ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

SpaceXは早ければ2018年に火星へ宇宙船を送る計画をしています

SpaceX plans to send a spacecraft to Mars as early as 2018

f:id:takamints:20160428124936p:plain


火星の人
火星の人
posted with amazlet at 16.04.27
早川書房 (2014-09-30)
売り上げランキング: 301

SpaceX plans to send its Dragon spacecraft to Mars as early as 2018, the company announced today — marking a major first step toward CEO Elon Musk’s goal of sending humans to the Red Planet. The company didn’t say how many spacecraft it will send, but hinted it would conduct a series of these Dragon missions and that it would release more details soon. In a tweet, the company indicated that the capsules would fly on SpaceX’s Falcon Heavy rocket, a bigger version of its Falcon 9; the rocket will launch the capsules to the planet to test out how to land heavy payloads on Mars. If successful, the endeavor would make SpaceX the first private spaceflight company to land a vehicle on another planet.

SpaceXは、同社の宇宙船Dragonを、早ければ2018年に火星へ送る計画をしている、と本日発表しました。 人類を火星へ送りだすという CEOイーロン・マスクの目標へ向けた、最初の大きなステップとなるものです。 多くの宇宙船の送り方については語りませんでしたが、これら一連のDragonミッションで行われ、さらなる詳細はすぐに発表することになるとほのめかしました。 そのツイートの中で、同社は、そのカプセルはSpaceXのFalcon Heavyロケットによって打ち上げられることを示しました。 これはFalcon 9の大きなバージョンです。 重量物を火星へ降ろす方法を試験するために、このロケットでカプセルを火星へ向けて打ち上げるでしょう。 この試みが成功すれば、SpaceXは、他の惑星へ宇宙船を着陸させた最初の民間宇宙飛行企業となるでしょう。

A BIG STEP TOWARD CEO ELON MUSK’S GOAL OF SENDING HUMANS TO THE RED PLANET

あの赤い惑星へ人類を送りだす、CEOイーロン・マスクの目標へ向けた大きなステップ

SpaceX is sending what it calls the Red Dragon, a modified version of the spacecraft that the company uses to transport cargo to and from the International Space Station. The Red Dragon is equipped with eight SuperDraco engines that allow the capsule to land on solid ground, a technique known as a propulsive landing. The engines are meant to turn on during the Dragon's descent toward the Martian surface, slowing down the vehicle's fall and allowing it to land on ground in a controlled way. It's similar to how SpaceX lands its Falcon 9 rockets post-launch.

SpaceXはRed Dragonと呼ばれる、同社が国際宇宙ステーションとの間で貨物の輸送に使用している宇宙船を変更したバージョンを送ります。 Red Dragonには、8つの SuperDraco エンジンを装備されており、これは、推進着陸として知られる技術で、そのカプセルを地上へ着陸させられます。 これらエンジンは、Dragonの火星表面への降下時に点火するためのもので、この宇宙船の落下速度を低下させながら、制御された着陸をするためのものです。 それは、SpaceXのFalcon 9ロケットが、打ち上げ後に地上に着陸したのと似ています。

Propulsive landings could be an efficient way to get large amounts of hardware down to the surface of Mars — something that NASA still hasn't figured out how to do yet. Spacecraft returning to Earth have a thick atmosphere to help slow down their fall, but Mars' atmosphere is just one-hundredth the pressure of Earth's, providing less cushion for incoming vehicles and increasing the likelihood of a crash. So far, NASA only knows how to land 1 metric ton of hardware on Mars gently. The agency is working on an inflatable lander that could potentially land more weight, but testing of the vehicle has run into a few snags. In 2014, NASA explored the feasibility of using SpaceX's Red Dragon concept to land equipment on Mars and determined that the capsule's landing technique could work. NASA also proposed the idea of using the Red Dragon to bring samples from Mars back to Earth, though SpaceX hasn’t announced plans of incorporating that idea into the 2018 mission.

推進着陸は、大きなハードウェアを火星の表面へ降ろすための効率的な方法になり得ます ― しかし、NASAは、まだその方法を考え出していないのです。 地球へ戻る宇宙船は分厚い大気によって落下速度が落とされますが、火星の大気圧は、地球の百分の1ほどでしかなく、落ちてくる宇宙船のクッションにはなりにくく、衝突の可能性が大きいのです。これまでのところ、NASAは1トンのハードウェアを火星へ静かに着陸させるための方法を知っているだけです。 NASAは、より多くの重さのものを着陸させる可能性がある、膨らませる着陸船に取り組んでいますが、その試験はすこし障害がでています。 2014年、NASAは装備を火星へ着陸させるために、SpaceXのコンセプトを使用する可能性を探求し、そのカプセルの着陸技術が動作可能だと決定しました。NASAは、火星から地球へサンプルを持ち帰るために、RedDragonを使用する考えを申し入れもました。しかし、SpaceXは、2018年のミッションに、その考えを組み入れる計画は発表しませんでした。

THERE'S STILL A LOT TO BE DONE BEFORE THE RED DRAGON MAKES IT TO MARS

Red Dragonが火星へ行く前に、まだするべきことが多くある

These Red Dragon missions will be an important precursor to SpaceX's long-term goal of setting up a Martian colony. Any human missions to Mars will require sending tons of equipment over first before people get there so colonists have all the supplies they need to keep them alive. The Red Dragon could be a crucial vehicle for transporting supplies to and from the planet. Musk has said that he will reveal the full extent of his Mars colonization plan this September at the International Aeronautical Congress in Guadalajara, Mexico, according to the Observer.

