, followed by a video showing it fielding through different obstacles courses, plodding up stairs and navigating the outdoors.

4月8日の金曜日、東京の新経済サミット会議で、グーグルが3年前に買収したロボット工学の会社の一つで、12月にGoogle Xラボへ移動したSchaftの創業者が、最新の開発を披露しました。 背の低い二足歩行のロボットがステージを動き回りました。以下のビデオでは、様々な障害物のあるコースをうまく動くところを見せています。

  • bipedal - 二足歩行
  • trotted - 小走りした

youtu.be

A rep for X (formerly Google X) claimed the presentation isn’t an announcement or indication of its product roadmap. “The team were simply delighted to have a chance to show their latest progress,” the spokesperson said. “As with all of the robotics teams that recently moved from Google to X, we’re looking at the great technology work they’ve done so far, defining some specific real-world problems in which robotics could help, and trying to frame moonshots to address them.”

X(以前のGoogleX)のための代表は、そのプレゼンテーションはその製品のロードマップの発表や提示ではないと主張しました。 「そのチームは単に、彼らの最新の進捗を披露する機会を持つことを喜んだ。 最近グーグルからXへ移動した、すべてのロボット工学のチームとして、私たちは、彼らがこれまで行ってきた、素晴らしいテクノロジーの取り組みを見ています。 ロボットが支援可能な、なにかしら現実世界の特定の問題を見据えており、彼らを驚きの枠組みに位置づけるため、挑戦しているのです。」広報担当者は言いました。

  • rep - 代表者

Presumably Google knew this video was happening. That wasn’t the case with the last robotics video to emerge — one from Boston Dynamics, another Google robotics firm, showing off its similarly dexterous bipedal robot. As Bloomberg first reported, that video landed as Google was preparing to put Boston Dynamics on the chopping block.

おそらく、グーグルはこの映像がハプニングであったことを知っていた。 大きくなる最新のロボット工学のビデオでのケースではなかった。 その一つは、器用な二足歩行の似たロボットを見せたグーグルの別のロボット工学の会社、ボストン・ダイナミクスブルームバーグが最初に報じたのは、そのビデオはグーグルがボストン・ダイナミクスをまな板の上に置くために準備していたものとして落ち着いた。

  • Presumably - おそらく
  • dexterous - 器用な
  • on the chopping block - まな板の上

Part of the reason, according to internal emails surfaced, was the concern about the reception to Boston Dynamic’s humanoid robots, particularly coupled with Google’s very powerful artificial intelligence. The Schaft robot, as you can see above, is smaller, less menacing and less likely to evoke Skynet-type concerns.

直面した内部のメールによれば、その理由の一部は、特に、グーグルの非常にパワフルな人工知能と結び付けられたボストン・ダイナミクスヒューマノイドロボットの受付についての懸念であったということだ。 上で見たSchaftのロボットは小さく、恐ろしさが少なく、スカイネット的な懸念を呼び起こしにくい。

Another reason for Boston Dynamics’ exit, according to several sources, was the vacuum left by the departure of Andy Rubin, the ex-Googler who ran the nascent robotics division, called Replicant, inside the company. Oddly enough, Schaft reportedly presented during Rubin’s keynote at the Tokyo conference.

複数のソースによれば、ボストン・ダイナミクスの終了の他の理由は、元グーグル社員で新生ロボット工学事業部を動かしていたアンディ・ルービンの退職により残された空き席であるとのことです。 それは同社内部ではレプリカントと呼ばれていました。 十分に奇妙なのは、Schaftはルービンの東京での会議の基調講演の間に発表したと報じられています。

  • nascent - 新生

Shortly after joining Google, Schaft won the DARPA Robotics Challenge trials. But Google decided to pull the robotics unit from the competition.

簡単に言えば、グーグルに参加した後、SchaftはDARPA ロボティクスチャレンジで勝ちました。しかし、グーグルは、そのロボティクスユニットをコンペティションから引き出す決定をしたのです。


元記事:

recode.net