ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

東京のCluster、オフ会向け仮想現実プラットフォームを開発中

Tokyo-based Cluster is developing a VR platform for meetups

f:id:takamints:20170523070856p:plain
Image Credit: The Bridge


自分を「ごきげん」にする方法
サンマーク出版 (2013-06-09)
売り上げランキング: 16,674

(The Bridge) – Cluster, the Japanese startup behind a virtual reality-based event and environment platform under the same name, announced on Tuesday that it has raised about $460,000 (or 50 million yen) from Skyland Ventures, East Ventures, and several angel investors.

日本のスタートアップ「クラスター」 - 同名の仮想現実なイベントと環境のプラットフォームを背景にした ― が、Skyland Ventures や East Ventures そして他のエンジェル投資家から、46万ドル(5000万円)の資金を獲得したと、火曜日に発表しました。

Upon obtaining this funding, the company was rebranded from its previous name Fictbox. Skyland Ventures participated in the previous funding round in January.

この資金調達を得るにあたり、同社はその以前の名称Fictboxからブランド名を変更しました。 Skyland Venturesは1月の前回の資金調達に参加していました。

The Cluster platform allows event organizers to hold meet-ups, events, and other gathering opportunities using VR without fear of booking a venue or paying a high rent. For participants, they can virtually participate in an event by wearing a headset and communicating with each others, even from home.

クラスターのプラットフォームは、イベントの主催者に、会場予約や高い使用料を支払う恐れなくVRを使って、オフ会やイベントや、他のみんなで集まる機会を設けることを可能にします。 参加者は家にいながらでも、ヘッドセットを装着してお互いにコミュニケーションを図ることで、仮想的にイベントに参加できます。

youtu.be

Thanks to recent advances in server integration technologies and a protocol optimized for Internet of Things (IoT), even if more than 1,000 connections are established simultaneously, users are unlikely to feel a heavy load on the system.

最近のサーバー統合テクノロジーの進歩とIoTに向けて最適化されたプロトコルのおかげで、1000以上の同時接続が行われても、ユーザーが、このシステムを重たく感じることはなさそうです。

Edited by “Tex” Pomeroy


元記事:

venturebeat.com