これら Red Dragonのミッションは、SpaceXの長期目標である火星移住の設定に向けて、重要なさきがけとなるでしょう。 火星への、どのような人類のミッションも、人々がその植民地に行き、入植者たちが生きていくために必要となる全ての物を持つ前に、大量の物資を先に送る必要があるでしょう。Red Dragonは、惑星間で物を運ぶためにの決定的な乗り物になり得るのです。 Observerによれば、マスクは今年の9月、メキシコのグアダラハラ国際航空会議で、彼の火星植民計画の完全な全体像を披露するつもりだと言いました。

https://cdn2.vox-cdn.com/thumbor/Ye9Eo3N1o2-lbGKX7xq_hB7PT30=/800x0/filters:no_upscale%28%29/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/6396425/20802118724_6f84936ce3_o.0.jpg

There's still a lot to be done before the Red Dragon makes it to Mars. SpaceX has shown that its rockets can land propulsively, but the technique hasn't been demonstrated yet on the Dragon capsule. The company has used the SuperDraco engines to ascend the Dragon during a pad abort test, and the engines have been used to make the spacecraft hover, but not land. SpaceX plans to test out propulsive landing on a future Dragon cargo capsule, after the spacecraft returns from the International Space Station.

Red Dragonが火星へ行く前に、まだたくさんのすることがある。SpaceXは、そのロケットが推進着陸できることを見せたが、その技術は、Dragonカプセルの上ではまだデモンストレーションされていません。 同社はSuperDracoエンジンを、宇宙船が国際宇宙ステーションから戻った後の着陸パッドの退避試験の間に上昇するために使用しました。

THE RED DRAGON COULD BE ONE OF THE LARGEST THINGS TO EVER LAND ON MARS

火星に着陸することで、Red Dragonは最も大きな出来事になり得る

And to get the Red Dragon to Mars, SpaceX will use its Falcon Heavy — a heavy-lift version of the company's Falcon 9 that's currently under development. The Falcon Heavy has yet to fly, but SpaceX is planning the first test flight of the vehicle for November of this year. That said, the test flight deadline has been pushed back quite a few times.

そして、Red Dragonが火星へ行くということは、SpaceXはそのFalcon Heavy ― 同社が現在開発中であるFalcon 9 の重量物を持ち上げるバージョンを使用するでしょう。そのFalcon Heavyはまだ飛んでいませんが、SpaceXはその最初のフライトを、今年の11月に予定しています。 つまり、そのテストフライトのデッドラインはかなりの回数、後ろへ押し戻されてきました。

Dragon 2は太陽系のどこにでも着陸できるように設計されています。Red Dragon 火星ミッションは、その最初のテストフライトです。

If SpaceX pulls this off, the Red Dragon will be one of the largest things to ever land on Mars. NASA’s Curiosity rover weighed 1,982 pounds when it landed, but the Red Dragon will weigh five to 10 times more than any other vehicle landed on Mars, according to SpaceX. Plus, the mission would be privately funded, making it the first commercial vehicle to land on the Red Planet. SpaceX did not go into cost specifics for the mission, though.

もし、SpaceXがこれを引き出すなら、Red Dragonは、かつて火星へ着陸した最も大きな物となるでしょう。 NASAのCuriosityローバーは着陸時に1982ポンド(約900㎏)でしたが、Red Dragonはその5倍から10倍の重さになるでしょう。SpaceXによればこれは火星に降りた他の如何なる乗り物よりも重いのです。そして、そのミッションは民間資金により火星へ降り立つ初めての商業宇宙船になるでしょう。 しかしSpaceXはそのミッションの詳細には触れませんでした。

Landing the spacecraft on Mars is just part of what SpaceX will need to start a colony there. The company will need to develop an interplanetary transport vehicle, surface habitats, life support systems, and much, much more. But if SpaceX meets this ambitious 2018 deadline, it suggests the company may be further along than even NASA at putting people on the Red Planet. For the past few years, NASA has been touting its Journey to Mars initiative, which entails sending astronauts to our planetary neighbor. But NASA won’t be sending people to Mars until the 2030s, and the Journey to Mars ideas has been criticized by politicians and industry experts for lacking a cohesive plan. NASA's next robotic trip to Mars, separate from the Journey to Mars plan, will involve landing a new rover on the planet in 2020.

火星へ宇宙船を着陸させることは、SpaceXがそこで植民地を開始するために必要な物のうちの、単なる一部分です。 同社は、多くのものを開発する必要があるでしょう。惑星間輸送船や、惑星表面での生活の場、生命維持システム、他にもたくさん、本当にたくさん。 しかし、SpaceXがこの野心的な2018年の期限を満たすのであれば、それは、火星へ人々を送る点において、同社がNASAよりも、さらに適していると示唆しているのかもしれません。 過去数年間、NASAは火星への旅の先駆けを売り込んでいました。それには宇宙飛行士を我々の近隣の惑星へ送ることが必然的に伴います。 しかし、NASAは2030年代まで火星へ人々を送りたくはなく、火星への旅の考えは政治家や業界の専門家によって批判され続けてきました。細かな計画を欠いていたためです。 火星へのNASAの次のロボットの旅は、この「火星への旅」から分離し、2020年に新たなローバーを着陸させることに関与するでしょう。

  • entails - 必然的に伴う。ついてくる
  • criticized - 批判された
  • politicians - 政治家
  • cohesive - 凝集

https://cdn1.vox-cdn.com/thumbor/99D45sJba0uIvTGV_S8FCbCj8g8=/800x0/filters:no_upscale%28%29/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/6396415/image1.0.JPG


WATCH THE HISTORIC LANDING OF A SPACEX ROCKET


元記事はこちら。

www.theverge.com